2007年09月13日

コンテンツな話

インターネットというものが注目され、通信によるデータの行き来が盛んになると、「コンテンツ」という言葉があちこちで使われ始めました。
ウェブ上では「コンテンツ豊富なホームページ」とか「そのサイトにはどんなコンテンツがあるんですか」などと、普通に使われていますが、改めてコンテンツとはなんぞやと問うと、いくぶんおさまりの悪い言葉であるようです。

当初、マスメディアの注釈は「コンテンツとは情報の中身」でした。
「情報の中身」・・・なにそれ? 中身があるんなら「情報の外側」も存在するんだよね?
ちらと調べたら、外側とは入れ物(気取っていえば媒体・・・情報を記録したり記憶させておく物品や場所)を指すようです。

Contentという名詞はcontain(含む、収容する)という動詞から来ています。輸送に使われるコンテナ(container)は容器のことです。ウェブマスターの皆さんは、レイアウトコンテナ(div)でお馴染みですね。
何物であれ、中身だけの存在は不安定なので、容器はあれば便利、時には必須と思われます。

パソコンを指して「あれは情報だ」と言う人はいないでしょう。
メモリーカードを「これが情報だよ」と渡されたら、その中に情報が入っていることは推定可能としても、カードそのものを情報と見なすのはなんとなく変ですね。

「情報」なんて、初めっから「中身」じゃないか。

そもそも「コンテンツ」を説明するのに「情報」を付与した点に偏りが生じたような気がします。それゆえ「情報の中身」なる奇妙な表現は数年で影を潜めたのでしょう。
中身のない状態をcontent-freeといいます。空っぽの容器なら何かを詰めて再利用できるので捨てるには及ばないけど、空っぽの情報に存在価値はありません。

ならば、情報とは何?
情報をひとことで表わすのは難しいのですが、一種の知識です。「知識」というと何やら知的で立派なものを想像しますが、情報は知識になる一歩手前の材料といったところです。
主に特定の事柄に関するおしらせ・・・どちらかといえば実利的で、片方向のイメージがあります。
情報の命は正確であること。情報というものに、美的、創造的、芸術的な要素は薄いといえましょう。

とある文学作品を読み、人生の意義について深い洞察を学んだとしましょう。何かを教えてくれたんだから、その文学は情報でしょうか。まさか。やはり芸術と呼びたいものです。
文学同様に活字が並んだものを読み、人生の意義を深く考えさせられたとして、それがニュースなら、情報に過ぎません。
別に文学は高尚で情報は低劣だと断ずるつもりは毛頭ありません。貴重な情報もクソ文学も山ほど転がっています。何かの価値を決めるのは利用者個人個人です。(えーと、我がブログは正確さに欠けるので、情報ではなくゲージュツですな。)

さて、コンテンツに戻ります。
コンテンツは「中身」です。容器、外観、形式や様式など、表面に現れたものに対する内容物ということです。目に見えるものだけに限りません。言葉の奥に潜む真意なども指します。コンテンツは情報だけではないのです。中身のあるものなら、物質もデータも芸術も哲学も含みます。

インターネット以前に私が知っていたcontentsの意味は「目次」でした。
初期のハイパーテクストTowns Gear君が「コンテンツは目次だよ」と教えてくれたのを、そのまま覚え込んでいたのです。

目次・・・それこそ「中身」とは対極に位置する、いわば「情報の外側」じゃありません?

辞書でcontentを引くと、「内容物、中身、書物などの記事、目次、内容目録」云々・・・。
内容を説明した見出しを並べたものが目次です。中身と目次が並列に扱われることには首を傾げました。
正式にはtable of contents(内容一覧)とされていたものが、上を省略してcontentsだけで一覧を意味するようになったようです。

名は体を表わす。形式は一見表面的でも、中身を指し示すことで中身も同然と見なされるのは、ある意味お約束なのでしょうね。
箱に「牛肉」のラベルがあれば、牛肉として取り扱わないと、物流は混乱し停滞します。ずるをして豚肉を詰めておいた業者は、いずれ信用を失って消滅します(希望的観測)。

ウェブにも目次(コンテンツ)だけは立派に整えられていても、いざページに飛んだら内容(コンテンツ)はお粗末きわまるというケースがまま見られます。それでは訪問者の満足を得られず、衰退してしまいますよ。
そうなんです、contentには満足という意味もあるのです。調べるほどに深みの出る言葉といえましょう。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:27 | コメント(0) | トラバ(0) | 英語・英文・英会話
2007年07月31日

アバウトな話

先だって優良、ではなく有料リンク集を作るぞーと意気込んだのですが、いまだに手をつけておりません。ウェブ運営上いろんな厄介ごとが持ち上がってそれどころではない状況だし。

そんな中でもテキストリンク広告掲載依頼メールはチラリ、パラリと舞い込むのでありました。ええんか? ペナルティ喰らっても知らんぞ。

とあるメールの件名は“I would like to be represented on your site”で、提示金額は25ドルでした。
ふむふむ、こういうときにrepresentを使うのか。かなりしち難しい単語のようだが。

それはどうでもいいとして、興味を覚えたのは“something in the ballpark of $25”という表現。

Ballparkって何よ。屋外ダンスホールとか? とんちんかんなことを言うのはスポーツ無知のわたくし。

「野球場」です。ベースボールスタジアムのことも指しますが、どっちかというと庶民が野球を楽しむことができる広場、遊び場のようなところ。我が国の公園ではたいていキャッチボール禁止となっていますが、アメリカは野球の中心地だし、国土広大だから、ゆったり遊べる場所がたんとあるのでしょう。

で、『25ドルの野球場の中の』って?

辞書によればballparkには「概算の数字」という意味もあって、in the ballparkは「おおよそのところ」「妥当な線で」「予想範囲内では」といった意味合いの慣用句です。

そういう意味をballparkに持たせた由来は知りません。

我が国でも大きい数字を大雑把に表わす際、「甲子園球場がいくつ入る広さ」とか「東京ドーム何杯分のビール」などと、野球場を引き合いに出すことがありますね。庶民になじみがあるからとの理由かしらん。でも毎日甲子園に出かけて応援する人とて、具体的な広さはピンと来ないはずです。単に「でっけえなあ」と感じさせればいい、程度の使い方でしょう。
アメリカのballparkは普通名詞で広さはまちまちであり、使い方も数値の大きさを問わないので、比較するのも変ですが。

人形の大きさとか概算費用など、大まかな数値を挙げるとき、私はナントカの一つ覚えのように about を使っていました。
ちらっと海外のページを見ると、approximate(省略形approx.)が一般的みたいです。aboutはアバウト過ぎるというか、意味が多彩なので、文脈がまずいと誤解を招くおそれもあります。
ほとんど同じくらい近いのなら、almostやnearでもいいでしょうが、ニュアンスはよくわかりません。

ともあれ、1通のメールから知識が増えて表現の幅が広がる点でも、英語サイト運営はプラスになりますよ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:10 | コメント(2) | トラバ(0) | 英語・英文・英会話
2007年05月05日

ヒップハンガーとは

『ヒップハンガー』を検索すると、ファッション用語で、股上の浅い(短い)デザインのボトムズといった意味合いのことが出てきます。ご丁寧にhip hangerと綴りまで載せてくれたり。要はローライズです。

数年前ローライズという言葉を初めて聞いたとき、ジーンズのメーカーのひとつかと思いました。
英語ではlow-riseで、3階建てのアパートから転じて、股上が浅くぴったりしたジーンズやパンツのこと。

昔ヒップボーンとかいってたあれですね。
hipboneは腰骨のことで、ウエストベルトが低くて腰に引っかけて穿くからそのように名づけられたのでしょう。和製英語のようですが、定かではありません。

ズボンやパンツが腰の一番太いところまでしかなければ、重力の法則からずり落ちるのは必至です。
どうしてとどまることができるのでしょう。

ヒップボーン時代には、ぶっといパンタロンを幅広ベルトで締めて着こなしていたようです。
ウエストをベルトで締めつけるときついけど、固い腰なら楽なのでしょう。
しかし一番太い部分に広いベルトでは、腰の太さが目立ってかっこ悪かったでしょうね。しかも胴長短足の日本人に太いパンタロンでは、なおさらへんちくりん。みんな何も考えずに着ていたんだから、流行とは恐ろしいものです。

さて、hip hangerですが、パンツをヒップに引っかける、すなわちヒップをハンガー(衣紋掛け)代わりにすることと皆さん納得しているようです。ハンガーの中には、スカートやパンツの中に入れて突っ張って引っかけるものがあるから、まあ不自然とまではいえない。

ただし、そのような英語はないようです。
横文字で検索しても、出てくるのはおおむね日本語ページ。英語のページではなにやらベルトの説明みたいで、ジーンズやボクサーとは程遠いような・・・。

それでちょっと困ってしまったのです。
なぜなら、今回ローライズのショーツ(パンティ)の作り方ページを企画したからです。
我が国でヒップハンガーが検索語として重要ならページ中で使用したほうが良さそうだけど、英語版にはなんと書くべきか。

実はhiphuggerという単語ならあるのです。最近ではhip huggerと分けて記述することも多いようだけど。ヒップハガーです。意味は『衣服がローウエストで』『ヒップに密着して着るようなデザイン』のこと。ローライズと同じです。
hugは抱き締めること。低いウエストでもずり落ちないためには、しっかり抱き締める(締めつける)必要があるのです。

結局のところ、日本人がヒップハガーを聞き間違えるか見間違えるかしてハンガーだと思い込み、hangerという綴りを後付けしてしまったというのが成り立ちではないでしょうか。案外誰もそのへんを追及しないものです。

そういえば似たような事例がありますよね。
ティーバッグがティーパック(お茶の葉を少しずつパックにしたものだからちゃんと通じる)とか、ほかにはえーと・・・。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:44 | コメント(2) | トラバ(0) | 英語・英文・英会話