2006年05月21日

変更ありがとう♪

だーれも読まないブログなど書いてるヒマがあれば、引っ越し通知メールの1通も出せばいいものを・・・。

で、でも。
まだ引っ越し作業が完全に終わっていないのです。しかもこの期に及んで、予定になかったハンティ移転を検討し始めました。もう収拾がつかない状況です。

通知は当面出しません。
お気づきのかたはどうか勝手に変更してくださいませ。

私は普段から怠惰で人付き合いが悪いから、訪問してもらえない=気づかれないんですよねえ。自業自得です。

一番に変更してくださったのは、はなさんではないでしょうか。ありがとうございます。
感謝のリンク。>> お人形のハナブン

もうひとりサンクス・・・Yahoo!
ブラックホールから抜けるためにせめてひとつふたつは変更依頼を出そうと、一番億劫な気がする英語版Yahooに行ったのです、昨日。
ついでにサイトの変更や推薦方法の現状を調べてABCの更新ネタに・・・と、転んでもただでは起きぬ。

なんでYahooが億劫かというと、過去2、3回URLの変更依頼をしたのに無視されたから。

するとディレクトリから私のサイトが消えている。・・・いや、よく見たらありました。並び方がアルファベット順から人気順に変わって、ビリッケツに落ちていたんです。(T_T)
そのビリサイト名Boy Dollsの下に、なんと、新しいURLが載っているではありませんか。目をぱちくり。そんなにこまめな保守点検をしてくれるディレクトリだったとは。

旧ページに移転のお知らせを載せて10日目。ページがなくなったとか、自動的にジャンプさせているならロボットによる探索も可能でしょうが、新サイトへのリンクをはっただけです。こういう変更は人の目でないと無理なのでは?
解析ログを見たら、前日の朝corp.yahoo.comというホストでアクセスがあり、新ページをチェックしたようです(ユーザーからの通報システムがあることを後日知りましたが)。

ともあれ変更依頼を出さずに済んだのはありがたい。
欲を言えば、保守だけでなく非営利カテゴリの充実も図ってほしい。登録サイト数は減る一方で、今やカテゴリ自体の人気が低下しているのです。それに私のサイトがビリなのは、コメントがボロいからだー。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:11 | コメント(2) | トラバ(0) | サイト運営
2006年04月27日

フォーム送信

もっか引っ越し作業に大わらわ。

新たなコンテンツを追加するわけではないので、現存ファイルをそのまま送ってしまえば済むことではあります。が、せっかくファイル整理とサイト構成見直しのチャンスである引っ越しに際し、過去のグチャグチャを引きずるのは気持ちが悪いものです。前回の引っ越しでだいぶ整理したつもりだったのに、今となれば不備がいっぱい。

ページ修正の合間に、CGIのテストをしました。掲示板は後回しでいいけど、メールフォームはページに組み込むため、最初から必要です。
これが何度やってもエラーになる。入力確認画面までは行けるけど、送信ができないのです。なぜここで404なんだ、いったい何が悪いんだ〜と、必死で調べてやり直してもダメ。
5回くらい失敗して疲れたので、『さくらのFAQ』というウィキペディアを見たら、こんな文がありました(2chスレからの引用だとかで、これは引用の引用)。
一回、鯖上のCGIもローカル上のCGIも全部消してごらん。
そして、コーヒーなりお茶なりで一服してごらん。
落ち着いたら、もう一回CGIを落としてきて、
説明書きに書いてある通りに、何も考えずにやってごらん。

大混乱してるときには何やっても上手くいかないよ。
落ち着いてマターリと。
で、そのようにしたら、一発でうまく行きました。感謝。

そもそもメールフォームなんて掲示板などと比べるとシンプルで簡単だから、何をどうすれば失敗できるんだ・・・と笑われそう。

でも私がこれまで使ってきたハイホーというプロバイダは、送信プログラムが特殊で非常にやりにくかったのです。あちこちいじり回して悪戦苦闘のあげくやっと設置したという経緯があって、私にとってフォーム送信は難しいものという印象が大でした。
今回の失敗の原因は、そのように改変したスクリプトをリセットせずに使い回そうとしたことにあったようです。

それはいいとして、引用したこの心構え、人生のいろんな局面に応用できると言ったらオーバーですか?
難事にぶちあたったときは、いったん対象から離れて心を静め、戻れるところまで戻り、落ち着いてやり直しましょう。きっと良い解決策が見出せますよ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:11 | コメント(0) | トラバ(0) | サイト運営
2006年04月21日

アクセス解析

サーバーとドメインを借りて10日。
サーバに付属しているアクセス解析の生ログを見ました。Webalizerというフリーソフトからの提供です。件数グラフもありますが、あまりに呆気なくて、詳細までわかりません。
これまで人のサイトやブログで、アクセス解析がちゃんとついているのになんでshinobiやらなんやら外部のサービスを使ってんだろと思っていました。やっと彼らの気持ちがわかった。普通にサイトを運営していれば、生ログを分析する余裕などありませんよね。
とにかく量が膨大。
初めは日に数行〜数十行で済んでいたのです。
昨日、数ページと100個余りの画像をアップして表示をチェックしたら、一気に数百行になりました。すべて私の足跡です。1枚1枚の画像へのアクセスまで記録するのだから当然です。画像への直リンクもチェックできるということですが、人の目で確認するのはたいへんです。
この調子では他人が来始めたら途轍もない分量になってしまいます。やはり必要に応じて別の解析ソフトを使うほうが良さそう。

最初に来た他者は、翌々日、whoisのロボットでした。これは納得。その数時間後、Ask Jeevesのロボットが来ました。いったい何をたどって? Ask.comがどんなエンジンかは知らないけど、英語サイトには日に数件くらいそこからの訪問者があります。数日後にblogoonbotってヤツ。名前からしてブログ専門ロボット。
以上は本サイトへのアクセスです。ブログにはブログ用のアクセス解析があって、けっこう緻密な結果が出ます。ブログは全くリンクをされていなくても、RSSというものに載るらしいので、たまに迷い込んでくる人がいるようです。
自ら宣伝しなくても人の目に触れる可能性がある点で、ブログのシステムはありがたいのですが、つまらなければたちまち見捨てられるのは、ブログも自作ウェブページも同じですよ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 20:37 | コメント(0) | サイト運営