2007年03月05日

むの恐怖

パソコン依存の生活が字を書く能力を奪うといわれます。私もひしひし感じておりまして・・・いや、単にパソコンのせいのみではないのでしょうが。

とりわけ漢字が書けませんねえ。
画数の多い字はすでに全滅って感じですが、中クラスの易しい字でも、迷うことがしばしば。準備の備を書こうとして、あれ、最後の部分は「用」だよね、それとも横棒1本に縦棒2本だったかな、と。ぐちゃぐちゃ。情けない。きっと「偏」との混同だな。

巷では漢字検定や書き取り練習帳が人気です。手や指を使うことは脳の活性化にもつながるし、字も上手になることでしょう。

漢字ばかりに目を向けていても危ないですよ。

ずいぶん前のことですが、とある知人がメモ書きをしていまして、ちょっと首をかしげながら尋ねました。
「ねえねえ、ってこんなだっけ?」
その用紙を覗き込んで目を疑いました。そこには・・・。
ムムム
そこで爆笑になったって不思議はないのに、相手の真剣な表情に笑いも凍りついたのでありました。

ことはひらがなにまで波及してきたのだろうか。

そりゃ年のせいだ。と、若いあなたはバカにするかもしれませんが、その人は30代半ばです。
もちろん普段はちゃんと書けますよ。たまたま焦っていて、どこが変なのかとっさには判断がつかなかっただけでしょう。

それを思い出し、他人事ではない気分になったので、毎日何かしら文字を書こうと思い立ちました。

さっそく大学ノートを広げて、とりあえずブログ用の文章をシャープペンシルで書いてみる。まとまったらそれを見ながらパソコンに入力。
・・・の予定でした。が、上記の「備」で気持ちがくじけてしまった。ぺしょん。

いえいえ、明日また挑戦。

キーボードだって指を使うからよさそうじゃないかと言う人もいます。
ワープロが普及し始めたころはそういう考え方もあったようです。私は黎明期(8インチフロッピー時代)からワープロを使っていますが、あわれ、衰える一方です。
当初ワープロの役目は手書きを清書するというもので、原稿を見ながらタッチタイプで打っていました。今では原則片手打ち。頭が指に追いつかないので・・・。
パソコン世代の人々は、文章を考えながらキーボードを打つことがぴったりの速さに加減できているようです。画面を見ながら変換結果のチェックもしなければならないし、とりわけIMEは注意力を鍛えてくれるとはすでに書いた通りです。

とはいえ「押すだけ」「叩くだけ」ですからね。指の動きをつかさどる脳の領域や指そのものにとって、いかほどの鍛錬になるか疑問です。
複雑な曲線や直線が微妙に組み合わされた日本語を自分の手で書くことにはとうてい及びません。

ところで今月24日はシャットダウンデーだそうです。
その日はパソコンから離れ(できれば携帯もしまいこんで)、ノートに詩を書き綴ってみてはいかがでしょう。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 20:48 | コメント(6) | トラバ(0) | おつむてんてん