2014年02月28日

ほくろ、シミを笑う

皮膚の色素変化であるシミとほくろ。原因も構造も似たようなものです。
ほくろは愛嬌があって、気にする人は少ないようですが、シミは美容の敵、老化の具現と忌み嫌われます。ほくろのほうが色濃いのにねえ。

確かに年を取るとシミが増えます。
ほくろだって増えますよ。

私なんか、言うもはばかる場所に5ミリほどのほくろが出現したのにびっくり。って、ビキニラインのあたりなんですけどね(全然はばかっとらん)。紫外線も当らないのに、なぜー?
首筋にも新たなほくろがひとつ。ちょっとふくらんでいて、初期にはかゆみがあったので、知らずにかきむしってしまいました。その後は落ち着いたけど、陽が当たったり襟でこすれたりと刺激も多く、なんだか心配です。

友人に「最近ほくろが増えて・・・」と話したら、「お迎えぼくろね」と言われました。げ、縁起でもない。
ほくろの増加が人生の終わりを伝えることに気づいた昔の人は、そういう表現で死出の準備を促したのでしょうか。

皮膚への刺激は紫外線ばかりではないし、加齢により新陳代謝が鈍ったり、細胞分裂が狂ったりすることで、色や形の異変として定着するのでしょう。

ほくろは愛嬌とはいえ、位置によりけりです。顔でも、目のそばならチャームポイントになりえますが、鼻の下なんか嫌がられますよね。

私の場合、額の中央に大きなほくろがありまして、インドの人みたいと言われたことも。
そのほくろ、じっくり見ると不気味なんです。かなり盛り上がっていて、表面は少しデコボコ、さわるとぶよんとした感じだし、色は薄茶に黒っぽいまだらが散っています。

実は癌かもしれない「危険なほくろ」の特徴にあてはまる項目がいくつも。
気になりながらも放置していたのは、昨日や今日発生したわけではなく、少なくとも20年以上前から存在していたのと、徐々に大きくなるとか形が崩れてくるなどの変化が見られなかったからです。

大きいって、具体的にどのくらい? うーん、8ミリは超えてたんじゃないかな。もはや測ることはできません。

やっと前回の続きとなります。美容外科に行った目的は、このほくろの除去でした。
ある日突然、むしょうに取っ払いたくなったのです。
で、あまり深く考えず、タウンページをめくって、美容外科に電話を入れたのでした。

手術代30,000円+1週間後の抜糸料2,000円。これが高いか安いか相場なのか、よくわかりません。事前に調べまくると、迷って決心が鈍るし、事後調べて後悔するのもつまらんし。

こういうヤバげなほくろは、いきなり美容外科ではなく、皮膚科で慎重に検査してもらうべきだとの忠告はごもっともです。
万一癌細胞が混じっていたら、不用意に切り取ったことが引き金となって暴れだすおそれがないとも限らない。

ちらっとそういうことを考えなくはなかったのです。
検査で異常がなければ、あらためて切除を考えればいいのだから。
でもねえ・・・検査そのものに気が乗らなくて。知りたくない心理とでもいいますか。
万一癌だったり、たとえそう断定できなくても疑わしい状況の場合、ほくろだけで済まず、かなり広範囲にえぐっちゃうんでしょ。想像したらコワい。

美容外科だって、ほくろの除去には慣れてるから、見分ける目もそこそこ備えているはず。後々のトラブルは避けたいものですからね。何よりも美容外科のほうが傷跡に配慮してもらえそう。

処置を終えた後、院長さんが言いました。「しわが薄くなるようにしといたからね」

そういえばほくろは、おでこの猿じわの上にありました。
私は視力が弱いせいか、若いころから額にしわがあるんです。普段はほくろのほうが目立つから、あまり気に留めなかったのですが、1本であれ、しわが薄くなるなら、もうけものじゃないの。美容外科ならではのサービスかもしれません。
4針も縫ったのは、ほくろの大きさに比べると長い傷にも思えます。ほくろを中心に、笹の葉型に切開して縫い合わせたようです。

さて、それは1月の寒い日だと書きました。実は2011年の1月です。
あれから3年。もはや傷跡は全く目立ちません。
癌細胞の反乱、てのも杞憂だったようです。

いささか拍子抜けなのは、友人知人、家族の誰ひとりとして、私のおデコからほくろが消えたことに気づいていないこと。
人間、他人の顔にはあまり関心を払わないものなんですねえ。単に私個人が関心を持たれない人間であるだけかもしれませんが。

3年の歳月は容赦なく老いを加速させました。
いったんは浅くなったしわも元に戻ったような・・・。
たれ目ならぬたるみ目も3年分進行しちゃったかなー。鏡を見て、目じりとホッペがもちょっと上がってたら少しは若々しく見えるのにと、ため息をつく今日このごろ。上げてもどうせ自己満足でしょうが。

問題は費用面なんですよね。
いや、それだけじゃないぞ。郷ひろみの笑顔がひきつってるのは、たるみ取り手術の不具合のせいだ、なんて噂を聞きますと、やっぱり二の足踏んじゃいます。
投稿者:ルノ 12:41 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88552636
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック