2006年11月27日

真面目にキュアを聴く 1

ロバート・スミス?これまでザ・キュアー(The Cure)のロバート・スミスを話題にしたことがありますが、容貌やファッション関係のみ取り上げて、本来の音楽についてはさっぱりでした。

私はロバートの顔が好きなんです。懸命に白目むいてるけど、ふっと笑うとドッキリするほどカワイイの。
だけど音楽については没興味、というか全く好みに合わないと感じていました。
ミュージシャンと小説家は見かけで選ぶと失敗するんですよ、ホント。文壇にはほとんどいないが、ロック界には美形がわんさか・・・と書きかけて、たとえば誰?と自問したら、ひとりも思い浮かばなかった。(^^ゞ

キュアのどんなところが嫌いかって。たぶん、仰々しいボーカル(私は楽器に関してニブいので、声は重要な要素です)、起伏に乏しく取っつきにくいメロディ、エセっぽいオリエンタリズムなど、かな。ジャンルにはこだわらないけど、ゴシックパンクなどと聞くとちょっと引いちゃう。

たまたま最近の(といっても2000年リリース)Bloodflowersを聴いたら、声は相変わらずだったけど、肩肘張った感覚が薄らいで、やや聴きやすくなったような気がしました。でもだらだらとして退屈で、これなら初期のほうがましかもと、昔キュアファンにもらったカセットテープを聴き直してみたら、意外にいける。
そのテープは、Three Imaginary Boys(1979)、Boys Don't Cry、Seventeen Seconds(1980)、Faith(1981)、Pornography(1982)、The Top(1984)、Head On The Door(1985)などのアルバムから数曲ずつとシングルから何曲かピックアップして90分にまとめた、私家版コンピレーション。さすがマニアによるセレクト、たいそう充実した仕上がりです。

とかなんとか、そもそもキュアをいけ好かないと感じたのは、そのテープのせいでした。歳月って好みを変えるんですねえ。
かつてこき下ろした点は、仰々しい→計算し尽くされた歌い方、取っつきにくい→ユニークで媚びない曲作り、エセ→幻想的な世界観などと視点が変わってしまいます。

ブリティッシュロックは陰影に富むなどといわれますが、ノーテンキな側面もけっこう見受けますよ。それはキュアもしかり。
キュアの場合、ポップな歌もハッピーなラブソングもバイオレントな曲もおふざけチューンも、皆どことなく陰気で鬱々としています。それもある種作られた鬱みたいなもの。
そうそう、以前Fire In Cairo(ヘンな歌ですごく印象的)やKilling An Arabに首をかしげたのも、その人造的で半端なエキゾティシズムのせいじゃないのかな。そこはかとない酩酊感をかもすKyoto Songも同様。そうした「歪み」のようなものがキュアの魅力ではないかと今さら感じたのです。

初期はおとなしめで軽い曲が多いような。それに時々、むしょうにジェットが懐かしくなったりするんです。ObjectやSo What? のあたりで・・・このころの声、アンディにちょびっと似ていない? ジェットの詳細は思い出せないからなんとも言えないけど。

A Short Time Effect、Figurehead、A Strange Day、Cold(いずれもPornographyより)と続くあたりは重苦しくて聴き疲れしそう(仰々しいと評したゆえん)だけど、じっくり耳を傾けるとそれぞれ凝った作りで聴き応えがあります。The Topに来ると、Shake Dog Shake、Birdmad Girlなど、力強さと繊細さがないまぜになった佳曲が並び、スタイルが確立してきたような印象。A Man Inside My Mouthはメチャ面白い曲ですよー。
とまあ、結局すべてすばらしい曲ばかり。とべた褒めなのでした。

そんな矢先、テレコが壊れまして、しかたなく東芝製CDラジカセを購入。音楽テープなんてほとんど持たないので、キュアのテープを聴き続けたいために買ったようなものです。

1曲目は10.15 Saturday Nightという短い曲ですが、音質の悪い旧テレコでは全く聴き取れなかった溜息やつぶやきが入ってることに気づいて、思わずキャー。土曜日の夜更け、薄明りの下、台所の流しに座って彼女からの電話を待つ・・・というくらーい歌(自分の体験だと本人はゆうとるが)にこんな溜息が入ってちゃ、女性ファンにはたまりません(だったことでしょう)。それとて狙ったような感があって空々しく、ロバートには似つかわしくない(とは私の偏見?)
ま、とりあえず、仮の憂鬱気分に浸るには、キュアが一番です。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:16 | コメント(0) | トラバ(0) | 70年代ロック
2006年07月29日

ピンク・フェアリーズ

先だってラリー・ウォリス(Larry Wallis)の大ファンだと書いたところ、《別にフェアリーズのファンじゃないけど》さんより、ピンク・フェアリーズ(Pink Fairies)の生写真を送っていただきました。うげぁー、エキサイティング。

《別にフェアリーズのファンじゃないけど》さん自らの撮影によるものです。スキャンして公開。え、肖像権? ンなもん知らん。サンディはともかく、ラリーはいちゃもんつけるかもねえ。

ピンクフェアリーズ
フェアリーズ ライブ
At Dingwalls Twink

1987年3月27日、ロンドンのDingwallsでのライヴ。チケットは£4。前座はThe Godsというバンド。前座の写真もあげると言われたけど、丁重にお断りしました。

向かって左手前のふとっちょ(!)がラリーで、赤シャツがサンディ(Duncan Sanderson)、その向こうのTシャツ着た人は誰やら不明(すんません、アンディかしら)、ドラマーがトゥインク(Twink)・・・とのこと。トゥインクとサンディはピンク・フェアリーズのオリジナルメンバーです。
情けないことに私は、トゥインクどころかサンディどころかラリーさえ識別不能。ステージではこんなに顔をさらけ出す人だったのね。楽しそうに演ってるし、観客も乗ってる雰囲気。

なお、《別に・・・以下略》さんがアルバムに貼りつけておいた当時のコメントもお寄せいただきましたので、そのまま紹介します。
熱心すぎるファンが困りもの。とてもしんどいギグでした。
みんなおじさんになってた。
ラリはわかっていたけどトゥインクのかわりようったら!
サンディはスリムでにこりともせず、とてもかっこよかった。
『ラリはわかっていたけど』というのは、《別に・・・》さんはその数年前渡英した折も、VenueだかHope & AnchorだかにLarry Wallis + The Pork Torpedoesのギグを見に行ったとかで、ど、どうしてファンでもないのにそんな・・・(歯噛みするRuno)。
私も昔はけっこういろんなコンサートに行きましたが、ラリー関連ではモーターヘッド(Motorhead)くらい。フェアリーズを見たことがないのは心残りです。
ちなみにKevin Ayersは福岡まで来てくれたけど、ローリーは東京、大阪まで追っかけました。
彼らとは関係ないけど、東京公演で「ハロー、フクオカ」とか叫んだ天然がいたそうです。誰だったかしら。

ラリー・ウォリスのライナーを担当された白谷潔弘さんはトゥインクと親しいらしく、サイトに詳しい記事があります。トゥインクは顔が広く、国際的に多彩な活動をしているようです。シド・バレットと組んだ時期もあったとか。
そういえば私はロックを聴き始めた初期にはアコースティックサウンドのティラノサウルス・レックス(Tyrannosaurus Rex・・・Marc BolanとSteve Peregrine Tookのデュオ)に熱中していました。でも白谷さんのページを見るまで、スティーヴ・トゥックとラリーのかかわりは知りませんでした。その後Radio Starsやその前身Jetがお気に入りとなったけど、マーク・ボランとアンディ・エリソン(Andy Ellison)がジョンズチルドレン(John's Children)にいたことは頭になかったと思う。ロック界ってほんと狭いもんです。

支離滅裂な本記事の締めくくりとして、同封されていた当夜の曲目リストを載せておきます。
ほら、マイクスタンドとかアンプの横なんかによく貼りつけられてるじゃないですか。けっこう記念になるんですよね。私もケヴィンの福岡公演で取ってきました。マニアの考えることは皆同じ。・・・って、別にファンじゃないとか言いながら、なんて熱心なかたでしょう。ともあれ、貴重な資料をありがとうございました。Thanks and thanks much.
Raceway
Urchin
Litenin
Fun
Attitude
Letter
White girls
Fool
Snake
LSD
Police
Broken
Double
Kids
Car
Walk
Do it
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:12 | コメント(0) | トラバ(0) | 70年代ロック
2006年07月14日

シド・バレット

仕事(なんの?)に黙々と励んで新聞に目を通す余裕もなかったのですが、一段落しておとといの夕刊を見たら、シド・バレット氏死去の記事が・・・。

驚きはありません。まだ生きてたのね、って感じ。日本の新聞に載ることのほうが驚き。

シド・バレット(Syd Barrett)は英国を代表するプログレッシヴバンド、ピンク・フロイドの創設メンバーです。デビューアルバムのみで脱退。その後2枚のソロアルバム(The Madcap LaughsとBarrett・・・カバーデザインも秀逸)を出しましたが、70年代にはすでに過去の人。
噂では、かつての美貌は見る影もなく、精神状態もかなりおかしかったようで、末路を知りたくない人のひとりでした。

私はその2枚のソロアルバムに惚れ込んでピンク・フロイドを聴き始め、ついでにケヴィン・エアーズ(Kevin Ayers)のファンになったのです。いわば私のミュージックライフに広がりを与えてくれた人。
ケヴィンとシドは特にかかわりはないけど、『音楽が似ている』という話だったんですよね。声もそっくり。単に似ているだけの人をも聴きたくなってしまうほどシドにはぞっこんでした。

今宵はシドを聴きつつ古き良き昔を偲ぼうか。あーっ、レコードプレーヤーがないんだった。Wish You Were Hereのテープでもかけよう。

手持ちの数少ないCDのうち2枚は80年代にリリースされたシド・バレットのもの。旧作寄せ集めみたいで、古いインタビューやケヴィンとのセッションも含まれるマニア垂涎の品(?)なのだけど、聴く気にならない代物だったりして。
時の流れは苛酷なものであります。
・・・。
 
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 14:01 | コメント(2) | トラバ(0) | 70年代ロック