2006年07月22日

百日紅忌

またも追悼ネタで恐縮ですが、去年の今日、杉浦日向子さんがお亡くなりになりました。46歳の若さでした。
私は数冊しかその著作に接していませんが、葛飾北斎の娘お栄とその周辺を描いた『百日紅』(さるすべり)は文句なしに傑作です。

えー、ところで、ほんの聞きかじりですが、杉浦日向子さんといえば・・・『パンティをはかない人』だったとか? す、すみません。下着デザイナー(いつからそんなご大層な)としての純然たる職業上の関心であります。
焦って補説しますと、それは和装のときです。江戸風俗研究の第一人者として日本人の伝統的衣食住に造詣が深く、当然ながら和服の着こなしも本式だったのです。じゃあお化粧もパラベンやジブチルヒドロキシトルエンなど化学成分の入ったものは使わなかった? テレビに出るときはそうもいかなかったでしょうが。

日本でパンティ(というかズロース)が普及し始めたのは、白木屋デパート火災がきっかけだといわれております。
それ以前には何を着けていたのか。おこし(腰巻)でしょうね。風呂敷みたいな1枚布をウエストから下に巻きつけます。似たような『蹴出し』というものもあって、腰巻の上に重ねて巻くらしいが、無知な私には違いがよくわかりません(そのくせ知ったかぶりして着物ドールを作りました)。

北斎が帰宅したら、お栄が大の字で昼寝をしていまして、そのはしたなさに「腰巻くらい着けろ」と叱ったら、その腰巻は自分が首に巻いていた・・・てなシーンが『百日紅』にありました。腰巻きはマフラー代わりにもなるんですねえ。
こんな場面でも、日向子さんの筆力と画力にかかると、格調高く仕上がってしまうのです。

現代日本はまことに惜しい人物を失いました。

シロサルスベリ
百日紅はその名の通り100日くらい赤い花が咲き続ける、生命力豊かな木です。今は咲き初めで控えめな印象ですが、そのうちたわわに咲き誇ります。
赤やピンクもいいけれど、白はまた可憐どすえ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 11:43 | コメント(0) | トラバ(0) | 下着・ファッション
2006年07月19日

スカートをはく男たち

可愛い男性下着を作っている関係で、スカートをはく男性と知り合う機会もありました。

スカートをはいた人は昔もいたそうですね。『暮しの手帖』の編集長でしたか。背景は知りませんが、何か主義主張を持っていたのでしょう。

私が知り合ったスカートをはく男性は、ファッションの見地から、パンツ(ズボン)の替わりにスカートをはきたいだけみたいです。
それなりのコーディネートを考慮するなら、ドブネズミ色のかっちり背広に花柄フレアースカートみたいな取り合わせは選ばないと思いますが。
女装とは一線を画します。女装なら頭から爪先まで女性洋品で固め、メークもバッチリだから、外見的に取り立てて違和感はないのです。

なぜスカートをはくの? ・・・スカートが好きだから。スカートの素材や形が気に入ったから。

あれこれ理屈や理論をこねるのでなく、ただ「好きだから」・・・敬服します。
日ごろから私は「好き嫌いは良し悪しよりも重要だ」と感じておりますので。とはいえ好奇や侮蔑の視線にさらされ、物笑いにされてまで好きなことを貫くエネルギーは持ち合わせません。

ひたすら「好き」に殉ずるスカート男さんを、せめて理屈で応援。
真面目に考察しますと、スカートの形態と機能は女性よりもむしろ男性にふさわしい気がします。

そもそもズボンは脚の部分がふたつに分かれています。これって女性向けの形ですよね。男性にはある意味窮屈じゃないんですか?
スカートはトイレで楽です。まくるだけで済むでしょ。20cm弱の小窓から出し入れするのって、急ぐときにはたいへんだと推察いたします。ファスナーの金具にはさんだり、ズボンに水滴がついたりすることもままあるようです。そんなあとを無神経に放置している人を見ると(女性の観察眼は鋭いんです)、スカートはけばいいのにと思っちゃいます。
で、もちろんスカートは風通しがよくて涼しい。クールビズだなんだと騒いでますが、ネクタイ外した程度では焼け石に水。

そして女性にはズボンを義務づけるとよろしい。冷え性から足腰と骨盤を守り、盗撮などの犯罪を防ぐ効果だって期待できますぞ。

ところでキュア(ロバート・スミス参照)には仰天のステージ写真があります。メンバー全員が花柄のひらひらワンピースなんか着ちゃってるんです。これも別に女装ではありません。襟ぐりからは黒々と渦巻く胸毛がのぞいてたり、フリルのペチコートにバスシュー履いてたりして、カワイイといえばめちゃカワイイ。・・・が、私の美意識ではさほどかっこよくないな。

転載は憚られるので、ちらっとバックにあしらってみました。
スカート猫
胸毛の目立つ子がロバート・スミス。ほかは知らん。

スカートはきたい殿方は、この写真を励みにガムバッテください。
スポンサーリンク
2006年07月17日

パンティをはく男たち

柳腰亭パンティ愛好家に宛てたメッセージの中で、男が女性下着を身に着けることに否定的な私の立場を明らかにしました。でも私がいくら嫌がっても、それを穿きたい男性を阻止することはできません。

柳腰亭も開設当初には掲示板がありまして、数名の常連さんが出入りしていました。ほとんどが女性下着の愛用者みたいでした。自分でキャミソールを縫って着ちゃうという本格派(男性)も。
閉鎖的な空間で好きなこと書けるから、彼らにとって居心地が良かったみたいです。

女性下着のどこがいいんでしょう。見た目は綺麗だけど、体型に合わないでしょうに。
うちには男性用ブリーフやビキニが余ってますが、ぴったり来ないから私がはくわけにいきません。

どうやらパンティ愛用者はサイズにコンプレックスを抱えているらしいんです。
あっ、あっ。私の意見じゃありませんよ。上の常連さんのひとりによる証言ですっ。おまけに誰も反論しなかった。

ふと思い出したのが『ルパン三世』。けっこう古い話で、うろ覚えなのだけど。
不二子がお宝を独り占めにして姿をくらまし、血相を変える次元に、ルパンは慌てず騒がず「こんなこともあろうかと、女のパンティに探知器を仕掛けておいたんだ」
すると次元、「そのパンティはおまえがはいてるじゃないか」 ちょん。

ならば不二子ちゃんは何もはかずに逃げたのか・・・ささやかな疑問はおいといて、あのルパンだってはくんだぜ。もはやパンティをはく男をヘンタイ呼ばわりはできないよ。

そうかなあ。

柳腰亭には英語版もあります。よって、世界中の愛好男性からメールをいただきました。
関連記事:パンティ詐欺

海外のパンティ着用男性にはゲイが多いようだが、日本ではそうでもないようです。妻と共用中のオジサマもいらっしゃいます。娘と共有したい、なんて人も。や、やめてくれ。そんなことを喜ぶ娘がいたらビョーキじゃ。

ストレートなのに女性下着を穿きたがる・・・これこそ日本人男性の倒錯的な一面を示すものではないでしょうか。パンティを衣類ではなく、(興奮するための)小道具のように扱っているのです。
そんなもんに頼らないと機能しないほどストレスがたまってるとしたら、まことにお気の毒です。



付記:
この記事にたくさんのコメントをいただきありがとうございます。
下着やファッションに対する皆さまの情熱をひしひしと感じました。
諸般の事情により2008年4月15日以降、コメントの受付を休止させていただきます。
かわりに新たな掲示板を作成し、これまでにいただいたコメントをそっくり移転させました。
ささやかながら画像アップロード機能も備えております(動画はダメ)。
今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

>> パンティをはく男たち BBS
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:11 | トラバ(2) | 下着・ファッション