2017年03月29日

リンゴの呪い

イギリス人は歩きながら考える。
と言ったのが誰なのかは知りませんが、私に言わせれば、イギリス人は歩きながら食べる。

地下鉄がタバコOKだった時代、喫煙車両の床には吸い殻がいっぱい、禁煙車はチョコバーの包み紙だらけ。
地上に出たら、風の強い日には、これまた無数のチョコバー紙が空中乱舞していて、公衆道徳なんぞどこへやら。

スーパーマーケットから出てきた女性が、今買ったばかりの牛乳パック(1リットルくらいの大きさ)を片手でこじ開け、口をつけて歩き始めたのにはビックリ。あれ1本飲み切るつもりだろか。飲み終えたら、紙パックをポイするんだろか。

そんなの遠い昔の話だと思っていたら、歩きスマホが普及しつつある現代でも、状況はあまり変わっていないのかも。

日本人の知らない日本語』(蛇蔵&海野凪子)は、日本語について面白おかしく解説したコミック。日本語だけでなく、日本国を再発見できる、興味深い内容です。
その海外編は、著者たちのヨーロッパ探訪記です。
英国でバナナの皮を踏んで滑った体験を紹介し、ギャグマンガのようなできごとが現実に起きうる国だという意味のことを述べています。そんだけ食べ物の残骸が道に落ちてるってこと。

さて、チョコバー包装紙と並んで目につくのがリンゴの芯でした。

八百屋で買ったリンゴを、Tシャツの裾でちょっとこすってそのままかじりつく・・・いかにもヨーロッパらしい小粋なしぐさですね。

これを日本で真似ようとする勇者は、まずいないでしょう。

向こうは気候が冷涼なせいか、さほど手をかけずともリンゴが育つようです。
温暖多湿のわが国ではそうもいきません。
収穫までに何百回も農薬にさらされたリンゴを、洗わずに皮ごと食べるのは、健康放棄の暴挙。

しかも日本のリンゴは大きすぎ。イギリスで一般的なリンゴは、日本人の胃にも軽く収まる、小ぶりなものでした。

日本ではリンゴは大きければ大きいほうがいい。生産者・販売者たちはそう信じているようです。だから農薬もよけいに必要。
超巨大りんごを開発し、『世界一』と名づけて悦に入るなんて、全くもって日本的。

リンゴが大きいのは、消費者にとってメリットが少ないのです。
1度に1個まるまる食べるのは胃に負担だし、切ったらたちまち茶変。塩水につけても、保存すればどのみち劣化します。
単身世帯ではリンゴなんて買わないんじゃないでしょうか。

リンゴの消費を増やすには、温州みかんほどの大きさで、甘くかわいいリンゴを創出すべきです。

なにしろ私、大きなリンゴでひどい目に遭った経験があるのです。いや、真実はリンゴのサイズではなく、自分の食い意地が張ってたせいだけど。

ある日の夕食後、なんとなく食べ足りなくて、冷蔵庫や戸棚を漁ったら、すぐに食べられるものといえば、実家からもらってきた大きなリンゴか大きなキンカンしか見当たりません。

通常、フルーツは朝か昼、それも食前に食すことにしています。
酸味が強く消化のいい果物を食後に食べると、すでに消化中の食べ物にはばまれて胃にもたれると聞いたことがありましたから。食事の30分前が理想ともいわれますが、私はたいてい直前。

しかしその日の「なんでもいいからもっと食べたい」気分は強力で、キンカンでは満足できそうになかったから、結局リンゴの皮をむき始めました。柿などは食後に食べることもあって、特にどうということはなかったし。
そのリンゴ、正味(可食部分)300グラムくらいあったんじゃないかしら。せめて半分にしておけば良かったのだけど、朝と昼で分けるのならともかく、夜と翌朝では時間があきすぎて不味くなっちゃう。とか言い訳し、ゴーインに完食。

案の定というべきか、しばらくして胸焼けが襲ってきました。胃から酸っぱいものが絶え間なくこみ上げてくるのに、嘔吐やげっぷには至らず、行き場のないかたまりが中途半端にうろうろしている感じ。

水を飲んでも歯磨きしても、おなかをさすっても治まらず、えーい寝ちまえ、寝て起きりゃ別の日だあと、誰かの言葉を引用して寝てしまいました。こんなに気持ち悪い状況でもちゃんと眠れるのが不思議。

あとで調べたら、最悪の選択だったようです。胸焼けがひどいとき横になると、胃酸が逆流しやすくなり、食道にダメージを与えるそうな。ヘタすると、口の中までただれることもあるとか。

そんなことつゆ知らず、翌朝は意外にすっきりと目覚めました。ああ治った治った、さすがはわが鉄胃さま。

もう食後のフルーツはこりごりだいと、朝食前にキンカンをぱくり。もぐもぐ、ごっくん。
ズッキン。
食道を下りていったキンカンのかけらが、胃の入り口付近で引っかかるような感触。とともに痛みが走るのです。キャー、これが逆流性食道炎ってものかしら。
胃は鉄製でも、食道はひよわだったのね。

炎症に酸っぱいキンカンは刺激が強すぎると、半分で放棄(これは茶変しないからね)。ご飯とお味噌汁なら大丈夫だろと、食べ始めたけど、何を食べてもやっぱり痛いのです。
よく噛んで、1度に飲み込む量を少なくし、時間をかけて食事を終えました。

病院には行かず、その後しばらくは、食道をいたわりながらゆっくり食べてやり過ごし、自己治癒力が幸いしたのか、痛みはなくなりました。
すると、喉元過ぎればなんとやらで、いたわりなど忘れ去り・・・。

もともと私は大食の傾向があるのですが、それまではよっぽど暴飲暴食しない限り、胸焼けなんて起こらなかったのです。しかしあれ以降、少し食べ過ぎると胸が詰まるような感じになってしまいます。

それはそれで歓迎すべきじゃないか、食べる量をセーブしなさいってことだよ。
わかってはいるけど、つい食べ過ぎてしまうのが情けないなあ。果物じゃなくて、もっぱらお菓子の食べ過ぎなんですけど。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:44 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
2016年03月04日

さらば下半身デブ

前回の記事で、下半身のむくみを解消しようと奮い立ったところまで書きました。

世の中には、手っ取り早く市販薬に頼ろうという人もいらっしゃいましょう。
むくみサプリというと、『メリロート』が有名です。

ただ、とかく噂のある怪しい薬という印象もぬぐえません。
アンチサプリ・アンチ添加物ライターなどがその副作用を喧伝しています。こういう人たちは、1件でも死亡事故があれば、喜び勇んで、死亡率100パーセントであるかのように書きたてるのではありますが。

大金を投じて効かなかったらしゃくだし、体調壊したら、しゃくどころじゃない。

とりあえず、むくみに関する本を読んでみました。

下半身がみるみるスッキリ! むくみ・セルライトを落として
2006年刊とやや古いものの、人気本です。著者のナターシャさんは『美脚クリエーター』なる肩書の持ち主。なんだかいかがわしくなーい? でも、多くの女性を指導して成果をあげてきた実績をもとにした本だから、実用的なのは認めます。
書かれている事柄はしごくまともで、真面目に取り組めば効果はあるでしょう。まともなだけに「みるみるスッキリ」なスピード感はやや期待薄かも。

むくみをとってやせやすくなる本
主に医師たちのグループによって著された『みんなの女性外来』シリーズのひとつ。薄くて小さな本だけど、内容は充実していて、信頼がおけそうな印象。
むくみのメカニズムや危険性について解説し、むくみ解消のライフスタイルを提案。女性特有のホルモンサイクルに基づくものだから、閉経後のかたにはあまり参考にならないかも。

ちなみに、むくみに悩む女性は多いのですが、男性はめったにむくみません。もしも気になるほどのむくみが男性に現れたら、かなり危険な病気が潜んでいると判断して、直ちに病院へ行きましょう。

男性がむくみにくいのは、男性ホルモンと筋肉のおかげです。
つまり、女性もある程度の筋肉をつければ、むくみが改善するはずなのです。
『むくみをとってやせやすくなる本』にも、下半身の筋肉を強化すれば「劇的にむくみにくくなる」と書かれています。

なにぶん私、食っちゃ寝のだらしない生活で、筋肉は衰える一方なのよねー。

余談ですが、むくみのひどいときに安物の体組成計にのると、体脂肪率16パーセントなど、わが体型からはありえない数値が出てきたりします。信じてぬか喜びってのは愚の骨頂ですよ。数字よりも見かけが大切。

筋肉でムキムキになっちゃったら、よけい脚が太くなるのではと恐れる女性もいるかもしれませんが、ホルモン剤を使ったり、限界までのハードトレーニングを積まない限り、普通の女性にボディビルダーのような筋肉はつきません。むしろ脂肪が筋肉に置き換わって、固く細くなるというのが通説です。

少しでも筋肉を強くするために、長らくサボっていたウォーキングを再開しました。
ウォーキングといっても、私の場合、腕を振ってしゃきしゃき歩くのではなく、日傘の下に縮こまってのちんたら歩き。質はともかく、習慣づけることのほうが大切と、なるべく出かけるようにしました。

すると、長く歩いた日は確実にむくみが減ることに気づきました。歩き疲れでかえってむくむのではないかと心配しましたが、取り越し苦労でした。

ウォーキングだけでもいいのですが、加えて効果的なのが入浴。
12,000歩ほどウォーキングして、その夜はぬるめの湯にゆったり身を沈めて脚のマッサージなどすると、翌朝はくっきりと足の甲の骨が浮き出ているのでした。

私はもともとシャワー派で、特に夏場は湯に浸かるのは嫌いでしたが、これほど違いが出るとはびっくり。
もっとも、歩かずお風呂だけでは、シャワーだけよりましという程度。

風呂
バブホワイトローズの湯。

体を動かさず、パソコンの前に座ってうだうだ・・・なんてことが2日も続くと、足はパンパンにふくらんで、骨が埋もれてしまいます。

つまり私は不摂生がすぐに足に出るという、わかりやすい体質だったのです。

それがわかってしまうと、多少むくんでも、また歩いて風呂に入ればいいや、とか思って、つい怠惰になるのですよね。
暑い中、紫外線浴びて何時間も歩き回りたくないし・・・。

だもんで、私の脚はむちむちとホネホネを繰り返すようになってしまいました。

このままではあかん。
ウォーキングに代わるものはないだろうか。

そんな折出会ったのがこの本。
太ももを強くすると「太らない」「超健康」になる
著者はウォーキングブームの立役者。

足のむくみには貧乏ゆすりが効くとのことで、正しい貧乏ゆすりのやり方なども解説しています。
わたくし個人は貧乏ゆすりを見るのは嫌いだし、自分でもやりたくなんかない。
貧乏ゆすりを奨励する人はほかにもいて、「健康ゆすり」と名づけていましたが、なんと呼ぼうと嫌なものはイヤ。
ただ、足をゆすると血行がよくなり、健康によろしいのは事実のようです。簡単だから、興味のあるかたはお試しください。

それよりも、別のページに載っていた、もも上げエクササイズを始めました。その場足踏みのようなものです。90度角に上げるのが基本。
けっこうきつくて、左右合計50回くらいで息が上がってしまいます。
めげずに続けているうちに、180回は平気になりました。約3分間です。これで1セット。飽きるから1度にそれ以上はしませんが、思い出したときとか気分転換に、1セットずつおこなって、1日5セット程度実行。総計15分で、たいした運動量ではありません。

その割に効果的みたいです。15分でウォーキング30分以上に匹敵するのではないかと思います。家の中でできるのもメリット。

私見ですが、どすどすと音を立てて足踏みするのは、床にぶつかった反動を利用することになるから、効果が薄れるのではないでしょうか。できるだけ静かに行うようにしています。

ウォーキングに行った日も最低2セットはもも上げ運動をしているうちに、むくみはほぼ消えてしまいました。冬になるころには、足の甲に骨が戻っただけでなく、すねにも骨のラインが見えてきました。両足の太さもそろったし。
結局、地道な努力に勝るものはありません。

今後の課題は、ぷよぷよの太ももをスッキリ引き締めること・・・なんですけどね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 10:21 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
2016年03月02日

ボーン、カムバック

息絶え絶えながらも、なんとか復活の可能性を求めてあがくワタクシ。起死回生の切り札は、やっぱり下半身ネタ?

いやもう困ったことに、下半身デブになっちゃいまして、病院へ行ったんですよ。

「下半身デブって、何科で診てもらうの?」

内科ないし循環器科です。

しばらく前から、なんとなく左脚が太くなったように感じていたのですが、まあ気のせいだろと放置していました。
あるとき、しげしげと両足を見比べ、いや、これはぜーったいに気のせいでも目の錯覚でもないと確信。メジャーで測ったら、左のほうが足首で2.5センチ、ふくらはぎで3センチも太いじゃないの。
気づいたのは夏の盛りのことで、短パンが日常着だったから。冬だったら脚なんか見もしません。

その数か月前までは、足の甲に骨が5本、ゴツゴツと浮き出ていて、それはそれでみっともないと思っていました。もはや骨は埋もれてしまい、影も形も・・・。これはみっともない以上に病的だー。
右足のほうは、角度によってはかろうじて骨のラインが見えますが、左はパンパンにふくれて、指でなでても骨を感じません。

つまり症状は「むくみ」。
両足ともむくんでいて、左はその度合いがはなはだしいという状況なのです。

今や何かあるとまずネットで調べる時代でしょ。
さっそく検索したら、「左脚は右よりもむくみやすい」「左脚のむくみは危険だ」「左脚のむくみは血栓の疑いがある」「エコノミークラス症候群の兆候」などという記事がずらずらっと出てきまして、うわ、こりゃヤバいぞ。

病院へ行こうとして、はたと困ったのです。何を着ていこう。
別におしゃれする必要などありませんが、診察に適した服装というものはありますよね。内科だったら前開きシャツとか。
普段着用しているスリムなパンツでは、「では、脚を見せてください」と言われたとき、パンパンのふくらはぎにはばまれてめくり上げることができそうにないのです。太もものあたりがゆったりしていて、足首が細くなっているデザインのものばかりなので。

押入れをひっかきまわして、何十年も着たことのないスカートを見つけました。断捨離にはまったとき、よほど捨てようとしたのですが、取っといてよかったあ。

ツーピース
ピンクハウスのツーピース。

防虫剤の匂いを振りまきながら、いざ病院へ。

しかし・・・。
診察にあたった中年男性医師は、すねのあたりを指先でちょんちょんとつついて、「別にたいしたことないですね」
えっ、そんだけ?

「でも、こんなに腫れてるのは、どこかに血栓ができてる可能性が・・・」と私が言うと、
「そりゃ年齢的に何が起きても不思議はないけど(失礼なっ)、血栓があるかどうかは、ちゃんと検査してみないとわからないし」と、いかにもめんどくさそうなようす。

その検査とやらをするのが、おたくら病院のシゴトじゃないのかね。

ところで、私はさっきから病院、病院と書いてますが、このような個人経営の小規模クリニックは、病院ではなく医院とか診療所に分類されるようです。慣習として、病院と表記しておきますが。

そういえば何十年か前にも、ここにかかったことがありまして、先代のおじいちゃん先生だったのですが、やっぱりろくに診もせず「たいしたことない」で済まされた記憶があります(実際たいしたことはなかったので、みたては確かなのかも)。

うちの近辺に、内科は歯科に次いでうじゃうじゃあるってのに、こんなに商売っ気のないことでやっていけるのかしら。
と、私が心配することでもないでしょう。
リッパな自社ビル(?)に建て直したりして、繁盛しているようだし。

こうなれば医療なんかには頼れない、自力で下半身デブから脱却するぞうと決意。
スローガンは「ボーン、カムバック」・・・昔のように、足の甲の骨をくっきり浮き出させようとの希望を込めて。

続きは次回ね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 18:53 | コメント(0) | 美容と健康