2016年07月30日

ウェブはやっぱりカネ次第

あるとき、「ライター募集中」という勧誘メールが来ました。
ライターというものがどういう仕事をするのかよくわからなかったけど、自分のブログさえ書けない現状では、よそ様の文までとても手が回らないと思って、さっさと削除。

その件が頭に残っていて、数か月後『副業ライターのはじめ方』という本が目に留まり、読んでみました。

人形は売れないし、広告収入は低迷しているし、もはやなりふり構わずたつきの道を模索するほかないありさまなので、『誰でもなれる』『リスクなし』『初期投資なし』といった煽り文句にはそそられます。
ライターは今や『インターネット上の代表的な副業』なのです。不安定なアフィリエイトと違って、書けば書いただけ収入が入るという確実性が魅力らしい。

その本には、ライティングにはどんな仕事があるのか、それぞれどの程度儲かるのか、難易度や向き不向き、仕事の選び方や注意点などが詳しく記載されています。

初心者におすすめなのは「リライト」という仕事だそうな。
それを読んで、私はショックを受けた、いや、ムカッときてしまったのでした。

リライトというのは、発注者から提供された「元記事」を書き直すことです。内容は同じまま、言葉や表現方法を変え、通常は文字数を増やして納品します。多少の文章力や語彙力は必要ですが、自分で一から書き始めるわけではないので、慣れれば機械的にすいすい仕上げることができるようになります。
一記事が500文字程度で、単価は100〜300円くらい。

企業はどういう意図から、そんな作業にカネを払うのか。
文章を変えるのは、記事が同じものであると検索エンジンにばれないようにするためです。ひとつの記事を、何十人ものリライターに書き換えさせ、それら記事からリンクをはってウェブにばらまけば、相当数の被リンクを得られます。検索率がアップするわけです。

ウェブ上には、そういった1個100円の増殖クズ記事が無数に浮遊していることになります。

そのせいで、すべて自分で考えたオリジナルの記事や文章を、ほんのひとつずつ地道にアップしている良心的なサイトやブログが埋没し、検索されず、人が来なくなるという、恐るべき事態が発生しているのです。
良心的な発信者のひとりであるわたくしも、あわれな被害者でありますが、良心的な私のサイトに出会う機会を逸失したウェブ利用者も、ある意味被害者ですってば。

もともとは、検索エンジンが良質なページをより多くの人に見つけてもらおうと、あれこれアルゴリズムを研究していたのです。
それを逆手にとって画策したのが、品質はさておき大勢の人に来てもらって儲けたい業者たち。そこへ、ちょっとしたおこづかい稼ぎを狙う素人ライターが群がるという構図。
グーグルとて、ペンギンやパンダを投入して対策を講じていると聞きますが、しょせんいたちごっこでしょう。

もちろん私は、飢え死にしたって、リライトなんかに手を出すつもりはありません。
渇しても盗泉の水を飲まず、といえばかっこいいが、実は人の作った文章を手直しするだけってのは、性に合わないというか、矜恃にもとるというか、ワハハ。

ラブクラフト(H.P. Lovecraft)は不遇の生涯を送った怪奇小説家です。
自分で書いた小説が売れないので、ほかの三流作家がものしたヘタな作品を手直しして、どうにか読ませるものにするといった仕事で生計を立てていました。そういう作業は、おそらく彼のプライドをじわじわと傷つけていき、命を縮める一因となったようです。

たとえ内容がヘンでも、文章がまずくても、わずかな人にしか読まれなくても、自分の手で独自のものを作り上げてこそ、ウェブにかかわる意義がある。ということにしておきます。はいはい、自己満足ですわよ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 18:09 | コメント(0) | トラバ(0) | サイト運営
2014年03月29日

カメラを隠せ

私のウェブ活動のメインは、自作の布人形やぬいぐるみなどの展示です(いちおう)。

英語版に画像投稿掲示板を置いている関係で、各国の手芸愛好家から手作り作品の写真をいただく機会があります。

ある日それら写真をじっくり見て驚きました。日本のメーカーのカメラが大半を占めているのです。
ニコン、ペンタックス、ソニー、キャノン、オリンパス、カシオ、パナソニック、フジ・・・。サンヨーてのもありました。

衰退したかに見えた日本の技術力はまだまだ健在なんだ。
あるいは、うちへの訪問者って、日本びいきになる比率が高いのかしら。
つまり、ルノさんは日本人でとてもいい人だから、日本製品も優秀に違いないという論理。

なあんて独りよがりで満足しとる場合じゃないだろ。

写真1枚送っただけで、使用しているカメラがバレてしまうなんて、いささか問題と思いません? メーカーや機種だけでなく、撮影日、絞りや露出、測光モードなどもわかります。

私はウェブ上に数千枚の写真をアップしていますが、その中にはカメラデータ丸見えの写真が多数あるということです。

カメラのデータが他人に見えたらまずいのかと問われれば、ちょっと答えに窮します。
自ら暴露すると、私のカメラは、初代と2台目がオリンパス、現在はパナソニックです。通常はフラッシュ禁止で撮ります。

しかしながら個人情報である以上、伏せておくのが無難でしょう。
写真を見る側も、そんなの知ったって得にはならぬ。こういうふうにブログネタにする輩もまれにはいるが。

私の写真にはデータ丸見えが「多数ある」と書きましたが、それは徐々に減らしているつもりです。

というのも、スマホで撮った写真を公開すると、そこに含まれる位置情報などで住所を推測されるおそれがあるという記事を、何年か前(2台目カメラのころ)どこかで読んだのです。
我が安物カメラはさすがに位置情報までは持たないようですが、エクスプローラーにカメラデータが表示されることは、少々気になっていました。

もともと私は、撮った写真をウェブページやブログにそのまま載せることは、まずありません。

撮った写真をいったん画像エディタに読み込み、修正・縮小・トリミングなどを施し、別名で保存したのちにアップロードしていました。
jpgファイルを保存しなおすと画質が劣化することは知っていますが、オリジナルのままでは見るに堪えない写真ばかりだしぃ。

その加工方法では、別名で保存した写真もカメラ情報を引き継いでしまうのです。

だからやり方を変えました。
加工した写真をコピーし、画像ソフトで新規作成した空ファイルにペーストして保存。これでカメラ情報は消えます。

もっとも、私はしばしば古いファイルを再利用するので、うっかりデータを残したままというのも見受けます。

神経質になるほどの事柄ではないのは承知しています。
ところが最近になってもうひとつ気づきました。カメラデータは重い、と。

480×640px程度の同じ大きさ、同じ品質の写真なら、カメラデータのあるなしで、ファイルサイズに数キロから数十キロバイトの差が出るのです。
よけいな情報がくっついている分ファイルが太るのは納得できるとしても、これほど違うとは。

動画を見るほうが多い昨今、画像ごときの重さにこだわる人は少数だとは思いますが、何千枚となると無視できない数値になりえます。
なにせうちのサイトは有料サーバ。(実はそのサーバ、次第次第に最大容量が増加していって、結局数パーセントしか使ってないんですけどね。容量アップより値下げしてほし〜。)

私がインターネットを始めたのは、アナログ電話回線の時代でした。
当時のサイトオーナーたちにとって、「ページの軽さ」は至上命題であって、激重ページは訪問者があっさり逃げると忠告されました。私も常にケチケチちまちまと、小さな画像を使い、へんてこなJavaには背を向けて、吹けば飛ぶよなページ作りを心がけたものです。

人より遅れてブロードバンドに切り替えてからは、反動もあってか、巨大画像をばんばんアップするようになりました。

しかし、その後また事情が変わってきました。
レトロな構成の我がサイトにも、携帯端末からの訪問者が増えてきたらしいのです。

スマホも持たない、モバイルサイトも持たない私には、パソコン用に作った自分のページがどのように表示されるか、見当もつきません。17インチディスプレーにさえ収まりきれない画像が、あのちっちゃなスマホ画面でちゃんと見えるだろうか。
回線トラブルについてもけっこう耳にするし、普段の速度だって光にはかなわないんじゃないかな。

つまるところ、「軽いページ作り」は普遍的に尊重されるべき課題でありました。

そういうわけで、重くて大きな画像を小さめに作り変えるという作業を、ヒマな時に少しずつ行うことにしました。

それにしても、自分の画像をすべて自分で持っているわけではないのは困りものです。
なぜだか私の画像は海外のあちこちでパクられています。中には、こんな古くてピンボケの画像を・・・とこっちが恥ずかしくなるケースも。
ちゃっかり直リンクであればコントロールできるけど、ダウンロードされたものは調べようもなく、永遠にカメラ情報がついたままになるんでしょうね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:11 | コメント(0) | トラバ(0) | サイト運営
2012年01月27日

三方一両得

自分で作った人形やぬいぐるみを売ることもありますが、私のようにとろい人間にとって、手作り品の販売は売れば売るほど赤字がふくらむのが実情だから、積極的に売り出しはしておりません。

それよりも、作ったものを展示したり、作り方や型紙を載せて人を集め、広告収入を得ることを主体にしたいところです。

型紙はすべて無料でダウンロードできるようにしていて、このことが国内はともかく、海外では好評を博しています。
というのも、あちらでは型紙は買うものであって、自作の型紙を売る個人ビジネスがたいそう盛んです。
型紙がタダであるのに加え、それを使って作ったものは自由に販売してよろしいとサイトに明記しているとあって、私は「世界一generousなアーティスト」と(一部の人から)絶賛されています。

そんなに盛んなら、型紙販売に参入すれば、多少なりとも収入の足しになるではないか。
その予定はありません。根がものぐさだし、「売る」という行為に精神的重圧を感じる人間なので、結局引き合わないと思うのです。

ウェブにアップした型紙はデジタルデータなので、無限増殖が可能です。得た人はメールに添付して友人に送ることもできます。
うちからタダのものを取ってきて販売しようとたくらむ輩が現れるのは当然ともいえます。
欧米には著作権意識が浸透していますが、発展途上国ではその概念さえ生まれていません。道ばたに落ちている空き缶を拾ったり、誰でも立ち入り可能な山できのこを採集したりして売るのとどう違うんだと開き直られれば、ちょっと返答に窮したりして。

2年余り前、「あなたのサンタ人形の型紙を売っている人がいる」というメッセージをもらい、そのことを英語ブログに書いたところ、かなりの反響がありました。そのサイトはetsy.comといいますが、コメントの多くは「あなたはetsyとコンタクトすべきだ」というものでした。
しかしほうっておきました。当該ページをじっくり見なかったので、etsyという中国人が開設したサイトだと早とちりしたのです。そんな相手にメールアドレスやIPアドレスを教えるなんてまっぴらですからね。

その後、etsyは素人でも手軽に手作り品を売り買いできる場を提供する会員制サイトだと知りましたが、とにかくかかわり合う気はありませんでした。

昨年のこと。「あなたのダックスフントの型紙がetsyで販売されている」という情報が立て続けに寄せられました。
実を言うと、こういう善意の密告はいささか迷惑に感じます。それに気づいたアナタがさっさとetsyに報告してくれたらありがたいのにさ。この要求がお門違いなのは承知していますが、なにぶん英語を読み書きするのが面倒で面倒でたまらないのです。

今回は渋々ながら、etsyに苦情を申し立てることにしました。
ところがコンタクトフォームからの送信は、会員登録しないと受け付けないのです。これだからかかわりたくないのよね。苦々しい気分で登録して、「お宅のメンバーにドロボーがいる」と書き送りました。

etsyからはすぐに返信が届きました。長々しい定型文です。
翻訳ソフトで訳したら、「著作権侵害の申し立ては、被害者本人がポリシーページをちゃんと読んで所定の様式で送れ」「あなたが本人でないなら、本人に知らせればよい」みたいな内容だと判断されました。

ああ、なるほど。私に知らせてくれた善意の人々は、先にetsyに届けて、同じ定型メールを受け取ったのかも。

私はポリシーなど読む気になれず、とりあえずメールを送りました。「私は本人であるが、英語が苦手だから、複雑な手続きには耐えられない。ドロボーの放置はあなたの損害になることだから、自力で調査して対処してほしい」
その後etsyからは、音沙汰なしです。

私は著作権を侵害されてもどうってことないのです。むしろ私の型紙が優良だから有料で売る奴もいるのさ、と自己満足。
買った人はこんないいもんがたったの1ドルだなんて♪、と喜ぶ。
ドロボーさんは濡れ手で粟だからウハウハ。
誰も損をしない不思議な犯罪でありまする。

そりゃあ、そんな理屈が通ると本気で思っているわけではありません。
不正な手段で稼いでいる人を見た人々は、不愉快でしょう。
第一、買った人が真実を知ったら怒り心頭。でもね、それは世界一のアーティスト、Runoの存在を知らなかったあなたの罪です。1ドルは罰金だとおあきらめなさいませ。

ともあれ、私個人はこういった事態を深く憂慮する必要はないと考えています。
ウェブの口コミを甘く見ると怖いぞー。軽い気持ちで不正を行う素人は、遅かれ早かれ悪評を広めて自滅するに決まっています。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 10:02 | コメント(0) | サイト運営