2007年04月04日

広告をクリックする心理

広告であれ検索結果であれ、クリックしたくなる心の動きが理解できれば、より有効な対策を立てられるし、自分のページで広告をクリックしてもらうことにも応用できます。

私自身は広告をクリックすることはめったにないので、なかなか理解できません。

「めったにない」とは「たまにはある」ってこと。
ラリー・ウォリスのCDは、Googleの検索結果にあった広告をクリックしてアマゾンで買ったんですよね。
でも自分で買ったのではなく、あーしてこーしてと説明して実家のパソコンで母親に買わせたのであった。ついでにお金も払うてもろた。不孝者。本人は未だにオンラインショッピングの経験がない(ことになっている)。

以前リンクしてもらった人のページから、買い気を持って某ショップに行ったことがあります。ところが何度検索しても目当ての品を探し出せずに挫折。ナビゲーションのヘタな店だとイカってそれきりです。

せっかく広告費やアフィリエイト報酬を払って訪問者を誘導しておきながら、ユーザビリティの悪さから顧客を逃がしているオンラインショップは多いかもしれません。

広告を載せるページの持ち主にしてみれば、さんざ苦労してアポイントまでこぎつけたのに、マヌケな上司が「詰めは任せろ」としゃしゃり出て話をぶち壊す、みたいなものでしょうか。
アフィリエイト先はじゅうぶん吟味して選ばなければなりませんね。

先日はとんでもないショップと提携してしまいました。バナーを載せるついでに背景色と同じ色で社名のテキストを載せてくれ、というものです。何を考えてんだ。こんな相手とかかわったら、ペナルティのとばっちり食らっちゃいます。

その点クリック報酬型のアドセン広告は相手を選べません。
が、気楽です。売れようが売れまいが知ったこっちゃない。
単価にしてもワンクリツーダラー超のすごいものがあるらしい。そんな大金を払う企業はどういう収益構造になってるんでしょう。ちょっといかがわしかったりする?

売上型アフィリエイトの相場は2〜3%、つまり5,000円売れて1ドル前後です。しかも売上まで行くことはめったにないことを考慮すると、クリック型の魅力が理解できましょう。

もっとも私のジャンルではそんな高い単価に巡り合うことは期待薄です。ひたすら数で勝負。
というわけで、別のページに「アクセスアップを図ろう」と書きました。

しかしアクセス数とクリック数はある程度連動するものの、正比例しません。訪問者が多くなればなるほど、クリック率が下がるというのが定説です。
私の某サイトが某紹介ブログに書かれてしまい、2日間ほどアクセスが10倍近くに跳ね上がったことがあります。が、クリック数は横ばいでした。わずかでも増えるかとの期待は、完全な肩透かし。
何か面白い動画でもないかなーと紹介サイトを覗く人々は、広告などに決して目を向けません。

では、広告にまで注目するのは誰でしょう。
検索エンジンで(複数の)キーワードを入力して(個別ページへ)訪れる人々です。これは間違いないでしょう。
彼らは特定の情報を求めているのです。キーワードにマッチしたページであっても解答が得られなければ、『藁にもすがる』思いから、広告をクリックするのです。
そしてまた、検索して何かを捜し求める人は、漠然とクリックする人に比べて実際の購入率も高いはずです。

だからSEOが重要だという結論になります。
サイト内の各ページが適切なワードで検索されるように、テキスト配分やリンク構成を練るべきなのです。

日本人の好みはリンクユニットではないでしょうか(意外?)。
リンクユニットとは、検索ワードが4つか5つ並んだだけの広告です。クリックすると検索ワードに合致する広告がいくつか出ます。そのどれかをクリックして初めてワンクリックと見なされるのです。つまりアクションが余分に必要。
そんな面倒なことをやってしまうのも、その訪問者が情報を求めているからと思えば納得がいくかもしれません。

ところで、某所で見たのですが、たまたま訪ねたサイトに良い情報があって気に入った場合、クリック報酬広告があったら、お礼の意味でぽちするという主義の人がいました。
これはメイワクな話です。興味のない広告をクリックする風潮が広まれば、クリック型広告の未来は危うくなりますから。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:52 | コメント(0) | トラバ(0) | 広告戦略
2007年02月20日

広告しかじか

ネット全盛時代となっても、昔ながらの電話勧誘が衰える気配は見えません。
投資、マンション、浄水器、洗剤、掃除機、エステに化粧品はもとより、通信やインターネット関連も多数かかってきます。

先日はオーバーチュアから広告を出さないかと。
この手の勧誘電話は、ほかにビッグローブやビッダーズ、スポーツ新聞などから来たことがあります。

メールではおおかたスパムとして処理されてしまうが、ネットを活用するまともな商売人にとって電話は重要な通信手段だから居留守を使うことはないとの目算でしょう。
うちはずぶの個人ですからね、御社呼ばわりされても面食らっちゃうんですけど。

検索エンジンに広告を出しているサイトは、投じた費用に見合う成果を得ているのでしょうか。広告がいっこうに減らないところを見ると有効ではあるようです。売り上げに直結せずとも、社名を広めるのに役立つとの目算かもしれません。
中にはさしたる検証も行わず、漫然と広告を載せているだけの企業もあるでしょう(カモだー)。

広告を打つサイトはSEOにはあまり関心がないようです。
SEOの要件は言葉であり、見栄えの良いサイトデザインとは相容れません。訪問者を集めるのは広告に任せておき、サイトは店としての充実度(商品情報、価格、ナビゲーション等)を高めるほうが確かに効率的です。
広告を出すこと自体、信頼感を起こさせます。広告費を払えるんだからそれなりのバックボーンはあるんだろう、と。広告スペースを提供する検索エンジンもいちおう審査しますし。

ならばうちも広告を出してみようかしら。

でもねえ・・・オーバーチュアに無駄金使わずとも、ヤフーさん(YST)にはじゅうぶん優遇されています。
カテゴリ未登録だし更新もしていないのに、どうしてこんなに良い位置をいただけるのか、まるっきりナゾです。などと慢心していると蹴落とされるぞ。ページ中で使ったことのない語句「人形作家」でもひところ1位でしたが、さすがに転落気味。

検索ページの広告は上と右サイドに出ることが多いのですが、ヤフーでは下にもあります。きっとスポンサーのなり手が多いんでしょう。

広告と検索結果の区別もつかないユーザーは多いから、上に載せるとかなりの効果が見込めるでしょう。
だけど横や下よりは検索結果のほうがクリック率は高いに違いありません。

大枚払って広告出したサイトが、無料で上位表示される我がサイトよりもアクセスが少ないんじゃ、商売が成り立つとは思えません。私の関連キーワードは需要が低いともいえますが、それでも広告はたくさんあります。
ううむ、うちに人が来ないのはタイトルやサマリーに魅力が欠けるからだろうか。
いやいや、仮に人が大勢来ても買い気を起こすのが1万人にひとりじゃどうしようもないですな。

つまるところ私は商売に不向きなのでありました。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:25 | コメント(0) | トラバ(0) | 広告戦略