2007年07月15日

死んでも治らない

男色という言葉があります。男子の同性愛のことです。
全く気に食わない言葉です。
なぜって・・・じゃあ女色はレズビアン? 違います。「女性の色香」「いろごと」などと記されています。要するに女性との情事です。

つまり男性から見て、対象が男性であれば「男色」、女性であれば「女色」となるわけです。
女性に選ぶ権利はありません。

このような差別語は決して使わないようにしましょう。ほら、そこの腐女子、きみに言ってんだよ。

歴史的に日本は、男色(もう使ってる)に寛容な社会でした。レオナルドやワイルドが知ってたら「日本人に生まれたかったよー」と、さぞうらやんだことでしょう。
案外そのおおらかさが、欧米に比べてゲイ人口が少ないという結果をもたらしたのかもしれません。

そんな中でレズビアニズムはどのような位置づけだったのでしょうか。
不思議なのはそれを表わす日本語が見当たらないことです。私はごく一般的な知識を持ったごく普通の人です。男色の言い換え語は片手で足りないくらい挙げられても、女性バージョンは横文字しか思いつかない。
そりゃ探せば出てくるでしょう、隠語や俗語として。
が、探さないと見つからないのなら、それはないも同然なのです。物でも事でも、名前がついた時点で存在が始まるという説があります。
畢竟、我が国にレズビアンは存在しなかった。
レスボス島でサッフォーが少女たちに取り巻かれて奔放に暮らした(らしい)西欧とはダンチですわ。

もちろん「存在しなかった」は極論ですよね。
男日照りの大奥で何が行われていたかは知りませんが、農民や町人の娘にも、無理やり嫁がされたけど男に触れられるとぞっとすると悩む若妻や、隣の嫁さんと林の片隅でこっそり逢引する寡婦もいたに違いありません。
そういう行為は抑圧されたというより、社会的影響の少なさから放置されていて、言葉としても残らなかったのかもしれません。女性は不本意な状況でも子どもを産めるので、カモフラージュも簡単?

我が家の古い百科事典で「同性愛」の項目を見ると、最後に『治療法としては精神分析その他が考えられるが、予後はよくない』とあります。治療・・・そっか、高々20年前には病気扱いされていたのか。
予後不良とはおおむね不治ってことです。致死性の病ではないにせよ、死ぬまで治らない。死んだあともアレコレささやかれそうだし、なかなかしんどいもんです。

私は結局結婚しなかったのですが・・・どうして過去形で断定するのだ・・・ま、一生するつもりはありません。
それでも、もし同性結婚が解禁され普及したなら、まじで相手捜しを始める、かも。

けっこう多くの奥さんたちが、内心似たり寄ったりのことを考えているんじゃないでしょうか。長く家庭を顧みなかった濡れ落ち葉など掃き捨てて、老後は気の合った女友達と楽しく暮らしたい、と。

それならあえて「結婚」という形態を選ぶには及ばぬだろうに。
結婚には法律のバックアップがあります。扶養義務や財産分与など権利関係の強制力が強みなんです。
大なり小なり打算が伴うのが結婚です。愛情のみで突入した結婚生活はたいてい破綻します。

息子の嫁に虐待雑じりの介護をされるよりは、自分で選んだ相手に全財産を渡すと約束して面倒みてもらったほうがましでしょう。経済力のある人に限ります。人間的魅力だけでそこまで持っていける人はまれですよ。

つまるところ、女性の同性愛がほとんど表に出なかったのは、女性に経済力がなかったからともいえます。

現代社会はわずかながら楽になりました。
カミングアウトしてはりきっている尾辻かな子さんのご健闘に期待します。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:09 | コメント(8) | トラバ(0) | ジェンダー
2007年05月08日

スカートに始まる

だいぶ前スカートをはく男たちという記事を書きました。内容は他愛ないものです。軽い気持ちで、キュアのかわいいスカート姿を紹介したかっただけです。
その後、世の中には女装ではなく男としてスカートを穿きたくて実践している方々が意外に多いのだと知りました。

「男性 スカート」「メンズ  スカート」などで検索してみると、そのような人々の同好会やクラブや掲示板が出てきます。同じ人が取り仕切っているのかもしれませんが、けっこう年季の入った活動をしているようです。
リンクについては「要連絡」みたいな記載も多くて、いちいち紹介しません。興味をお持ちのかたは自分の目でチェックして参加しましょう。
少なくとも女性の手によるブログよりは、実のあるアドバイスを得られるのではないでしょうか。

私個人はパンツ派です。スカートという衣料品にのめりこみ、愛着を持つ男性の気持ちはよくわかりません。
しかし、スカートを穿く男性をバカにしたりあざけったりする人々に対しては、憐れみのようなものを覚えます。男+スカート=オカマ程度の計算式しか持たないのでしょう。既成概念に凝り固まった人は自分自身の飛躍の機会も逸するものです。

今の日本や西欧諸国では、スカートを身に着けるのは女性と決まっているように見えますが、国や地域によって差があり、民族衣装や祭りのコスチュームにはスカート型の男性服もけっこうあるようです。我が国もそうです。キモノはワンピースドレスに似ています。

スカートというのは最もプリミティブな服なのです。

人間が服をまとうようになったのは、体毛の少ない変種が増えて防寒や防御の必要に迫られたからでしょうか。
それとも服を着るようになって体毛が退化したのでしょうか。
後者であれば、理由は「おしゃれ」「識別」「羞恥心」、そんなところですかね。識別というのは、身分や部族の違いを明らかにするといったところです。

識別といえば、いろんな文化を持ついろんな民族がいるにもかかわらず、いつの時代も男女の服装は区分けされてきました。
なぜなのか。
人間は視力以外のいろんな感覚機能がほかの動物に劣ります。交尾に当たって、対象が異性であることがあらかじめわかっていないと不便だからでしょうか。

だからって、女性はスカート、男性はズボンと決めつける理由にはなりえません。スカートよりもパンツを好む女性はわんさといて、なんの混乱も招いていないのです。
女装者だって上級になればパンツルックを目指すでしょう。スカートよりも難しいんだから。

単に防寒が目的なら、暖かい地域の人々に服は不要です。赤道付近の人々も何かしら身に着けていますよね。原始的なものでは腰ミノ、とか。これってスカートではありませんか。

進化論を神への冒涜だと信じている人は何百万もいるそうですが、彼らの世界において、服の起源はイチジクの葉です。楽園を追われるアダムとイブがくっつけています。
あんなん、重力の法則に反していますわよ。イチジクの葉を折ると白い樹液のようなものが出てくるからそれで接着していたのでしょうか。かぶれたりして苦労したあげく、葉っぱを何枚かつないで落ちないようにすることを覚えたに違いありません。スカートみたいに。

男性スカートに否定的なオジサンだって、お風呂上りにはタオルを腰に巻きつけたりしません? ほんとはスカート好きなんでしょ。
え、すっぽんぽんで歩き回る? 失礼しました。家族のかたはお気の毒です。

英語でシャツ(shirt)とスカート(skirt)は語源が同じです。どちらも服の基本形なのです。
スカートとは人間の体に最も親しみやすい衣料なのですよ(ゴーインに主張)。

消費回復の兆しは相変わらずほのかです。
男性ファッション史において、ピーコック革命やグループサウンズ、長髪、グラムファッションなど性差を危うくしそうな風潮は幾度もありましたが、そんなときにも男たちはズボンを穿き続けました。スカートだけは未開拓分野です。
もしもアパレル業界がメンズスカートを新たなビジネスチャンスと捉えれば、巨大な市場が生まれます。無からのスタートですからね。手持ちの何かで代用するわけにはいかず、みんな新たにスカートを買うしかないのです。

もっとも、現在スカートを愛用している男性たちは希少価値を楽しんでいるのかもしれません。みんながスカートを穿けばつまんない気分になる人もいるでしょう。

ところで、調べものがあって昔の雑誌をめくっていたら、メンズノンノ98年12月号に、スカートルックがぽろっと載っていました。
『今年ぜひトライしたいスカートの着こなしのポイントは・・・トップをかっちりと・・・タブリエ感覚で着こなす』うんぬん。

『今年トライしたい』だなんて、もう12月号じゃないか。
それに、なーにがタブリエだ。フランス語を使えば万事ファッショナブルだと思い込んでんの。
ファッション雑誌ってのは空疎な言葉が漂う、イチャモン日本語に最適の教材なのです。タブリエとはエプロンのことですが、パンクの始祖ジョニー・ロトンもそんな格好していたような。
+スカート

この事例ではスカートの下にパンツだから、着こなし上ちっとも参考になりません。
とはいえスカート初心者の男性は、このようにスカート+パンツ(もしくはスパッツ)から入門すると違和感が少ないでしょうね。最初はロングスカートで、慣れてきたら丈を短くしていって、最後はスカートだけ、というふうに。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:22 | コメント(15) | トラバ(1) | ジェンダー
2007年02月17日

完全なる性転換

だいぶ前のこと、ジョン・ヴァーリイの『バービーはなぜ殺される』というSFミステリ短編集を面白く読みました。
作品中で重要なモティーフとなるのが人体改造です。表題作にはバービー人形みたいな同じ顔と体に整形した多数の人々が出てきます。ボディの大きさも自由自在に変形でき、性別を生涯何度でも変更する人々がいて、女になれば子供を産めて、男のときはタネつけ可能、といったしだい。

現代医学が施しうる技術は実にチャチなものであり、見かけを取り繕う程度です。とりわけ女性が男性になるのは機能面で困難に思われます。
これに関しては『図解 性転換マニュアル』が興味深く、わかりやすいですよ(なんの用があってそんな本を読んだんだ? ・・・本は用事で読むもんじゃないぞ)。

細胞レベルからの完璧な転換は、いつの日か可能となるのでしょうか。
遺伝子操作と臓器の移植(もしくは自細胞からの発生)により、現実味は出てきそうです。女性が雄性配偶子を作り、男性が出産できるようになるのなら、不妊症などその過程で解決されるはずだから、非常に有意義な研究と思います。

魚の中には環境に左右されて雌雄が変わるものがあります。同じ脊椎動物なんだから、応用できないものでしょうか。

ともあれ、遠い未来の話ですね。

もっか性同一性障害などの事情により転換を望む人々は、身体の外側が改変され、戸籍が変わるなら、さしあたって大満足のようです。
身体にメスを入れるのは怖いから、服装や環境だけでも異性として生きていければ御の字という人も中にはいるでしょう。そのためには世間の理解が必要です。

大多数の、いわゆるまともな人々は、自分と違うもの、ちょっと外れているものを理解したがらず、排除しようとします。
性同一障害なんて凶器や侠気でもなくまして犯罪でもありません。家族はだいぶ迷惑をこうむるけど、それは社会の壁のせいです。

世の中には唾棄すべき隠れ犯罪者がわんさといます。虐待親、DV夫、暴力恐喝生徒、不道徳教師、セクハラ上司、ろり買いツアー客、スパム業者、たかり政治家、いやもうほんの一例。彼らは外見的には普通の服を着て、常識人としてのうのうと暮らしているのです。なんか間違っていませんか。と、脱線。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:29 | コメント(2) | トラバ(0) | ジェンダー