2013年09月28日

スマホの威力

先日電車に乗ったとき。
空いた時間帯で、窓に沿った長いシートには、見渡すと私のほか13人の乗客が座っていました。うち12人が携帯端末を持っていたのです(優先席の二人も)。

ひたすら画面をなでている人、両手で握って居眠りしている人、ちらっと見てはポケットに入れ、すぐにまた取り出して見る人、2台の端末をとっかえひきかえ触っている人。

いったい何がそんなに面白いんでしょう。
パソコン扱うのも面倒な私にはさっぱり理解できぬ。

この夏のある日。私は広い通りを歩いていました。歩道の幅はトラックでも通れるほどですが、猛暑の昼下がりで、車がびゃんびゃん走るわりに、歩行者はわずかです。
つば広の帽子を目深にかぶり、日傘を目深にさしているから、行きかう人の顔など全く見えないのですが。

小さなビルの前に、スーツを着た男の人が立って、スマホ(らしきもの)を見ていました。
その前を通り過ぎたとき、風もないのに、その人の服が動いたのです。
思わず両目が横に飛び出したわたくし。

しばらく歩いてさりげなく振り向くと、その人はまだそこにいました。ちょっと斜めに建物のほうを向いて。

ところで、服が動いたって、どんなふうに? ひらひら、とか、ぱたぱた、とか。
いやあ、しいて言えば、むくむく、でしょうか。
投稿者:ルノ 15:06 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76809461
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック