2007年12月03日

ぐぐりたまえ

「ググる」「ぐぐる」という動詞はすっかり定着した感があります。
対して「やふる」は聞きませんねえ。ヤフーのほうがシェアが上なのに、どうして?
はすに解説いたしますと、「ぐぐる」なんて用語ができてしまうこと自体、マイナーの証明です。「検索する」はヤフーで検索すること、「ぐぐる」はグーグルで検索すること。

そのぐぐる、英語圏でも通用するのでしょうか。

英語ページを読むことはめったにありませんが、メーリングリストで
"I googled, but could not find."
みたいな文章を見かけたことはあります。
認知はされているようですが、動詞として活躍中かどうかは不明です。向こうでは「検索する」イコール「Googleで検索する」だから、諧謔として強調する以外にわざわざ動詞化する必要がありましょうか。

日本語では
Google→グーグル→ググる
と、変形が加えられるのでわかりやすいのですが、英語ではそうもいきません。

英語ではひとつの単語が名詞にも動詞にもなり、形容詞や副詞まで兼ねることがしばしばです。どれに該当するか、活用語尾や文脈から判断する必要があります。
反面、日本でごくふつうに使われる「英語のスペル」のspellは、「つづる」という意味の動詞ではあっても、名詞としては別の意味を持つので、「つづり」の名詞形はspellingだ、とかなんとか、しち面倒なケースもあります。

質問掲示板で、私が使ったムツカシイ単語に対して「それなに?」と、しょもねー問いを発したコがいました。
そんなの英語知らずのガイジンに尋ねる前に自分でぐぐれや。
だが、"Google."とひとこと書いてニュアンスが通じるだろうか、いや、無理だね。

せめて"Google it."としてみようか。略してGISだ。Sは何さ? KISSの2番目のSと同じにしとこう。

我が国の個人掲示板においては、「ぐぐれ」のみの無礼レスはてきめんヒンシュク買います。訪問者は管理人よりも偉い、が常識です。

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。それはたいへんお困りでしょうね。実は私も詳しくは知りませんので、自信を持ってお答えできず申し訳ありません。Googleで検索なさってみてはいかがでしょうか。そしてgoogle.co.jpのURLを書き添える。以上が次善の回答。
慈善の回答は、代わりにぐぐってさしあげ、その結果をコピペではなく自ら書き連ねる。

面倒な長文はごめんこうむりたいとしても、礼儀正しさでは定評のある日本人の名誉を守るために、英語が苦手な人でも"How about googling?"程度にはスペルの手間をかけたほうがよろしいかと。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:58 | コメント(0) | トラバ(0) | 英語・英文・英会話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7545951
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック