2016年12月31日

歯医者の不養生

人並みに歯医者嫌いのわたくしではありますが、嫌いで済まされないほど、口の中が情けないありさまになってきました。そして過去の治療に関して、二次カリエスのほかにも憂うべき事項が出てきたのです。

勇気を奮って、某歯科を受診しようと決めました。
ネットで評判を見ると、かなり低め。

もっとも、ネットの口コミが当てにならないとは承知しています。
口コミ運営サイト自体にいかがわしさが漂うとかはさておき、無知な患者たちに歯科医の腕前なんて判断困難です。せいぜい、受付の感じがいい、歯科衛生士が美人、先生が優しい、日曜もやってる、駐車場がある・・・。中には、待合室に好きなコミックが全巻そろってる、なんてことで高評価しちゃう人も。

にしても、そこの受付は失礼なものでした。
予約に際して名前を訊かれたので、「ルノです」(仮)と答えたら、「えーと、ルノですね」と、何か書き込んでいるもよう。少し経って「あ、ルノさまですね」と言い直し。

受付は手のすいたスタッフが適宜おこなっているようです。
経営上はそのほうが合理的です。受付担当者を常駐させておけば、事務処理はスムーズでしょうが、人件費も余分にかかるから。

まあまあ。気持ちを抑えて、初診の日。
診療椅子に座ると、やや若い男性が来て、口の中をのぞきました。私が「問診票にも書いたように、金属アレルギーが心配なんですけど」と訴えますと、何もせずに無表情で「少々お待ちを」と、引っ込みました。

ほどなく現れた中年男性・・・満面の笑みを浮かべ、もみ手をせんばかりのポーズが見え見えの院長先生でした。
そして、口の中の金属がいかに全身に悪影響を与えるかというような話を、とうとうと述べ立てるのです。うちはメタルフリー治療のみやっておりまして、患者さんにも、オールセラミックにして、アトピーや肩こりや耳鳴りが治った人がいっぱいいますよ。痩せたり、シミ、シワ、白髪が少なくなることもあるし、云々。私がシミシワ白髪だらけのデブとでも言いたげな。

なんとわかりやすい構図でしょ。

あの若造が「院長院長、銀歯だらけの客が来て、金属アレルギーを心配してますよ。ボロ服着てるけど、手首のロレックスはホンモノっぽいしぃ」などとご注進に及び、院長は「銀歯30本をセラミックに替えれば、1本10万として300万。これでCTのローンや飲み屋のツケを払って・・・ムヒヒヒ」と頭の中でソロバンはじいたのか(ほとんどモーソー)。

私が「ええ、でも、あの・・・」と、モゴモゴしていると、ますます熱っぽく顔を寄せてきまして、う、むっ。このセンセ、口臭つおーい。かつて歯科医の口臭でひどい目に遭った記憶が蘇ったのでありました。

口臭意識が低かった昔と違い、「口臭外来」を設ける歯科もあるのに、まだまだ無頓着な歯医者が多いんですね。
そういえば別のところで、コホコホと咳をしていてマスクから嫌なにおいの息がもれてくる衛生士に出会ったことがあります。一時的な症状だとしても、風邪をうつされないかとひやひやしました。

お口のプロでさえこうならば、一般人たるわたくしなんかすごくヤバいかもと、身を引き締めさせる効果はあるのですが、ちゃんと指摘してくれる人ってなかなかいないので、とりあえずの対策はせっせと歯磨きするくらい。

その院長先生は、患者に対してはにこやかなのに、部下を不機嫌に怒鳴りつけたりする、やけにむら気な人であることが、そこにいた40分程度で見て取れたのです。
これじゃあ、「院長、今日は仁丹お忘れでは?」なんて、冗談めかしても言えないだろうなと、同情してしまいました。

きっと単純な性格で、人間は悪くないようです。ここを選んだのは、メタルフリーを標榜していたからで、セラミックに関する技術には長けているに違いない、思い切って任せてみようか。と思案半ば。

すると、レントゲン画像を示しながら、「このさし歯は芯が長いから、取り外すとき歯が折れるおそれがある」とか、口の中を見て「ここの詰め物が半分外れている」などと、妙に不安を煽ることばっかり言うのです。むろんそこは外れてなどいません。
どうやら歯科医としての能力も危うい印象。

ようやく私が「それで、金属アレルギーの検査はしていただけるんでしょうか」と尋ねると、そっけなく「そんなの、どこの皮膚科でもやってるでしょ」

金属は危ないと言いながら、検査体制さえ整えていないなんて。
何しに来たかわからん。と内心ぼやきながら、その歯科医院を後にしたのでした。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:39 | 口内荒廃
2016年11月30日

歯医者くさい

歯医者さん大好き、毎日でも行きたい。なんて人はこの世に存在しないんじゃないでしょうか。
とは言い過ぎにしても、私も極度の歯科恐怖症。

昔の詰め物が外れたときは、やむを得ず、近所の歯科へ行きました。外れた金属を持参したら、お年寄の先生が、エアをシュッシュッして、再接着してくれました。

そのときは簡単に済んで良かったと安心したのです。
あとになって、蒼ざめたのでした。何十年前かの古い金属だから、その下では「二次う蝕」が進行していたはずなのです。確認もせずにつけ直すだけとは、なんたるヤブ医者。

その後加速度的に悪化しているのではとおびえつつ、どの歯だったのか、もはや覚えていません。
それくらいたくさんの虫歯治療跡があるのです。

新しい虫歯ができているのか、二次う蝕がどの程度はびこっているのか、自分では全く判断できないのですが、長年放置してきたのは、痛みがないから。
そういえばこれまでの人生で、歯が痛くて困った経験がないのです。

私の世代は「むし歯は早期発見早期治療」の洗礼を受けてきたので、最近なら経過観察で済ませるごく初期の変色であっても、小学校指定の歯医者に行かされ、ガリガリ削って詰め物をされました。

早めの処置が多かったせいか、歯医者でも痛い思いをした記憶はほとんどありません。

一方で、適切な歯磨き指導など全く行われず、結局虫歯だらけ。
詰め物は次第に大きいものに替えられ、いくつかは被せものに昇格し、抜髄も3本。それでも痛まずにやり過ごせたのは、じょうぶな歯茎と鈍感な神経のおかげかしら。
親知らずは4本とも抜いたけど、腫れも出血も軽微で、出された鎮痛剤も飲まず、すぐに快癒しました。

なのに、なぜ歯科恐怖?

そりゃあ、印象が悪い。

「印象」って言葉、このごろの歯医者では、あまり聞きませんね。患者にわかりにくいからでしょう。「型取り」などと説明しているようです。U字型のトレイに粘土みたいなものを入れ、歯列にかぱっとはめて、固まったらうにうに取り外すっての。

十代の終わりころ、矯正歯科に通って、何度か印象採型をされました。それがもう苦痛で苦痛で。すぐにオエッとなる体質なのです。
すぐに固まる材料ではあるけど、口を開けたまま吐き気をこらえていると、永遠の長さに感じられ、涙がボロボロ流れます。

あるとき、特に気分が悪くて、舌が勝手に動いてトレイを押しやろうとするのです。はめるのに何度も失敗した中年の男性歯科医がいらだち、「このくらい我慢しなきゃダメじゃないか。さあ、落ち着いて、鼻で大きく息を吸って」と言いながら、全身の力でトレイを押し込んだのでした。観念して鼻呼吸したとたん、うぎゃー!
医者の顔がすぐそばにあり、ものすごい口臭をまともに吸い込んでしまったのです。

オエッどころか、ゲロゲロ。

たいそう悲惨な結果になり、ずっとトラウマとして残ったようですが、具体的なことは思い出せません。脳の防御作用、かも。
当時マスクなんてしてる歯医者はいなかったなあ。あれほどの悪臭では、どうせ無駄だろうが。

結論:くさい歯医者は犯罪だっ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:43 | コメント(2) | トラバ(0) | 口内荒廃
2009年01月10日

舌かんじゃった

昔の時代劇では、捕らえられた忍者やてごめにされかかった腰元が舌を噛み切って死ぬシーンがよくありました。
舌を噛むと、人間そんなに簡単に死ぬものなんでしょうか。

以前聞いた話によれば、噛んだショックで舌が痙攣して奥に丸まり、気道をふさいで窒息死するのだとか。出血多量などではないんですね。

「噛み切る」というくらいだから、ちぎれるほどの激しい噛み方なのでしょう。よほどの覚悟と丈夫な歯が必要。惰弱な現代人には、まずもって不可能と思われます。
舌噛んで自殺てな記事、見かけた記憶はないし・・・。

ほっぺたの内側を噛んで血豆を作ってしまう人、けっこういらっしゃいますでしょう。

私はよっぽど噛みやすい体質のようで、舌やホッペ、唇の内側やら歯茎やら、歯の届くところならどこでも噛みまくって(歯茎は無理か)、血マメの絶えない生活です。

一度噛んだ部分はもっと噛んでと言わんばかりにふくらむから、2度3度と噛んでしまう。噛み癖がついちゃうんです。だから治りにくい。痛いし、違和感があるし、巨大血マメはしゃべるのにも差し支えるし、ときたま破れて口中に血の味が広がったりして。

どうして我と我が身を噛んでしまうんでしょう。

原因として挙げられるのが、老化と肥満。(え、膝痛と同じ?)
太っていれば頬の肉が厚くて歯に当たりやすいし、加齢により頬の肉がたるむと、さらに噛み心地アップという次第。

ほかには、食習慣というか、食べるときのマナーですね。ゆっくりと落ち着いて噛めば、がっついてかっ込むよりも噛む可能性は下がるでしょう。

つまるところ、自分を噛むなんて、下品でみっともない行為なのであります。

し、しかしですね。
焦って弁明を試みる。

私は眠っているときもよく噛むんです。夢の中でご馳走を食べているのかもしれませんが。
食事の最中でも、噛んだわけではなくちょっと当たったかなと感じた程度なのに、あとになって傷や小さな血豆を発見することがあります。とりわけ舌の両サイドや裏側がそんな目に遭います。
歯の縁が人よりも鋭いんじゃないでしょうか。オマエは吸血鬼か。

噛み癖とおさらばするのは困難でも、噛んだ直後にケアすれば、治りが早くなるケースがあります。
これには迅速さが不可欠です。

食事中に噛んだら、まずは口の中を空っぽにします。そこに入っているものがキャビアであれフォアグラであれ、潔く吐き出すこと。
そして冷たい水で口をすすぎ、ぬらした指で噛んだ箇所をマッサージします。指があったまってきたら別の指に替えて、なるべく冷たい指でひたすらこすり続けます。血管がふくらんで血液が集まってこようとするのを四方八方に散らすようなイメージを持ってやるとより効果的。5分くらい続ければよろしいでしょう。

これだけで、小さい血マメなら治まることがあるし、大きめのものでもふくらみを最小限に抑えてセカンド・バイトを防止できるかもしれません。だまされたと思って一度お試しあれ。

やったけど、ダメだった?
それはきっと、取りかかるのが数秒遅かったか、程度のひどい噛み方だったせいでしょう。どぞお大事に。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 14:21 | コメント(6) | トラバ(0) | 口内荒廃