2007年02月03日

ブタはブタを呼ぶ

ラリーのページで紹介したブタの壁飾りは、私がピンク・フェアリーズのファンだと知る人が買ってきてくれたものです。フェアリーズのトレードマークはピンクの豚でして。

豚が空を飛ぶ構図はピンク・フロイドにもありました。The Wallだったかしらん。いや、Animalsだった。

イギリス人がブタを飛ばすのを好きなのは、慣用句 "Pigs might fly"(そんなことありえないよ)に基づくのでしょう。
日本語ならさしずめ『ブタもおだてりゃ木に登る』ってとこ?

我が家の壁にブタが飛んでいるのを見た人が、私を豚好きだと思い込んで、こんな豚の置物をプレゼントしてくれました。
豚カップル
イタリア製の焼き物で高さ3.5センチ。小さいながらもひづめや毛並みなど細部まで凝っています。
な、なんだかこれって・・・。
いえいえ、なんとも幸せそうな表情ではありませんか。ブタに生まれて良かった〜〜〜って感じの。

それを机に置いていたら、別の人から、おなかがトレシー(眼鏡拭きなどに使われている布)でできたブタのぬいぐるみをもらいました。パソコンの画面を拭いたり、キーボードを打つときは肘置きにしていたら、哀れぺちゃんこのヤセ豚に・・・。
その後眼鏡拭きはお肌の汚れも落とすと聞いたので、洗顔スポンジに変身し、ぼろぼろになってゴミ箱へ。

ブタが好きってのは誤解なんですけどねえ。私には豚のイメージが似合うらしい。

このごろはブタブームだそうで、白いフリースでブタのぬいぐるみを試作しました。体長27センチ。
白豚
白黒ブタ
シルエットや鼻の作りなど、まだ改良の余地があります。このごろのブタは大きな耳が好まれるようですね。
なお、横っちょにいるのはPちゃん
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 20:25 | コメント(3) | トラバ(0) | 人形・ぬいぐるみ
2007年01月31日

スランプ♪

とある人が、10まんえん出すから人形を作ってくれ、と。まあ、なんと物好きな。
「もっかスランプで人形を作る気になれない」と2行で断りました。

ああ、そうだったのか。
自分でスランプと書いてしまったおかげで、今の状態をスランプと呼ぶのが適切かもと自信が湧いたのでありました。

とにかく人形を作るのがイヤでイヤで・・・。気が乗らないから時間がかかってしょうがない。
少しばかり順序にこだわる面があるので、ほかにやりたいことがあっても、これを完成してからでないと取りかかれないと制限をかけてしまって、結局何ひとつはかどらないありさま。そしてグズだからこうなるんだと自分を責める。

スランプのせいにしちゃって、今は作れない時期なんだと開き直れば気が楽になって、ほかのことを優先しても罪悪感が薄れるのではないか。そうこうしているうちに、人形を作りたい気分も戻るであろうと期待しよう(その前に干からびたりして)。

スランプなんてカッコいい言葉を使えるのはそれなりの大物だけだよ。せめてもちょっと研鑽を積んでからにしろよ。
・・・確かに。でも一度言ってみたかったの、スランプだーって。

そういえばしばらく前、パソコンを使うのが鬱陶しくなった時期があって、『パソうつ』と名づけて自己満足しておりましたな。
要するに、サボるための言い訳を見つけ出す能力に長けた人なんだ、わたくしは。

今ではパソうつもほぼ治まったけど、こうやって日本語を打っているとしばしばぶり返しそうになります。IMEって健康に悪影響を与えるんですよね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:44 | コメント(0) | トラバ(0) | 人形・ぬいぐるみ
2006年11月09日

ブラが小さい

セキュリティソフトのアタ"ルトブロック機能をオンにしてみました。どうせそういうジャンルは見ないし、連日発射されてくるトラックバックスパムのURLをうっかりクリックしても安心、と。

ところが・・・!
私の下着サイトまでが表示を拒絶されてしまいました。

私が見ようとしたのは管理人専用の非公開ページで、文章はゼロです。つまりページごとに内容をチェックするのではなく、そのユーザドメインに丸ごとブロックがかかっている・・・すでにアタ"ルト認定されていたってこと?
うちのどこが問題なんだ。ヘンな写真はないし、ヘンな単語も使ってないでしょっ。いったいどんな基準でフィルタ作ってんだ。プリプリ怒って設定解除。

こうなりゃやけっぱちだ、ぬぬうううど写真を載せてやるぅ。
新進メイドのニナ嬢です。身長150cm。
等身大少女ドール
でかプリン?
後姿
やたらと大きなおメメの幼い顔立ちと裏腹なおおぢちは非常にアンバランスです。ま、世の中にはそーゆーのを好む人々もいるだろう、と。
写実的な顔や大人の等身大人形を作る予定はありません。顔がリアルだとブキミになりそうだし・・・。

ほかの幼児人形たちとの大きな違いは胸のあるなしです。
胸の作り方はマーメイドと同様ですが、上半分がなるべくシャープになるよう削り、トップをつまんで糸で縫い絞りました。型崩れしにくいように、わたをみっしり詰めています。トップの色づけはレブロンのピンクのシャドウ。

もっとも、大きいといっても、バストは83センチしかありません。アンダーバストが64センチ。理論上、ブラジャーのサイズは65C。
ランジェリー売り場で「65のC? 試着なさいますか」と店員の視線がチラチラと私の胸元に。「いえ、頼まれ物です」と焦って言い訳。65Cの実物はどうも小さ過ぎるような気がしたけど、取り急ぎデザイン違いで2つ買って帰り、人形に当てたら、あ、やっぱり、完璧にはみ出る。カップの縁が乳首まで届かないのです。
なぜだあ。改めて分析したら、トップバストとアンダーバストのサイズは合っていても、アンダーからトップまでの距離がダンチなのでした。つまり乳房の裾野が広く、丸みがなだらかすぎるようです。ま、世の中にはそーゆーのを好む人々もいるだろうと。

しかたなく再度下着店を訪れ、今度は70Fを購入。大散財ぢゃ。埋め合わせにCカップが入る人形を作らなきゃ。
ちょっと浮きますが、こんなもんでしょうか。ストラップはだいぶ余ります。
ブラとショーツ

顔は手描きで、鼻に厚紙を入れています。人形の水洗いは不可です。
かつらは取り外しできます。もつれやすく抜け毛が激しいので、根元を水溶性ボンドで固めました。これも水につけると収拾がつかなくなりそうです。

ボディは土台を縫ってわたを詰め、コットンストレッチ布でカバーをかけるという方式ですが、伸縮性が弱いので多少無理があります。起伏のある頸や胸の谷間、折り曲げる関節部分でのしわやたるみはご容赦くださいませ。
伸縮力の強い化繊(ツーウェイなど)を使うことは何度か検討しましたが、適当な色がないこと、土台にぴったり沿うと縫い目が透けたりデコボコが目立つなどの欠点により実現に至っておりません。

ヒップは抱き人形タイプで、肘と膝には布関節
足首に関節はありませんが、曲げ伸ばしをしやすいようにストレッチ布で切り替えました。その部分はちょっと段差が感じられます。
立つことはできません。
手の指には針金が入っています。

なお誤解のないように申し添えますが、これはあくまでも飾って楽しむ着せ替え人形です。特別な機能は持ち合わせません。むろん足の親指と親指の間にあなたが期待するようなものは何もありません。
ディスプレー用マネキンとか、喫茶店のマスコットガールなどにいかがでしょう。

よろしければメイド服を着た写真もご覧ください。
また大きいのを作ったら、等身大人形のページに載せる予定です。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 20:48 | コメント(0) | トラバ(1) | 人形・ぬいぐるみ