2014年01月02日

A Merry Christmas

しょーがつ早々なにボケとんねん。

10年前の元日、『A Happy New Year の A』という短いエッセイを書いたところ、けっこう反響を呼び、現役の英語教師さんを初めさまざまなかたからご意見をいただきました。

ページは今でもありますが、訪れる人もなくカビが生えているので、今回それを蒸し返そうと企てたのであります。
とはいえ単純に再掲するのではあまりに芸がない。『A Merry Christmas の A』でも趣旨は同じだから、クリスマスバージョンで焼き直してみようかな。でもクリスマスの時期にアップしてはインパクトが足りん。てなわけで・・・。相変わらずヘソマガリ。

なぜ蒸し返したくなったのか。
先月あたり、年賀状に A Happy New Year と「A」をつけるような間違いをするのは日本人だけ、みたいな説が闊歩しているとか聞き、いささかあきれたのです。

確かに、A Happy New Year の A は省略可能、むしろ省略するほうが多いようです。見た目だって、ないほうがスッキリ。
が、「省いてもよい」と「あっちゃいけない」とでは大違いじゃないですか。
日本人ってのは、本来あるべき冠詞を勝手に取っ払うというミスは得意だけど、逆はまずやりません。不要なはずの a を付け足したのが日本人という考え方がそもそも不自然です。

省略といえば A Happy New Year からして、すでに省略形です。
フル構文は I wish you a happy new year.
クリスマスも同じく I wish you a merry Christmas.

すると、あのクリスマスソングが思い浮かぶかたもいらっしゃいましょう。
We wish you a Merry Christmas
We wish you a Merry Christmas
We wish you a Merry Christmas
And a Happy New Year.
ちゃんと、a があるじゃないの。

にしても、クリスマスのお祝いに新年を便乗させちゃうなんて、あっちの人はものぐさ〜。なんて思いません?

わが国には『盆と正月がいっしょに来たような』という言い回しがあるけど、クリスマスと正月がいっしょに・・・てな例は聞きませんね。ほっといても両者はいっしょに・・・ではないにしても、間をおかずに来ます。
でも日本人は時期が近いからと、いっしょくたにはしないでしょう。子どもたちはクリスマスプレゼントとは別個にお年玉もしっかりもらえて、大好きな季節。

一般に、Happy New Year は『新年おめでとう』、Merry Christmas は『クリスマスおめでとう』などと意訳しますが、少し意味合いが異なります。

『あなたが幸せな年を迎えますように』『あなたが楽しいクリスマスを過ごしますように』との思いが込められているのであって、祝う相手は「あなた=人間」です。

その点、日本語の『新年おめでとう』は年そのものを祝うって印象。年が改まることは、それ自体めでたいのです。

だからかどうかはともかく、1秒でも新年に入らない限り、「おめでとう」の言葉は控えますよね。あらかじめ言うのは、まだ来ていない新年さんに対して失礼だって気がするんでしょう。
年賀状が年内に配達されたら郵便局にクレームつけるし。
仕事納めのあと、下ろしたシャッターに『謹賀新年』のポスターを貼る会社もありますが、なんとなく落ち着かない気持ちでしている社員がいるかもしれません。

I wish は将来への期待ですから、そんな遠慮はいりません。
祝辞にクリスマスと新年を並べるのは普通のことです。
いえいえ、昨今はポリティカリー・コレクトの観点からか、Merry Christmas を避けて Happy New Year のみにする人が増えたとか。つまり、Happy New Year は、れっきとしたクリスマスのあいさつです。

本題に戻ります。必要というのならば、その a はどういう意味?

あいにく英語が苦手なわたくしには、上手な説明ができませんが・・・。
辞書で Christmas の項を開くと、『形容詞を伴う場合は a をつける』とあります。
ではなぜ形容詞が a を連れてくるのか。
不定冠詞 a は『通例 the のつく唯一の物を表す名詞・名詞句・固有名詞につけて、そのある特別な状態を表す』役割も持ちます。Christmas も new year も、これに当てはまるようですね。

Happy new year に a は要らないという意見は、国内に昔からありました。
つけるのは間違いだと断じた人は、どこかで聞いた話を軽い気持ちで書いただけかもしれません。事前に自分でちょこっと調べるくらいの良識があればよかったのにね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:56 | コメント(0) | トラバ(0) | 英語・英文・英会話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83986125
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック