2013年09月30日

とんでもございます

「とんでもない」の丁寧形として「とんでもありません」「とんでもございません」は、すっかり市民権を得た感があります。
日本語にうるさい人は、それは文法ミスだ、「とんでもないことでございます」とおっしゃい、などとイチャモンつけます。「とんでものうございます」にすべきだという主張は、今のところ見聞したことがありませんが。

個人的な意見では、そのくらい許容したっていいんじゃないの。なんたって日本語には形容詞の丁寧形がない(も同然)という致命的欠陥があって、丁寧語ユーザーを困らせてるんですから。
ついでに、「すくございません」や「はしたございません」もOKにしたれや。そういう要望はないですねえ。

とはいえ、私自身は「とんでもございません」は使いとうございません。
「とんでもない」という形容詞は、強い否定や非難を表します。そして極端な言葉は、俗語っぽいというか、概して品がないのです。品がないから避けたいわけではなく、お上品の代表「ございません」とはしっくりこないんです。
たとえれば、ジーンズにハイヒールパンプスを合わせるようなもの。この取り合わせはずいぶん昔から一般的になってきて、もはや違和感を持つほうが少数派。でも一部の年配者は眉をひそめる。その程度の「しっくりこなさ」でしょうか。

下品ってのは、あくまでも私個人の感覚ですから、異論は承知しています。
が、言葉を使う上で、こういった個人的感覚は重視したいのです。

たとえば「生き様(いきざま)」という言い回しが嫌いだという人がいます。その理由について、ある人いわく「ざま」は「ざまあみろ」とか「ざまねえや」など、罵倒・嘲笑用語であり、いやしくも人間様の生きる姿を表すにはふさわしくない、と。
それはちょとこじつけでしょ。成り立ちから見れば、「生きざま」の「ざま」は「さま」が連濁になっただけであって、罵倒の意味合いはありません。「ようす」とか「態度」のことです。

などと擁護しつつ、実は私も「生きざま」は嫌いです。しち難しい理由などなく、イメージの悪い言葉だから。「ざま」が嫌いなのではなく「生き+ざま」という取り合わせが不快なのです。好みの問題と言ってしまえばそれまで。

「生きざま」が「死にざま」から派生した言葉であるのは間違いないでしょう。古い辞書には「死にざま」しか載っていないし。むろん辞書にないから新語だ誤用だと決めつけることはできません。「さま」はいろんな動詞とくっついて名詞を作れます。

この「死にざま」、語義上は感情を交えて使うものではないはずですが、「桜散る穏やかな朝、老衰のため眠るように息を引き取った」ようなケースには似つかわしくないと思いませんか。どちらかというと不名誉な、あるいは凄絶な死の場面に用いられることが多いようです。
だから「生きざま」も、平凡な人の無難な人生にはお呼びでない。かといって罵倒・嘲笑とも断じがたい。波瀾万丈、満身創痍、はたまた(間違った意味での)破天荒な生き方を、凡人が肯定的に描写するときに出番が来るのではないでしょうか。
それもこれも「ざま」のイメージに引きずられているせいかな。

閑話休題。
「とんでもございません」が見た目おかしくないのは、「で」や「も」が助詞っぽくて、連語の雰囲気を持つからでしょう。
辞書には「途でも無い」の転とあります。もともとは連語だったのです。途は道のことで、「途でも無い」は、道に外れたことなのですね。

「途でもない」とくると、「途方もない」が思い当たります。意味も似たようなものです。こちらは慣用語だから「途方もございません」は使えそうです。
「ろくでもない」「めっそうもない」も同様。「ろくでもない」を形容詞としている辞書もありますが。どっちにしても「ろくでもございません」はまず見かけません。「めっそうもございません」はわりと目にします(時代小説などでね)。

「とんでもございません」が多用される背景には、文法とは無関係に、日本民族の根深い体質があると、私はにらんでおります。

「とんでもない」には、前述したように、おおまかに否定と非難のふたつの意味があります。
そして「とんでもございません」を使うシチュエーションは、否定のほうです。会話の中で、相手の発言を打ち消すときなど。「ございません」がつくからには、相手は目上。

上司の言葉なんて通常は面と向かって否定せず、「さようごもっとも」と受け流しておくのが処世術ではありますが、そうとも言ってられないケースがあるのですよね。(相応以上に)ほめられたとか、(過度に)感謝されたとか、(たいそう)恐縮されたとか、(大げさに)卑下したとか・・・。
上の人がへりくだっているのに対して、さようごもっともとうなずくわけにはいかないではありませんか(たとえそうしたくても)。そもそも相手だって否定されるのを期待して言うことが多いものでしょう。

真情を押し隠した奥ゆかしさの応酬が人間関係をスムーズにするという、うっとうしい世情、そろそろ退縮させてもいいではないかと思うのです。海外ではあまり通用しないんですから。
投稿者:ルノ 12:02 | コメント(0) | トラバ(0) | イチャモン日本語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76956021
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック