2007年12月31日

酒は憂いの

「玉箒」とは、お正月に養蚕室を掃除するほうきだったとか。実物がどんなものか知りませんが、美しいものに「玉」をつけるのが日本語の流儀ですから、実用品ではなく行事用の装飾的なものだと想像します。

人の世の憂さを払ってくれると称えられる酒ですが、その効力がほんの一時的だとは、どなたも経験的にご存知ですよね。
いくら酒をかっくらったってなんの解決にも手助けにもなりません。酔いが醒めてみれば、玉箒で掃き捨てたはずの憂いが倍になって戻ってきているのに気づくのが常です。
酒呑んでいいことなんか何もないでしょ。不味いしカロリー高いし金かかるし体きついし服に匂いがつくししばしば恥かくし人に迷惑かけるし後悔のタネだし。

酔っ払って眠り込み、気がつけば病院や留置場だったり、財布を盗られていたり。ついに酔いが醒めず、おらは死んじまっただぁになっちゃう人も。
自分が死ぬんなら自業自得で済むけれど、酒酔い運転で人を死なせてしまえばすまんじゃ済まぬ。もっとも現実には刑も軽いし、出所後は賠償もそっちのけでのうのうと生きている人が大半のようです。被害者やその遺族はたまりませんよ。

飲酒運転をする人の多くがアルコール依存症だとか。依存症は病気であり、罹患者は平常から判断力がなく、罪の意識も生じません。飲んでいないときは一見常人なので野放しの現状です。

どうして人間は酒を飲むのでしょう。どうしてそんなに酒が好きなんでしょう。
この世から酒というものが消滅してもいっこうにかまわない私は理解に苦しみます。

酒飲みが幅を利かす社会において、飲める連中の横暴に泣かされているのは、体質的に酒を飲めない人々です。
契約獲得や上司へのおべんちゃらのため酒席にはべることを余儀なくされ、望まぬ宴会や飲み会に駆り出され、付き合いだからと割勘で不当な出費を強いられ、酔いつぶれた同僚を介抱するはめになり、どうかしたらイッキ飲みを強要されて急性アルコール中毒でぶっ倒れたり。

酒は人間関係の潤滑油などではありません。人の和という美名のもと集団行動を重んずる日本社会は、とりわけ下戸に過酷なしくみになっております。
日本人にはアセトアルデヒドを分解する能力が低い体質の人が多いのです。DNAがそうなっているのであって、努力や特訓でどうにかなるものではありません。そもそも酒を飲めない人がなぜに不要な努力を強いられなければならないのか。酒を飲める人々こそ努力して飲めないようになるべきだ。

アメリカが禁酒法を上手に続行していたら、なんせあの国のこと、日本を始め世界中にそれを強要したに違いないので、人間社会はどんなに安らかだったことか。

今からでも遅くない。せめて酒税を大幅アップしよう。大幅? うーん、現行の20倍くらい。
賢明な人は節酒もしくは断酒するかもしれないが、値段が上がっても飲む人は飲む。飲み続ける人は生活苦と健康苦から早死にし、酒に飲まれない人々のみが生き残ります。一種のふるいです。
破綻しかかっている日本経済は速やかに立ち直るでしょう。酒源病の減少で医療費が抑制され、酔っ払いの世話をする必要のなくなったお巡りさんは交通違反の取り締まりに精を出してじゃんじゃか罰金を取り立てて、国庫を豊かにする。アルコール飲料の売上は全体として減少するとしても、補って余りあるだけの税率アップで国はお金持ちー。

そんな無茶な、って?
そもそも国家の義務は、庶民の楽しみにつけこんで、取れるところ、取り易いところから税を搾り取ることです。明治時代にはウサギ税があったそうだし、トランプ税は平成まで続いたし。
酒とタバコは天井知らずに上げてよし。

と、酒に恨みがあるかのような攻撃を仕掛ける私は、別に下戸ではありません。
それどころか無類の酒好きと思われていた時代があったことは知る人のみ知る。
今だってチャンスがあればいくらでも飲めると思うんだけど、気乗りしません。どうせ代謝と時間を無駄遣いするのなら、チョコ食ってヒルネしたほうがなんぼかまし。

かつてのノンベエがすっぱり酒を断ち切ったのは、いかなるテクニックによるのか。それはもう血のにじむような苦難の道のりでした。って、まさかね。意志が強いだけですよ。って、それもウソ。ほんとに意思強固ならお菓子をすっぱりやめてみろってんだ。

私が酒に溺れず己をコントロールできたのは、酒に対する姿勢が終始一貫していたからです。
酒飲みのころからふたつのルールを定めていました。参考にならないとは思うけど、禁酒を考えている人は真似していいですよー。
その1:ひとりで飲まない。その2:自分の金で飲まない。
両者は密接に関連しています。1はほぼ完璧に守れたようです。2のほうはやや難しいものの、我が体内を通過したアルコールの9割以上が他人酒、タダ酒、たかり酒であるのは事実です。

依存症になりやすい最悪の飲み方は、自分の家でひとりきりで飲むことです。自分の金で買った酒なら、誰も文句をつけることができません。
主婦が昼間っから酒に手を出せば、歯止めがかからなくなります。むしろ不倫でもしてボーイフレンドにおごらせるのがキッチンドリンカーへの転落を避ける道です。

飲むときは必ず誰かといっしょ。そう決めておけば、度を過ごすことも減ります。
酒好きとの評判ゆえかお歳暮に一升瓶の清酒をもらったことがありまして、ちょっと困惑。家に酒があってもしかたないのよね。で、お風呂にドボドボ。1回に一升じゃ物足りないかな。

タダ酒は難しいって?
人におごらせるだけがタダ酒ではありません。立場にもよりますが、打ち上げや懇親会、交際費で落とせる会合など、勤め人ならたいていチャンスがあるものでしょう。そういうときに飲み溜めしちゃうんです。自腹は切らぬをモットーにアンテナをめぐらせれば、なんだかんだと舞い込みます。

私など酔うと楽しい人なので、玉山崩るの期待もあいまって、飲ませたがる人は引きも切らず、整理券を配るほどでした(すでに酔っ払ってるみたいな書きぶりだな)。おごってもらうときに大切な心構えは「感謝」ではなく「傲慢」です。私がお酒をたしなむ姿は大金を投じてまで見る値打ちがあるんだ、と。そう信じなければ続きませんよ。

人の金で飲むには限界があります。結局のところ、私が完全に酒断ちしたのは、引きこもって実社会と縁を切り、飲ませてくれる人々がいなくなったからなのでした。

真に酒が好きな人には実践できないでしょうね。
でも、好きだと思い込んでいる人も、煎じ詰めればほんとうに好きなんでしょうか。酒に好かれているだけじゃないんでしょうか。
しらふのときにシビアに検討すると、お金を払って飲むほどのものではないとわかるはずなんですけどねえ。わからないとしたらすでに依存症です。

先ほど酒税上げろと書きましたが、実のところ、そんなのどうでもいいんです。
私が望むのは「甘いもの税」です。なかんずくチョコレート、クッキー、ケーキ、アイスクリーム、大福餅には特別加算税を。これらの価格が今の20倍にもなれば、たやすくほっそり体型が得られるはずなのに・・・。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 00:19 | コメント(6) | トラバ(0) | 美容と健康
2007年07月28日

蕁麻疹アート

花粉症の経験はまだありませんが、蕁麻疹(じんましん)にはずいぶん悩まされました。

蕁麻疹の原因はさまざまです。特定の食べ物や薬品に対するアレルギー、絹やナイロン等への接触によるもの、温度変化で起きる寒冷蕁麻疹など。ゴキブリを見ただけでかゆくなるという事例も(?)。

私の場合は・・・ヤカン蕁麻疹。ヤカンに触るとアカンのだ。
違うって。夕方から夜に出るんです。
当時は会社勤めをしていました。仕事を終えて家に帰り、服を脱ぐと全身ぶわっと赤くなって醜く膨らんでいるのです。掻くといっそう盛り上がってひどくなるし・・・それでも朝には跡形もなく消えていました。

サバや卵がアレルゲンなら食べなければ済むのでしょうが、夜を避けるのは無理です。

病院でもらった薬はけっこう効きました。一般的な抗ヒスタミン剤だと思いますが、飲んでいる間は出ません。眠気が困りもので、会議中などついウトウト。
まずいことには、薬を続けているうちに、夜間だけでなく薬が切れたら昼でも朝でも出現するようになったのです。
もっと良い方法はないものかとドクターショッピングを重ね、会社近郊の皮膚科はすべて回りました。薬は種類によって相性もありますが、どれもだんだん効きにくくなるような印象。

体が蕁麻疹モードのとき、皮膚を爪などで引っかいたら、そのあとがしばらく経つとみみずばれになるんですね。
で、ヒマなときはあちこちに文字や絵を書いて遊びました。HELP MEと書いて『エクソシスト』ごっこ、とかね。

ある日のこと。
朝からかゆみもなくて調子よかったのですが、右の前腕の内側にポチョッとした赤い点がいくつかあるのに気づきました。直径1センチ弱、蚊に刺された痕そっくりにちょっと膨らんで、かいてみるとかゆいみたいな。それが5つ、ジグザグに並んでいるのです。
刺された覚えはないのにヘンだなーと左腕を見たら、そっちにも対照的な並びで同じような痕がありました。ただ左のほうが1個少ない。
無気味だーと眺めていたら、左側の足りなかった部分が徐々に膨らんできて、両腕とも全く同じ模様になってしまったのでした。
数十分後には消えましたが。
じんましん?
蕁麻疹にはこういうふうに虫刺されそっくりなのもあるんです。

数年間、一進一退の状況が続きました。
生涯の伴侶はコイツになりそうだとあきらめ半分。

それが突然治りました。
特別な薬や注射のおかげではありません。
退職したのです。その翌日から出なくなりました。あまりに劇的だったので、しばらくは信じられなかったほど。

自分では蕁麻疹遊びをするほどのノーテンキな性格だからストレスなんかたまらない・・・つもりだったのに、カラダってのは正直ですねえ。

頑固なジンマシンにお悩みのかた、環境変化が特効薬です。思い切って飛んでみませんか。ただし副作用があります、フトコロがげっそり痩せるという。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:17 | コメント(3) | トラバ(0) | 美容と健康
2007年01月04日

霰粒腫を自力で治す

霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは、瞼の縁や裏側にあるマイボーム腺(脂肪を分泌させる管)が詰まったものです。固まった脂肪が白い霰(あられ)のように見える小さなものや、大きなしこり(腫瘤)となって瞼を膨らませたり、ときには赤く腫れるものもあります。

細菌感染で炎症を起こす麦粒腫(ものもらい)と間違いやすいのですが、化膿しないし、通常は痛みもないので区別されます。ほっといても数日で排膿してひとりでに治る麦粒腫と違い、自然治癒は困難だと思われます。
熱や痛みはないものの、ごろごろして不快だし、大きくなると美容上非常に見苦しいので、勤め人特に接客業の人には大問題です。目薬や注射という手段もありますが、効かなかったり時間がかかったりでおぼつかないので、眼科で切開してもらうのが手っ取り早く確実な方法です。

7月にものもらいを切開したと書きました。
これ、実はものもらいよりも霰粒腫らしいと薄々気づいていたのですが、両者は一般人だけでなく医療現場でも混同されることが多いとか。手持ちの古い百科事典にもものもらいの一種で内攻型と記載されています。私が通った眼科では、麦粒腫とも霰粒腫とも言われず、『結石』(?!)という説明でした。

切開当初から完全に取りきれなかった印象はあったのですが、案の定、日ならずして再び膨らみ、放置していたところ、瞼の上側に攻撃が向かい、コロコロしたした感触のものに成長してしまいました。げげっ、どうしよう。

それでも受診をためらったのは、最初の小さな膨らみでさえ治せなかった病院への不信感からです。あの時は針でつついて出せたけど、これほど大きくなればメスが必要で、怖いな、と。

手をこまねいていたわけではなく、どうかして独力で治せないものか、図書館で本を漁りました。
でも霰粒腫に言及した書物は少なく、あってもごく簡単な記述のみ。治療も切開が中心です。

1冊だけ、自力で治す方法が書かれたものを見つけました。『ほんとうは治る防げる目の病気』(山口康三/農山漁村文化協会)。
脂肪が詰まるのは体質だから、いくら切開して取っても体質を正さない限り再発しやすい、切開を繰り返すと涙や油分の分泌が減りドライアイになるので好ましくない、といった内容。

しかし、その体質改善法たるや、フツーの現代人にはとうてい実施できそうにないシロモノでありまして、いささか気が遠くなりました。甘いものや油っこい食べ物を避け、玄米と野菜中心の食事、アルコールとカフェインをやめて水をたくさん飲む、ときには断食をする、1日13,000歩のウォーキング、等々。
効果がでるまで、大人なら数か月かかるとか(子どもは比較的治りやすいそうです)。

楽天的な性格なもので、やらないよりもましだろうと、とりあえず自己流に解釈・改造しました。

玄米食はよろしい。
世の中には、毎日白いご飯を食べないと生きてゆけない、なんて人もいるそうですが、私は別にこだわらないし、ご飯がなければ焼き芋でも豆腐でもアイスクリームでも代用しちゃうタイプ。玄米は精白米よりも値段が高く、炊くのに時間や光熱費が余分に必要という点でちょっと家計に厳しいのですが、玄米ご飯ってなかなかおいしいものですよ。

酒はすでに一滴もやらない。カフェイン禁止はつらいなあ。1日にインスタントを1杯だけということにしよう。
揚げ物やスナック菓子は嫌いだけど、甘いものは大好きなんですよね。たまたま冷蔵庫が壊れかけて、アイスクリーム断ちをしていました。時たま大福を食べるくらいならかまわないだろうと、これもおおらかに。
コーヒーや甘いものが欲しくなったら、水を飲んで我慢、我慢。

歩くのは好きだけど、こんな顔でむやみに出かけたくないし・・・部屋の中でのエクササイズで代用。踏み台昇降を真面目に続けた程度ですが。

そうこうして3か月、中途半端があだだったか、ちっとも良くなる気配がありません。
だんだん大きくなり、一番ひどい時で納豆くらい(なんつう比較対象・・・形・大きさ・固さがちょうどそのくらいだったの)。ちょっとまあ、まぶたに納豆が入ったと想像してごらんなさい、もう鬱陶しいったらありゃしない。

あまりにみっともないので、出かけるときはありったけのサングラスをかけて(たったふたつだが、じゅうぶん過剰)隠していました。
サングラス

そのほかにも自己流療法を加えてみました。

ヨクイニン大量摂取。ヨクイニン(ハトムギの種子)は以前神経痛をやわらげようと飲んだことがありますが、効きませんでした。もっとも効能書きには「いぼ、肌のあれ」とあって、神経痛なんて項目はありません。

ともかくドクダミやハトムギは、でものはれもの全般によろしいそうなので、試して損はない。日本薬局方のヨクイニン粉末500グラム袋は1,000円くらいで手に入ります。添付の小さなスプーン1杯が標準量ですが、その20倍くらいを朝晩飲みました。でも取り立てて変化はありません。毒にも薬にもならないって感じです。
大量摂取は体質によっては悪影響があるかもしれないので、真似しないように。

温湿布もいいと聞いたので、ちょっとトライしました。寝る前に両手をこすり合わせて熱くして目に当てたり、コーヒーを飲むときにカップをまぶたに当てるとかしてみたけど、忘れっぽくてなかなか続きません。今の季節なら使い捨てカイロなどが適当かも。

生ドクダミの絞り汁は効果がなかったので、アロエ(内部の透明な部分ではなく、緑の皮をすりおろして絞ったもの)を塗ってみました。これはさんざんでした。かゆくてかゆくてたまらないんです。掻いちゃいけないと思いつつ、掻かずにいられない。
すると2、3日後、朝起きたら視界が曇った感じになるほど目やにが出まして、顔を洗っていると、まぶたのしこりがほとんど感じられないのです。そのまましぼんで、翌週にはほとんど目立たなくなりました。まだわずかな凹凸と赤みが残っているけど、目ヤニはもう出ません。このまま再発しなければ、万々歳ですわ。

それまで、自然治癒するならどんなプロセスだろう、脂肪が徐々に内部に吸収されるのかしら、などと想像しておりましたが、実際にはけっこう劇的な治り方でした。
結局何が効いたのかは不明です。アロエを塗ったのは1回きり。掻いたのがマッサージになったのかしら。となるといじり回したほうが早く治るのかも。

忙しい人々にこんな悠長なやり方は向かないでしょうね。
怖いと書きましたが、霰粒腫の手術に関しては、ウェブ上に体験談がたくさん見つかります。簡単な手術で、さほど痛くはないそうです。
しかしまた、切っても切っても再発する人が大勢います。

生活改善で切らずに治るなら、一時的なみっともなさは我慢して試す価値はありますよ。
何しろこの療法には「痩せる」という副作用(!)がついてくるんですからね。

ちなみに、私が参考にした本です。
ほんとうは治る防げる目の病気 食事と漢方 症例別改善プログラム
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:21 | コメント(169) | トラバ(0) | 美容と健康