2008年03月25日

身から出たさび

「このページはしょこたんとはなんの関係もありません」
そう書いた瞬間から、しょこたんに関連した内容だと見なされるのがウェブのパラドックスです。
「見なす」のは誰か? むろん、検索エンジン。

常識的に考えて、無関係なワードは何百万と存在します。ことさらに「無関係」だと取り上げた時点で、なんらかの選択が働いているのであって、すでに無関係ではないということは、人間だって判断がつきます。

だからして、私がいくら「脱パンティ、脱スカート、脱女装だ、今後は深遠な哲学ブログに衣替えだいっ」と叫んでも、こうやって打ったパンティというコトバが、ぐわしと頸を絞め、ますますパンティと関係が深いブログになってしまうのでした。

そもそもパンティのどこが悪いのか。
単に私が俗物だから、哲学はパンティよりもカッコイイという思い込みに固執しているだけです。
しかしパンティだのなんだのと書いてそういうブログにしたのは本人の意図で、これはもう自業自得、身から出た錆と言うほかないでしょう。

そういうわけで、哲学への衣替えはあきらめ。
せめて開設以来お初の模様替えで気分を改めるとするか。うーむ、拒絶的な色合い。

で、しょこたん。
メジャーなキーワードなら、いくら連呼してもそれで検索される心配はないという目算でした。
が、無意味にぽろんと持ってくると、ワードサラダの危険が忍び寄る。真面目にしょこたんを語ります。

去年だったか、この「しょこたん」って、よく見かけるけどいったいなんだろと疑問を抱いたのです。

ならば検索すれば済むのに、気が乗らないというか、そうまでして知りたいわけでもない。
ひとたび検索すれば、履歴として残るのですよ。履歴は時間が経てば消滅するし、急ぐなら手動で消すことも可能です。
だけど記憶に刷り込まれた履歴は、自分ではコントロールできません。あの時しょこたんを検索したんだったなという思い出は、背後霊のようにとりついて不眠の原因となりかねぬ。

いや、その、しょこたんがハレンチなワードとまでは思ってなくて、人気CMに出演するワンコか何かかなー、と。いずれにせよ、はやりものを検索するのは、やはり私にとって決まり悪いことでした。

ヘンな言葉の組み合わせでわがサイトを訪れる人々は、もしパソコンが盗まれたりしたら恥ずかしい、なんてこと考えたことないんでしょうねえ。そういう人々はきっと、無防備に入れたファイル交換ソフトからいろんなものを流しているんでしょうねえ。

あるとき知人との話のついでに尋ねてみました。「しょこたんって知ってる?」
相手も私とどっこいどっこいの世間知らずですが、テレビくらい見ているから、その程度の知識はありそうな気がしたのです。

すると彼女は、それはああでこうでと詳しく説明してくれました。
想像とはかけ離れていて、なんか違うみたいだったけど、反論する材料もなく、その場は丸め込まれ半分で納得。

後日判明したのですが、彼女が力説してくれたのは「ショタコン」でした。
全然関係ねーじゃんか。

この話はメールなどではなく口頭でなされたもので、見間違いとかそういう要素が入り込まないわけですよね。
ひょっとしてわれわれは漫才コンビが組める? んな、ボケふたりで漫才ができるか。


付記:
文中で「拒絶的な色合いの模様替え」について触れていますが、この日、ブログデザインを淡いグレー系から、真っ赤と黒の背景に白文字という、かなりゴシックな雰囲気に変えたのです。
しかし短期間で挫折し、淡いピンク系に再変更しました。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 18:51 | コメント(9) | トラバ(0) | サイト運営
2007年11月04日

有為転変

いくつかブロークンリンク(デッドリンク)にぶち当たったのを機にリンクチェックをしました。去年の引っ越し以来だから1年ちょっとの間(なかなかまめです)。
今回もつながらないケースがだいぶありました。
ああ、とうとう・・・と納得したり、えーっ、あのすごいサイトがなぜ・・・と驚いたり。
たまたまサーバーダウンだったのかどうかは、キャッシュや被リンク検索などで判断することもありますが、おおむねスパッと削除します。

閉鎖のお知らせを掲げてトップページのみ残しているのは律儀なオーナー。
かつてお世話になったサイトが行方知れず。わずかな痕跡を頼りにたどり着いたら・・・「探さないでください」と巨大フォント。What happened to her?

更新が止まって4、5年放置中のサイトも多数見受けます。更新しなくても価値ある内容ならそれでもいいのですが、管理人さんが削除し忘れたように見えるものについては来年あたり再考の要があるでしょう。
ホームページは何年もほったらかしてブログは毎日更新てな人もいます。と、ときにはリンクチェックしてくれー。

思えばインターネットに足を踏み入れて8年、あっちうろうろこっちちょろちょろ、移転、改題、改名等、試行錯誤を繰り返してきました。憤慨し、ぼやき、ため息をつき、それでも途切れることなく運営を続けている私は恵まれているのだと、感謝をあらたにしています。
長く続けるコツは「自分第一」「他人に期待しない」「しばしば義理を欠く」等々でしょうか(何が感謝だ)。

以前常連さんお断りを書きました。
訪問者が少ないと、好きなことを書けて気楽に運営できるというメリットもあるのです。ただしそういう境地になるまでには年月を要しました。

幸いにして私のような人ばかりでないので、ウェブは繁栄を続けています。その陰には人知れず去っていった数多くの人々が・・・。

ウェブから消えた人々にはそれぞれ個別の事情があったことでしょう。
本業が忙しくてウェブどころではないのなら、ある意味うらやましい。
でも完全撤退に至るケースでは、人間関係の軋轢が少なからず影を落としているようです。

ウェブ上に自分のスペースを持ち、そこにデータを置いているからには、他者に来てもらわなければ意義が失われます。
訪問者との交流が運営の原動力となるのです。友達作りを最大の目的としてブログを開設する人々は大勢います。

mixiなどのソーシャルネットワークサービスが隆盛を誇っているのは、交流をサポートするシステムを作り上げたからでしょう。
知り合いたい、かかわりあいたい、友人を増やしたい、賞賛されたい・・・欲求はエスカレートしてきます。自分がされたいことは人にもしてあげなければなりません(黄金律)。

内気で人付き合いが苦手な人が無理やりそのレールに乗っていると、重荷となって疲労がたまってきます。
社交的な性格でいつも座の中心人物として活躍していた人でも、ちょっと言動が過ぎたり、行き違いから交友関係をこじらせて敗退することもあるようです。ブログや日記などはその構造上、いとも簡単に交流から攻撃への手段と転じます。チヤホヤされることに慣れてしまうと、無視されただけでも痛手となりますし。

他人と極力かかわらずにいれば、トラブルも少ないかわりに面白みも減ります。
ケーキを食べてしまってまだ手元に残すことは不可能です。どちらを取るかは本人の気質によりますが、大過なく続けていくためには、交流を犠牲にする勇断も必要です。
不和よりも孤独のほうがましじゃありませんか?

交流のお返しが少なくて、「不義理な人」とか「ずうずうしい人」などと思われたとしても、積極的に非礼を働くのでない限り、あからさまな非難を浴びることはないものです。せいぜい見捨てられる程度。
引っ越したのに気づいてもらえず、リンクがいつまでもそのままという憂き目もありますが、それがなんだってんだ。

だれもあなたのことなんか考えていない』(ロジャー・ローゼンブラット)という本にありました・・・『みな自分のことしか頭にないのです──ちょうど、あなたのようにね』
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:55 | コメント(0) | トラバ(0) | サイト運営
2007年04月07日

管理人って

遅ればせながら報告しますと、今年1月からハンドル(ネーム)を変更しました。
ローマ字からカタカナになっただけなので、変更のうちには入らないような気もします。むろん英語版ではアルファベットだし、ほかに漢字やひらがなも存在してルノ系は計4種。ゴチャゴチャして人迷惑かもしれません。私としてはどんな表記でもOKということにしたかっただけですが。

久方ぶりに訪ねたらサイト名やURLが変わっていたというケースはよくありますが、ハンドルの変更もたまに見受けます。その時点ではお披露目をしたのでしょうが、すでに新しい名前が常連さんたちにはなじんでいて、変更の理由が特に書かれていなければ憶測するのみです。

「まゆ」から「渡嘉敷」へ・・・一目で女性とわかることを回避したかった?
「Mr山橋」から「コジロウ」へ・・・もっと親しみを持たせたくて?
「大魔王」から「小魔王」へ・・・浮世の荒波にもまれて謙虚さを身につけた、とか?

管理人の名前がどこにも記載されていないサイトを見たことがあります。充実した内容で、運営暦も長そうで。
掲示板などでは「管理人さん」と呼ばれて、別に不自由はないようです。
ちょっとハードボイルドでカッコいいじゃありませんか。

うわべだけ真似てもしょうがないのに、このごろはコメントなどで「管理人」と名乗るようになりました。

で、ふっと思った。管理人ってなんなの? 何する人?
当然、管理する人でしょ。管理するからにはそれなりの権限が必要です。
自ら管理人と名乗るのは、なんだかエラソーに見えたりしない?

それは「管理者」もしくは「管理職」からの連想ではありませんか。管理者と管理人はほぼ同じです。でもなんとなく管理者は「管理職に就いている人」的イメージ。
ヒラから見れば管理職は威張ってるけど、上層部から部下の管理を命令されているだけです。けっこう苦労が多いんですよ。

「管理」とは「そのものが望ましい状態を保つように、必要な手段を使ってとりしきること」などと辞書にあります。「そのもの」つまり何か特別なものについてのみ行為を及ぼす権利と義務を持つのです。

「管理人」と名づけられた人の業務は主に「他人のもの」の管理です。委託されて、任されて、命ぜられて行うのが普通です。

サイトにおいてはオーナーが管理人を兼ねるのが一般的です。
自分のものを管理することは重要だし、誰しもやらねばならぬことですが、それをするからってわざわざ「管理人」という呼称を使うのは変な感じ。
一方、自分で作った自分のページでも厳密には場所を借りていることが多いから管理人が妥当かな、とも思います。
適切な管理を怠ってサイトが荒らされたら、他人に迷惑をかけることにもなりうるのですから。

とまれ「オーナー」よりは「管理人」のほうがまだ親しみが持てるみたいだから、その呼称が広まったのでしょうね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 20:35 | コメント(5) | トラバ(0) | サイト運営