2006年06月30日

ラリー・ウォリス復活

クラプトンやストーンズなど、おじさんロッカーたちのめざましいリバイバルの噂が耳に届きます。

ラリー・ウォリスも奇跡の復活を遂げました!


しーん。


「今ごろ何騒いでんだ。ラリーが再デビューしたのは5年も前だろ」と、ツッコミを入れるほどの通は皆無ですよね。

ファンとして慚愧の極みですが、ラリー・ウォリスが2001年にソロアルバムDeath In The Guitarfternoonを出したことを私が知ったのは今年になってからです。ここ十数年、ラリーを思い出したことなどほとんどありません(某ページにはお気に入りとして名前を載せているのに)。

私の生活は長年音楽とは無縁でしたが、唐突に興味が再燃した経緯については、先だってオンリーワンズの記事に書きました。
ワンズだけでは物足りなくなり、CDショップに行ってみたら、昔懐かしいLPレコードがけっこうCD化されていることにびっくり。年を取ると好みが保守的になるのか、最近の人々を聴く気にはなれません。

なんとピンク・フェアリーズのコーナーもありまして、思わずサードアルバムKings Of Oblivion(初出1973年)を買ってしまいました。昔のままの紙ジャケット、真っ赤なポリドーのラベルも鮮やかに、メンバーのポスターもそのまま。ライナーノーツ長々。うわっ、ゴージャス。
フェアリーズのレコードは持っているけど、数年前にプレーヤーを廃棄して今は紙と塩ビのがらくた。

このブタさんの壁飾りはイギリス土産にいただいたもの。向きが違うしサングラスもないけど、3匹並んで空を飛ぶさまがKings Of Oblivionのジャケットを思い起こさせたもので、並べて撮影。

豚もおだてりゃ空を飛ぶ
Pigs might fly.

ラリー・ウォリス(Larry Wallis ウォーリスの表記もあり)は後期フェアリーズのフロントマンで、ギターとリードヴォーカル担当。
上の写真で、ジャケットからのぞいてるサングラスの人がラリーです。実を言うと、どんな顔なのかようわからん。

ピンク・フェアリーズ(Pink Fairies)がどのように評価されていたかは不明です。とにかく情報少なすぎなバンド。「サイケデリック」という形容がつきまとっていたけど、私に言わせればハードロック。初期のピンク・フロイドを連想するスペイシーな雰囲気もありますが、概して荒削りで、ドライブしている。

手持ちの3枚のアルバムの中で、私が好きなのは3枚目だけ。第一作Never Never Landも悪くはないし、次のWhat A Bunch Of Sweetiesは非常に良い。けれど、大好きとまでは・・・。3枚目との違いは、ラリーがいるかいないか。よって私はフェアリーズではなくラリーが好きなんだ。と認識しております。

インターネットで世界中からマイナーかつマニアックな情報が得られるようになっても、昔愛聴したミュージシャンたちの動向を探ろうと思ったことはありません。なかんずくラリーは・・・。

ピンク・フェアリーズというバンドは、名前からしていかがわしげだし、メンバーも周辺の人物も見るからに退廃的なジャンキー集団って感じ。あの乗りで20年も経てば、野垂れ死にとまで行かなくとも廃人同様がいいとこか。わがラリーのそんな末路を知ったら、やっぱショックじゃないですか。いや、むしろそんな事実を平然と受け流す自分を発見するほうがショックかもしれない。
そんなわけで、知らぬが仏を実践してきました。

でもま、CDのKings Of Oblivionを見た限り、特に悲劇的な記述はなかったので、ちょっと検索意欲がわきました。
そしてラリーが酒や薬ときっぱり縁を切り、自作CDを出したことを知ったのです。ボーゼン。
衰退ロック界にてあのラリーが生き残り組になるなんて、世の中これだから面白いんだ。私だって再チャレンジに望みが持てる・・・と思考の飛躍をさせてくれたり。

Yukiko Akagawa氏のページ。
http://www.mc5japan.jp/common/death.html

白谷潔弘氏のディスコグラフィ。
http://every1ofus.hp.infoseek.co.jp/larrywallis.html

で、そのDeath In The Guitarfternoonを買って聴きました。
実はあまり期待していなかったんですよね。Kings Of Oblivionがあまりに良すぎたってこともあって。

のっけからフェアリーズを思い起こさせるSF的サウンドで始まり、おお、これはいけるなと感じたら、ヴォーカルが出てきたとたん、あううう・・・。声が、声がすっかりオジサン。
私はラリーのヴォーカルがとっても好きでした。別にきれいな声ではないし、歌が上手いとも思えないが、よく伸びてちょっと翳りもあり、せつなくなるほど心地よい声。それが、レミーのダミ声と比較するのは気の毒としても、ミック・ファレンにも似た潰れ声になっちゃってる。
もちろん落ち着いて耳を傾ければ確かにラリーの声。

聴けば聴くほど良くなってきました。1曲1曲が面白く、聴き応えがあります。気に入ったのは、Crying All Night, El Diablo's..., Mrs Hippyなど。Police Carはやはり名曲だなあ・・・。

声には歳月がのしかかるけど、他の面ではちっともオトナになってないって印象。
彼はいまだにフェアリーズにいたという過去を引きずっているのです。その引きずり具合がオールドファンに安心感をもたらすような気がします。

その後はどうしてるんだろ。

英語は億劫で見る気になれないけど、公式サイトはこちらです。
http://www.pinkfairies.co.uk/
投稿者:ルノ 21:49 | コメント(0) | トラバ(0) | 70年代ロック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/920835
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック