2008年04月22日

情報弱者

私は携帯電話を持っていません。特に必要性を感じないし、そんなことにお金を使いたくないという理由も。

その昔。携帯電話黎明期、勤めていた会社に1台の携帯電話機がありました。お偉いさんが出かけるときに持っていくことがあった程度で、ふだんは神棚(?)のお飾り。一般社員はポケットベルを持たされていました。
年末年始休暇の前、それが私に押し付けられたのです。正月でも顧客からクレームが入ることがあるから、肌身離さず持ってなさい、と。
しぶしぶ電話機と充電器(これがけっこう大きかった)を抱えて帰省しました。
あんまりじゃないですか。
だって、当時の電池は数時間しかもたなかったのですよ。しょっちゅう充電しなきゃならないわけ。その電気代を個人で払えと言うのか(2円か3円くらいだろうに、せこいったら)。
腹いせにあちこち電話をかけまくろうと思ったけど、悲しいかな、人付き合いの悪い私には電話する相手がいなかったんです。

今でも電話する相手などいません。欲しくもない。

必要性を感じないと述べましたが、実は先日、必要性とやらに直面しました。

携帯サイトを作ろうと思い立ったのです。今年2月のこと。
私はいくつかサイトを運営していますが、どれもアクセスが落ちて、行き詰まり状態。
携帯から人を呼び込んで打開を図る手もあろうかと(本音はケータイアフィリってヤツです)。

ブログには携帯からのアクセスも多少ありますが、文字は問題なくても大きな画像の表示はどうなるのでしょう。一般ホームページにもたまに訪問があるらしいが、どう見えているのでしょう。そのあたりの事情がさっぱりわかりません。
でもま、携帯を持たずに携帯サイトを運営するのもカッコイイかな〜。

携帯サイトを作るといっても、新たに練るのではなく、既存のサイトを携帯向けに改造するだけです。
ホームページビルダーには、携帯ページ一括変換という機能があります。これでちょこちょこと仕上げてアップすればいい。お気楽に取りかかりました。

ところが、携帯ページは機種によって仕様が違うらしいのです。EZwebだのVGAモードだの20種近く出てきて、どれかを選ばなければならない。iモードだけでも10くらいあります。なんで汎用モードがないんだっ。
ウェブで調べたら、絵文字など機種依存文字が違うし、1ページあたりの容量がさまざまだし、対応する画像ファイルの種類が異なるんだと。それでもひとつ作れば、普通の文字は共通して見えるはずです。

iモードの普及率が高いらしいから、とりあえずそれでやってみよう。と変換。
そしたら、1ページが細かく分割され、おそろしくたくさんのページが出来上がってしまいました。
分け方が機械的だから、見にくいのなんのって。文章を簡略化し、配置を整えて、1ページずつ修正しました。最初から自分で作ったほうが早く済んだような気もします。

ホームページビルダーにはプレビュー機能がありまして、携帯ページの場合は携帯ごと可愛く表示してくれて、なんとなく印象がつかめます。操作も実物に近いようだし。

画面プレビュー 実物大?

そうやって10ページほど作りました。
ところが、広告のコードを取得しようとして、これまた機種によって違うことを知りました。しかもiモードはベースをhtmlではなくphpファイルにしろとな。phpってなんなんだ。よく遭遇するけど、私はphpというだけで敬遠していました。
ファイル名を変えてアップロード。ページは表示されるけど、広告が見えません。パソコンじゃダメなんだろか。

後日、iモードを持っている人に会ったとき、ちょっと借りて確認しました。URLを打ち込むだけでひと苦労。私には携帯メールを打つなんて絶対ムリです。
うーむ、やっぱり広告は見えない。これでは意味がない。
どうやらiモードのトラブルはよそでも起きているようでした(その後改善されたかも?)。

ではEZにするか。いえいえ、もう疲れた。と棚上げして今に至ります。

携帯サイトを作っておくことは無駄ではないけど、アクセスも見込めないのに、時間がもったいない。
そのうち群雄割拠時代も終わり、統一規格が出てくるでしょう。それから手がけても遅くはないと思います(生きていれば)。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:36 | コメント(5) | トラバ(0) | 広告戦略
2008年04月04日

やっぱりがんじがらめ

ブログのデザイン変更は通常とても簡単で、好きなテンプレートを選ぶだけです。

どのブログ元でもたくさんのテンプレートがそろっていて、適宜新しいデザインを追加しています。
のみならず、Web上には自作テンプレートを提供する素材サイトが山ほどあります(らしい)。背景画像と組み合わせることで、選択肢はいくらでも広がります。

それでもユーザーの数には及びません。人気のデザインはあちこちで利用されることでしょう。
ブログ巡りをしていて自分のと全く同じデザインのブログに出会ったら、いささか決まり悪いかも。ヘーキヘーキ、中身で勝負だい。

どうしてブログがたやすくデザインを変えることができるかというと、ページの要素を組み立てるHTMLと、色やフォントを制御するスタイルシートが別個になっているからです。
デザインを担当するのがスタイルシートです。

私が最初にスタイル変更に取り組んだ一昨年には、その分担をちゃんと理解していなかったのです(今なら完全に理解してるかって? さあ・・・)。
ともあれ無知が災いして、HTMLとスタイルシートの双方にメスを入れてしまいました。

たとえば、ある場所に余白を入れたいとき、本来ならスタイルシートでマージンを広げるべきです。が、私はこのマージンてのが苦手というか食わず嫌いだもんで、余白部分にHTML側から改行を入れたりして自己流で調節したのです。見た目はさほど問題があると映らず、そのまま推移しました。

この双方向調節がボロを出すのは、次に変更するときです。新たなスタイルシートを適用すると、レイアウトが崩れてしまうのです。
HTMLを元に戻す手もありますが、余白だけでなくタイトルやら見出しの位置やら何やら、あまりにぐちゃぐちゃいじくっていたので、自分でも混乱状態。

先月末イメージチェンジを試みたとき、この際だからスタイルはスタイルシートのみに任せようと決めまして、時間をかけて大がかりな修正をおこないました。

手間取った理由はほかにもあって、ピクセル単位で設定をしているうちに、ブラウザによってスタイルの解釈が違う部分があることに気づいたのです。私はFirefox派(マイノリティ)で、Internet Explorerとは見え方に違いがあることは前から知っていたけど、詳細まで調べる余裕がなくて放置。
どうせならこれも統一したいですよね。

余白を決める要素にはmarginとpaddingがあります。前者が外側の余白、後者が内側。とまでは想像がつくけど、FFではパディングを設定すると外側に広がってずれたり、IEではマージンを無視して偏ったり。で、どうしても両者同じにならない。
不本意ながら、IEを優先するしかありません。ブラウザはほかにもいろいろあるけど、もう私の手に負えません。

苦労したわりには、なんということもない、しょーもないデザインではないか。
それは単に好みの問題です。シンプル・イズ・ビューティフル。背景画像取ったほうが楽ですよ。

これでやっとスタイルシートの役割が世間一般のブログに追いついたわけです。今後の変更はすいすい行ける?

そのとき設定した赤と黒の取り合わせはわりと気に入っておりまして、ころころ変えるつもりはありませんでした。
なのに、あらら、はかない命。本日からピンクになりました。

なぜって、それが民意です。こらっ、えらそに。
あんまり触れたくないけど、広告効果ががた落ち。ただでさえ、配信元のシステム変更により数か月前から激減していたのに、追い討ちをかけるはめになりました。
最初は偶然だと思ったんですけど、あまりにひどいので、ほかの色も試したくなったのです。
色彩が人の心に与える影響って、ばかにならないと思います。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:53 | コメント(6) | トラバ(0) | 広告戦略
2007年06月14日

リンク売ります。

広告料の相場はいくらくらいだろと首をひねったのはスポンサー・ドリンクのころです。
その後も広告掲載希望メールが何通か来まして、提示金額はおおむね20〜30ドル。ただし誰も期間に言及しないので、1度貼ったら貼りっぱなしを強要されるのではと懸念します。

同ジャンルの広告で収入を得ることに消極的なわけではありませんが、簡単に応じないのは、20ドル程度の報酬を受け取る手段に制約があるみたいだから。小切手は換金手数料が莫大だし、振込にはローカル口座しか持たぬし、為替だと向こうが面倒。PayPalは億劫でまだ手をつけていません。

どうせなら送金が楽な国内サイトから申し込まれたい。
いや、そんなふうにいつまでも受身の姿勢では道が開けるもんか。ここは自ら営業に回って広告主を集めるべきだ。

まず浮かんだのは、手芸用品や生地のオンラインショップを集めたリンクページを作り、1件いくらで掲載希望店を募ること。

・・・そう首尾よく希望者が集まるのか?
・・・無理でしょうな。

手芸関連ショップの需要が高いのは、かねてより認識しています。質問掲示板にも、○○はどこで買えるのか、△△を売ってる店を教えてという問い合わせがしばしば舞い込みました。
しかしこのジャンルはアフィリエイトをあまりやってない。単価が低くて儲けが少ないとか、小規模店舗が多いからとか、あれこれ推測するけど、たぶん、やらなくても売れるからでしょう。
それでも訪問者は多ければ多いほど良いはず。

そこで最初は無料奉仕です。
良さげなサイトを自力で探して勝手にリンクします。
2か月ほどして、当該サイトにメールします。リンクを継続してほしければカネ払え、と。まあ、ネガティブ・オプションですね。

今やアクセス解析を入れていないショップなどないでしょう。うちからどのくらいアクセスがあったか、把握するに違いありません。
正直なところ、アクセス数には自信なし。
当サイトのウリはページランク(PR)です。そのリンクページに自サイトあちこちからリンクすれば、ランク3か4が見込めます。アクセスは微々たるものでも、相手がSEOをかじってるなら、その価値に目を留めると期待できます。

そこまで考えながら、忙しさにまぎれてずるずる放置。本人がオンラインショッピングをしないもので、リンク先を捜すのが面倒というのもありました。
サボっているうちに、PRが落ちてしまいました。あやや。
ランクダウンは世界的傾向みたいだけど、よそには上がったサイトもあるので、軒並み下がった我が家はリンクを得る努力を放棄したのがたたったかな。

そんな折、某アフィリエイト会社からテキストリンク掲載の勧誘が来ました。相場は3,000円程度と思い込んでいた私にとっては、望外の値段。会社はマージンを上乗せして広告主に請求するわけだから、なんだか・・・・・・。

広告料は魅力だけど、迷いました。
自分のページが汚れるような気がしたんですよね。「汚れる」とはずいぶん不遜な表現。すでにアフィリエイト広告をわんさと載っけて汚れまくってるくせに。

ちょっと違うんです。
アドセはJavaScriptでコンテンツに即した広告を配信します(が、時々かなり危うい・・・ナントカを使わないカントカぞうだいってヤツ、やめてくれー)。アフィリは自分で好きなものを選んでIフレームにぶち込めます(このフレームも先行き不安)。
その点この広告は選択の余地が(ほとんど)ありません。結果的にサイトのテーマと無関係なものばかりでした。

関連の薄いリンクに大枚払って、広告主は元が取れるのだろうか。と、よけいな心配。
彼らが求める商品は、直クリックや表示回数ではなく、サイト名の刷り込みでさえもなく、「アンカーテキスト」であり「ページランク」だと窺い知れます。
ちょっとだけそのワードで検索してみたら、比較的上位に出ました。かなり多数のページに載せているのでしょう。

そういったリンクをテキストリンク広告と呼ぶと知ったのはその少しあとです。
広告を載せたい受け皿サイトも多いようだし、仲介を専門にする業者も見受けます。単にPR売買であれば、安い海外のサイトと提携して荒稼ぎ(?)する業者もいるらしい。

テキストリンク広告のリスクは、検索エンジンのペナルティを受けるおそれがあること。
とりわけGoogleはお金で検索順位を上げることを嫌います。無関係なリンクをたくさん載せているページには厳しい目を向けるでしょう。「汚れる」とビビったのはそれです。

とはいえ、赤貧に青息吐息のワタクシ、背に腹は代えられぬ
むしろ、Google何するものぞ、と挑戦的な気分が頭をもたげたのも事実です。

私のサイト群はいまだにGoogle八分から脱却していないのです。
引っ越しから1年以上経ったのに、あまりといえばあんまりではないか。貧盗恋歌はまあまあだけど(まさか、ブログだから?)、英語版はひどい。あるいはこれが私の実力なのか?
そうとも思えません。検索されやすさでは旧サイトのほうがましです。
ODPが軽んじられるようになり、グーグルディレクトリの更新は1年以上ほったらかし。Gは新規ページを意図的に締め出しているのではないかと邪推したくなります。

不平不満を鳴らしつつも、G抜きでやっていかねばならぬ現状では、ペナルティにおびえるなんて馬鹿げている。矢でもテポドンでも持ってこい、だ。

そもそもテキストリンク広告なるものに存在価値を与えたのは、Gの偏った検索システムではないか。たとえテキストリンク広告を見分ける能力を得てそれを無価値なものにしたとして、市場は必ずや次の抜け穴を見出すでしょう。ならばお互い、今のうちに儲けておこうぜ。

それはそれとして、どうせ載せるなら関連性のあるリンクのほうが、訪問者へのメリットが大きく、安全ですよね。
前記の手芸リンク集の作成にぼちぼちかかる予定ですので、掲載ご希望のショップさんはご注目ください。
キーワードは「手芸」「手作り」「洋裁」「裁縫」「ソーイング」「布」「生地」「服地」「木綿」「ボタン」「型紙」「キット」「子供服」「ベビー用品」「ミシン」などです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:58 | コメント(0) | トラバ(0) | 広告戦略