2006年06月24日

バードウォッチング

子雀の生まれながらの賢者の相
上に引用した俳句、去年の今日の私のメモにありました。新聞か雑誌の投稿欄から書き写したようです。俳句には没興味なのに、よほど気に入ったんでしょうね(覚えていないので他人事然)。

雀の顔が賢そう?
童話の中でしばしば知恵者の役回りを演じるフクロウは、その顔つきの重厚さを買われたようです。同じ鳥類でも雀はおっちょこちょいのぱーぷりんってイメージじゃありませんか?

我が家のベランダには毎日雀がやってきます。私が米粒やパンくずをまくからですけど。まいたあと網戸を激しく閉める(でないと隙間ができる安普請)と、そのバシンという音を聞きつけて集まります。

巣立ちの季節ですが、まだ子雀を引きつれた親もいます。
子雀はふっくらしていて、見た目は親よりも大きいくらいですが、羽を震わせ、ビッビッと濁った声で鳴いて親にまとわりつき、餌をねだります。自分でも拾って食べることはできますが、2回に1回くらいは、いったんくわえたものを落っことすようです。
私が窓に近づくと、親雀は子供をほうっていち早く逃げるのですが、子雀はとろとろと米粒をつついては落としています。雀の親子にコミュニケーションはないのでしょうか。

いつだったか、米を袋から容器に移すとき、床にだいぶこぼしてしまいました。気前よく雀に献上したのですが、量が多くてベランダにちょっとした米の山ができました。
と、いつもならすぐに群がる雀たちが近づかないのです。来るには来るが、手すりのあたりから遠巻きに眺めてさえずるのみ。
数時間後、いつもと違う米の形状に戸惑っているらしいと気づき、山を崩して平らにしたところ、やっと食べ始めました。

雀のおツムってこの程度です。

あるいはそれが雀の生きる智恵なのか。「それ」とは過度の警戒心。
長年害鳥として疎んじられ、それでも人間の近くで暮らし続けて培われた用心深さは、人間の短絡的な眼差しには「愚か」と映るのかもしれません。

たまにメジロも飛んできます。みかんを半切りにして手すりにくくりつけておくと、運が良ければ2羽くらい連れ立ってつつきに来ます。
メジロは雀ほど神経質ではなく、ガラス越しにのぞいても平気です。

問題は、みかんを置くと黒っぽい変な鳥が来ること。
鳩よりは小さめで尾がちょっと長い。ヒヨドリかなと思ったんですが、鳴き声がビギャーと汚い。メジロを蹴散らし、みかんを独り占めしたあげく、大きな黒いウンチをおみやげに残します。全くかわいげのないヤツ。

というふうに、市街地でもその気になればバードウォッチングは可能ですよ。

以前住んでいたマンションでは鳩に悩まされ、室外機の後ろで雛がかえったこともありました。ここでは鳩害ゼロ。ありがたいことです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 10:01 | コメント(0) | トラバ(0) | るれろライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/895429
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック