2013年12月27日

あまぞんPショップ

大手ネットショップ『アマゾン』とアソシエイト(アフィリエイト)契約を結んだのは2006年のことです。
そして紹介料の累計が振込支払い額の5,000円に達するまで1年かかった・・・とはすでに書きました。

今ではアマゾン広告をベタベタ並べ、数か月に1度くらい振り込まれるようになりましたが、微々たる収入であるのは同様です。
紹介料率も以前は一律だったのに、今ではカテゴリによってはずいぶん下がってしまいました。我がサイトからは売れるはずもない衣料品などは高いんですけどね。

結局のところ、多数のリンクを設置してあげて、アマゾンの繁栄に貢献しているだけって気がします。

それでも取っ払わないのは・・・まあ、微々でも無じゃないしね。

私が載せているのはほとんどが本の広告ですが、アマゾンではありとあらゆる商品を取り扱っています。食料品、化粧品、家電、ペット用品・・・いずれジェット機も売り出すかもね。
自分とこにないものは、マーケットプレイスと呼ぶさまざまな出店者と提携しているし、よその店の商品を自社倉庫から発送することもあります。

われわれ広告設置者に紹介料が入るのは、紹介している商品が売れた場合だけではありません。
誰かが私の広告をクリックしてアマゾンを徘徊し、別の商品をいろいろ買っても、私の業績になります。クッキーが効いている限りは。
逆に、私が載せている商品に興味を持った人が、買うつもりであれこれ見て回るうちに、他人のサイトに飛んでそこのアマゾン広告をクリックすると、クッキーが書き換えられ、その人の収益になるわけですね。

ときたま思いもかけないものが売れたりします。

しばらく前、えーっ、アマゾンではこんなものまで売ってるのぉ? と仰天するようなものが、我が売上日報に計上されました。アマゾン本体ではなく、出店者の品なんですけど。

どんなものかって?
いちおう衣類です。でも本体が売りたがる紹介料率8%の高級服ではありません。
新品ではない、というか、未着用ではない、つまり古着ですね。

古着屋は私も時々覗いてみますが、新品同様のものもあるし、着ざらしでもちゃんとクリーニング済みです。
でも世の中には洗濯すると価値が落ちる古着もあるとか聞きます。そういうのは通常、ジャケットやコートではありえません。

その、未使用ではない、上着でもない衣類が1枚、私のサイトへの訪問者に販売されたというわけです。

そりゃあ私は、上着ではない衣服を扱ったサイトを持っているから、まわりまわらなくてもそういうところへ行きつく可能性はよそより高いでしょうね。にしてもやっぱりオドロキです。そんな品は一般人が足を踏み入れないサイトで密かに取り引きされていると思っていたから。

その衣類が想像に見合ったスゴイものかどうかは不明です。売上レポートの個別商品へのリンクを押せば詳細を確かめることはできますが、躊躇のあげくやめました。
だってねえ、ログインして商品名をクリックしたという事実は、ショップにとって貴重な情報です。それ以後『ルノ様おすすめ商品、未使用ではない上着でもないだれそれちゃんの衣類』なんてメールが来たり、ページが表示されたりすることになります。ちょっとかなわんわい。

ともあれ、その未使用でない上着でない衣類(当ブログに品位がないのはとっくにわかりきってるから、しつこく回りくどい表現をしても手遅れだろうが)をお買い上げくださって、私に百数十円もの収入(と高品位なネタ)をもたらしてくれたお客様に、感謝、感謝。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 10:53 | コメント(0) | トラバ(0) | 広告戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83171226
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック