2016年11月29日

ノーフォロー・ミー

当ブログにはA社の広告(ほとんどが書籍)をわりとたくさん載せています。たまにクリックされることはあっても、販売に結びつくことはまれです。

「多数のリンクを設置してあげて、A社の繁栄に貢献しているだけ」とぼやいたことがありますが、実際の話、業績悪いアフィリエイターってのは、タダ働きさせられているようなものです。

広告依頼主としては、お抱えの広告設置者が商品を売ってくれなくても、いっこうに困りません。
貴重なのは、彼らが設置した多数のリンクです。
いわゆるSEO的には、あちこちからたくさんリンクされたページは価値が高く、検索結果の上位に表示されやすくなります。すると、検索から商品ページに来てくれる一般購買者が増えます。このルートによる売上なら、報酬を支払う必要がなくて、丸儲け。

なんだかしゃくにさわるけど、アフィリエイトとはそんなものです。
嫌ならかかわらないこと。でも、わずかな報酬を期待して、ついついリンクしてしまいます。

リンクなんかいくらしたって、痛くも痒くもないないんだし・・・。

いやいや、その考えは甘い。

リンクをもらうことが得ならば、与えることは損なのです。というのが、私がSEOをかじっていたころの常識でした。
とりわけアフィリエイトリンクをやたらと置いたページは、価値が低いと蔑視されていました。

アフィリエイトが好ましいリンクでないのは理解できるとして、良いサイトへの普通のリンクは訪問者の利益になるから、自サイトの価値をも高めて当然なのに、全く奇妙な論理です。
某有力検索エンジンがリンクされることを過大評価したものだから、SEOなる概念にとらわれた人々が、サイトの充実を図りもせず「いかにたくさんリンクを得るか」の方策に血道を上げた結果、いろんなひずみが出たということでしょうか。

事態は改善されつつあるとは思いますが、SEOに興味を失った現在、どのような説が飛び交っているのか、もはや知りたいとも思いません。どうあがいても、上位に食い込むのは難しいとわかってるし。
リンクしたければする、したくなければしない・・・本来あるべき運営姿勢に戻ったという感じです。

小細工よりも、地道な充実が大切なのですよ。何を今さら。

まあ、小細工といえば、リンク先の価値を上げるのをちょこっと阻止し、自ページの低評価を多少は緩和するかもしれない「呪文」ってのが、存在しないわけでもありません。

ノーフォロー属性ってやつです。

具体的には、リンクタグに rel="nofollow" という文字をくっつけます。
<a rel="nofollow" href="リンク先&Code=abc">おもろい本</a>

すると、人間ならリンク先へ飛べますが、検索エンジンのロボットは誘導されません。リンクされていない状態に近いと見なされるってことかな。

ちなみに、ブログのコメントやトラックバックに書きこまれたリンクは、基本的にノーフォローがつくようになっています。スパムに価値を与えないためです。

広告主はノーフォローを嫌がるでしょうね。この属性を禁止しているところもあるようです。

どのアフィリエイト会社でも、ログインして商品を選べば、長々しいリンクタグを生成してくれます。広告設置者はそれを持ち帰って自分のページにペーストするだけです。タグの改変は通常認められていません。

あるときA社で、そのタグに rel="nofollow" がつき始めました。

えっ、つけてもいいんだ。ちょっとびっくり。さっそく過去に取ってきたほかのリンクにもくっつけたりしましたが、面倒だからそのうち忘れ去り・・・。
私はA社のリンクをしょっちゅう更新しているわけではなく、何か月か経って気づいたときには、その属性はつかなくなっていました。

どういう経緯だったのか、憶測してみました。

リンク作成のシステム担当者が、深遠な考慮に基づいて、もしくは何やら勘違いをして、ノーフォローにすべしと判断して付与したのではないか。
しかし「君、何をトチ狂ったんだ、これではわが社の商品ページの評価が下がるじゃないか」と上司に厳しく叱責され、慌てて取っ払った、と。

「深遠な考慮」というのはですね、確かに多くのリンクは価値を高めるかもしれないが、多すぎると逆効果になることもあるのです。また、リンク元ページの価値が低いと、もらったリンクも効果が薄いから、ノーフォローが無難、とか。

もっともそこまで頭が働く担当者には見えません。勘違い説が正しいに決まってる。

というのも、慌てて取っ払った証拠が歴然なのです。
その文字だけ外した結果、現在生成されるリンクは、aとhrefの間にスペースが2個、はまったまま。
<a  href="リンク先&Code=abc">おもろい本</a>

表示も機能もトラブってはいないけど、文法的にはいかがなものか。個人的に、半角スペースの連続というものを、ワープロ黎明期から忌み嫌っている私としては、見るたびに落ち着かない気分になります。

ともあれ、アソシエイトメンバーの皆様、A社に関しては、リンクにnofollowをつけても問題はないと思われます。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:50 | コメント(0) | トラバ(0) | ちょっとSEO
2010年04月30日

やっぱり無能な検索エンジン

以前「ネットで検索する際に、用例を見ただけで検索をやめてしまったり、検索しても該当ページに行かないことがある」と述べました。

検索結果の上位に表示されるページを見れば、その検索語について正確で詳しい情報が得られると、誰しも期待するものですよね。

その期待はしばしば裏切られます。
真剣に探す人は40、50番目、ときには100以上、しらみつぶしに見ていくかもしれませんが、はたしてどの程度満足できるでしょうか。

それはそうと、年が行きますと、体の不調は、あちこちいっぺんに来るものなんですねえ。
私もこのところ非常に具合が悪くて、もう死にそうなんですぅ。
とはオーバーな。もともとヒポコンデリー傾向で、必要以上に気にするタイプなのです。

しかしま、世の中には「病気のデパート」みたいな人、たくさんいますよね。昨今のデパートは品揃えが貧弱だから、誇張表現ではなくなりました。
無病息災ならぬ一病息災でもなく多病息災の時代なのです。いろいろと具合悪くて、すべったのころんだのとぼやくけど、結局医者にかかることは少なく、普通に暮らしていたりして。
病院へ行くにしても、ネットで調べてから・・・とかなっちゃいます。調べたらなんとなく安心して、あとはうやむや。

私も「お尻が痛い」を初めとして、いろんな病気や症状を検索しました。
もし私のパソコンから検索履歴が流出したら、心身の状況がもろ見えで、嘲笑の的となりかねん。念のため消去しておこう。
そんな恥ずかしい症状ばっかり抱え込んでいるのか? うーーん、やっぱり、ちょっと・・・。

それにしても健康情報に関するページは多いですねえ。広大な需要があるのです。
当ブログでも、アクセスが多い記事は美容と健康カテゴリに偏っています。

むろん皆さん、ご存知なのです、「健康関連は需要が大きい」=「儲かる」と。
健康と病気に関するページが氾濫するのは、たぶんそうした理由からです。

しかしですよ、医師でも学者でもない普通の人々に、病気や健康に関する正確な知識がどれほどあるのでしょうか。
問題はそこです。

私のように自分自身の体験談を書いていれば、客観的な知識はさほど必要とされません。
が、病気のデパートさんであっても、体験談のみではネタが尽きます。一ブログを構築するには足りないのです。

ひとつの病名を検索してみると、全く同じフレーズ(説明文)を含むページがたくさん出てきます。
最近のウェブページはブログが相当量を占めるようになりました。ブログはその構成上、内容のダブりがはなはだしいからやむを得ない面もあります。
しかし、全くかかわりがないように見える複数ページが同じ文面を載せているみたいなのです。中にはミラーサイトもありましょうが、多くはどうやらパクリに過ぎないようです。

いちおう権威ある(ありそうな)ページから「○○病の症状はこれこれ、原因はこれこれ」うんぬんをコピペして、まわりに広告いっぱい配置して1記事出来上がりというしだいです。コピペもあんまりたくさん取ってくるとヤバいと思うのか、数行におさめています。

こんなページに行き当たったら、腹立ちますよね。怒りのあまり心臓発作や脳卒中を起こすかもしれないから、極力個別ページには行かないようにしています。

実は私もパクられたことがありまして、相手は単なる引用だとのスタンスなのか、トラックバックまで寄越してきたのですよ。盗人猛々しいとはこのことです。思い出しても血圧が上がる〜。いーの、普段は低血圧気味だから。

「内容が充実していないページの広告はクリックされやすい」が私の持論です(我がページのクリック率が低いこともそれを裏付けているんですー、わはは -_-;)。彼ら盗作者のページにある広告は、きっとばんばんクリックされていることでしょう。
そういうページを上位表示させる検索エンジンも共犯者じゃないですか。当然ですね。広告配信元も兼ねているんだから。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:05 | コメント(2) | トラバ(0) | ちょっとSEO
2007年11月24日

ようこそルノさん

某サイトがGoogle八分に加えて、しばらく前からヤフーでもつまはじきにされるようになりました。もはやほとんど検索されません。泣きっ面に祟り目ってこのことですわね(なんかヘン?)。
ペナルティを食らったとすれば、思い当たる節はなきにしもあらず。身に覚えがあるのなら、それは「不運」ではなく自業自得というもの。
ふと思う、自業自得って、なぜ悪いことばかりに用いるのでしょう。「業」で「得」するなら儲けものじゃありません?

それはともかく、閑散としたアクセスログを眺めますと、やけに目立つのが、mixiのコミュニティ、とんちんかんなMSN、それにお百度参りの蜘蛛。いやもう、mixiはありがたい存在です。

検索されないといっても、完全に見捨てられたわけではなく、サイト名やレア語では出てくるようです(じっくり調べてはいないけど)。
ドメイン全体がダメなら絶望的ですが、下位ページだけでも浮き上がれば、憂うに及びません。トップページというものは下位ページを見てもらうために存在するのですから。

サイト名で検索すると、当該ページは蹴落とされ、リンクしてくれているページがずらずらっとリストされてしまい、腐るオーナーもいるようです。タイトルが冗長だったり、やたらと相互リンク依頼をしているとそうなるかもしれません。
一定期間運営しているのにサイト名で上位検索されないとしたら、何か問題があるのでしょう(ため息)。

では管理人名ではどうなのか。

数年前、ふと思い立ってrunoで検索したら、Runoさんという人のページに「やった、runoで検索したら人形のサイトを抜いて1位になったぞ」みたいな文があってほほえましくなりました。そんなんで張り合ってどうすんだ、検索するのはアナタとワタシくらいでしょ。
今でもその人と私が抜きつ抜かれつ? ただしうちのは引っ越し前のページであって、新サイトは完全に沈んでいます。

先般国内でのハンドルを一部でカタカナに変えたのは、分散によって名前での検索を落としたいという理由もありました。
別に悪事を働いてるわけじゃないけど、名前で検索されるメリットに否定的だったのです。
このごろは考えが多少変わりました。名前ですら検索されないのに、なんで重要キーワードで浮かばれようか。

むろん名前にもよります。
交際範囲の狭い私がウェブで知り合った中で、アルファベットのHiroさんは男女5人くらいいます。こういう人々のページが名前で上位に行くのは至難の極みでしょうね。

あまりに平凡な名前は印象が薄くてすぐに忘れられ、かといって奇矯な名前もナンダカナアって感じ。
ウェブデビューに際しては、短めで、読み間違えようがなく、覚えられやすく、適度に珍しいハンドルネームを用意するのがよろしいと思われます。

Runoという名はロシアあたりに多く、英語圏ではめったに見かけないようです。
ドメインを取得するとき、runo関連は選択外でした。ロシア人に先を越されたからではなく、runoを捨てて別の名に変えようと思ったのです。
が、ちらほらとrunoで検索する人々がいて、そこそこ名が売れつつありました。フィンランド人(フィンランド語でrunoはポエムのことと、とあるフィンランダーが教えてくれました)やロシア人のみならず、世界中にruno求ムの気運が盛り上がっていたのです(オーバーな)。

私の名で検索して来る人は日本にはまずいませんが、外国ではどこで聞きつけるのか、名前が多いんですよね。Google八分もあいまって、一般ワードよりも目につくという事情もあるのでしょうが。
先日久々にrunoをぐぐってみたらば、関連検索に"runo doll"が追加表示されていました。うーむ、こういうのは一定数の検索事例があれば出てくるのであろう。
そういえば検索窓に『柳腰』と入力したら『柳腰亭』が候補語句に挙がってきたことがあったけど、いつの間にか消失しました(Yahoo窓では出るみたい)。実際に『柳腰亭』と検索をしてうちに来る人はごくまれだから、どういう基準で候補が選ばれるのかは不明です。

質問掲示板で困ったちゃんに名前を騙られて迷惑して以来、Runo(日本版はルノ)名での投稿を禁じることにしました。その名で書き込もうとすると「ようこそルノさん」と拒絶メッセージ。
同名異人が来たらどうするんだ? 腹立てて帰るしかありませんね。掲示板はほとんど利用されないし、そうそうありふれた名ではないからだいじょうぶでしょう。
この業界にRunoはひとりでじゅうぶんだい、ワハハ(つまはじきでも、全然めげとらん)。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:41 | コメント(0) | トラバ(0) | ちょっとSEO