2009年10月29日

フロートバルブ交換

しばらく前からトイレットのタンクで水漏れの音が聞こえるようになりました。
ポトリ、ポトリ・・・ごくわずかの量です。

タンクの蓋を開けたら、給水管のつなぎ目のようなところから一滴ずつ落ちていました。
トイレの水漏れによくある原因は、フロートバルブの磨耗や破損などですが、この場合ボールタップのパッキンが磨り減ったのかなと思ったのです。ボールタップの修理はかなりたいへんそうなので、とりあえず放置していました。
漏れる水の量が少なく、水道のメーターも動かないくらいなのです。

しかし、絶え間なく水が落ちる音というものは、実に神経に障ります。拷問の手段にも使われると聞いたことさえあります。

止水栓を締めれば応急的に水が止まるとかで、あるときドライバーで回してみたのです。
ところが、これ以上回らないところまで回しても、水は落ち続けています。どうやら止水栓がバカになってる模様。困ったもんだー。

なので、水道の元栓を締めて寝てしまいました。
翌朝元栓を開いたら、タンクの中に水がたまり始めました。水が供給されない間にタンクの水が減っていたのです。

なあんだ。フロートバルブが原因だったのか。
もっとよく調べれば、ちゃんとわかったはずなのに。思い込みっていけませんねえ。

フロートバルブはタンクの底にある丸いゴムの玉。水が流れたあとに栓の役割をはたします。フロート弁、ゴムフロート、フロートゴム玉などとも言います。浮いていないのになぜフロート?

ともあれ、フロートの交換なら私にもできそう。以前触れたら指が真っ黒になったので、相当劣化しているとは感じていたのです。
築20年、たぶん1度も交換されていないのでしょう。

まずはメーカーサイトを見て、商品チェック。
大きさの調べ方など丁寧な説明がありまして、それに従えば我が家に適合するゴムフロートは直径55ミリだと判明。念のため定規を当てて大きさを測りました。

いざ、ホームセンターへ。一番近い店は徒歩15分くらいです。

ところがですね、売り場で商品を手にとったら、突如自信を失ったのです。

メーカー対応の製品は2種ありました。55ミリと65ミリ。むろんうちは55ミリでOKのはず。ちゃんと測ったんだし。

55ミリのパッケージには『隅付型用』と明記されていたのです。隅付型とは一般家庭に多い、三角形のタンクです。
我が家のタンクは長方形。これは『密結型』とか呼ぶらしく、65ミリのパッケージにその絵が描かれていました。

もしかして、測り方を間違えたのかもしれないぞ。ゴムの上にはストッパーという丸い枠のようなものがあって、よく見えなかったし・・・。

致し方ありません。手ぶらで店を出て帰宅し、再度測り直し。
やっぱり55ミリでした。くそー。

また店へ行き、55ミリを買ってきました。いい運動になったと、前向きに捉えようね。
止水栓が効かないので、元栓を止めて交換作業を行いました。水が出ないと、途中で汚れた手を洗えないことに気づきましたが、いちおうスムーズにできました。
水漏れはピタリと止まり、心安らぐ日々(?)が戻ったのであります。

ちなみに、これが劣化したフロートゴム玉。2度と触りたくないぞう。
ゴムフロート

さて、この記事はDIYに投稿しましたが、本題はこれからです。なんたって貧盗恋歌だからね(どーゆー意味だ?)。

しっかり下調べをして自信を持って臨んだつもりなのに、些細な横槍でその自信がおっぺしがれることって、日常よく起きませんか?
その横槍というのは、しばしば親・上司・先生など目上の人とか、テレビ・書籍など社会的に権威あるものだったりします。

私の場合、パッケージがその「権威」だったのです。商品説明にウソ書いたら、メーカーは信用失墜するはずじゃないですか。
あれほどはっきりと「55ミリ=隅付型」と書かれていれば、我が家のタンクが例外だなんて思わないものでしょ。それに私はゴムの取替えに初トライするわけだから、下調べで得た自信など、吹けば飛ぶ程度だったのです。

実際の話、世の中には間違ったことを自信満々主張する人々が大勢います。内容がデタラメでも、本人がそうと信じ込み、堂々と主張すれば、傍目にももっともらしく見えるものです。
たとえ間違っているとわかっていても、立場が弱ければ口出しできません。

私なんか、とっても気が弱いから、押しの強い人にかかったらたちまち意気消沈して、自説を引っ込めてしまうことがたびたびあります。相手が目下の若輩者でも同じです。要は世渡り下手。

しかし観点を変えれば、たとえ根拠がなくても、見せかけの自信を持って事に当たれば、主導権を握ることだって可能ということです。
ハムテルはそれで教授を言い負かしたではないか。

そんなわけで、気が弱くていつも損ばかりしていると感じている人は、たまには自信たっぷりのふりをしてみると、人生変わるかもしれませんよ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:49 | コメント(2) | トラバ(0) | DIY・ソーイング
2007年12月30日

物干しハンガー

ソックスや下着などの小物をつるして干す器具、どの家にもひとつやふたつありますよね。丸や四角の枠に洗濯ばさみがいっぱいぶら下がっている形の。
それが日光や風雨にさらされてプラスティック部分が劣化し、表面がボロボロとはがれ落ちて洗濯物を汚すようになりました。それでも10年以上もったのだからたいしたものです。日本製って丈夫なんです。ついている洗濯ばさみも少々もろくなったけど、バネはしっかりしています。

ともあれ粉が落ちるのは困るので捨てることにしました。
新しいのを買う前に、手近なもので代用できないだろうかと頭をひねったら、思い当たりました。
スカートハンガー。

スカートハンガー

これはですね、3段になった棒に固定式のピンチ(留め具)が2つずつついていて、スカートのウエスト部分をはさむのです。1本に3枚のスカートがセットできるから、狭いクロゼットを有効利用できるわけ。私はこのハンガーを3つ買い、それぞれに6枚以上はさんでいました。重量オーバーで、時折ずり落ちたり。

とはいえ、そんな衣装持ちだったのは過去の話。今ではスカートなんか全くはきません。このハンガーも無用の長物と化し、押入れで長いこといじけておりました。

吊り下げる部分をはさみで切り取りまして(パキンと簡単に切れます)、四角い枠にひもを渡して結びつけ、田の字にします。さっき切り取った提げ手を、田の中心に結びつけます。ありあわせの洗濯ばさみをぶら下げて出来上がり。もともとついていた留め具もそのまま利用できます。取り付け方がずさんで、斜めになっていますが、使用には差し支えないでしょう。

小物干し

なお、見本としてつるされているパンてぃは、昔自作したものですが、私自身の愛用品ではありません。よけいな想像はなさいませぬよう。

不格好なものを手作りせずとも、100円ショップにはかわいくて使い勝手のよいものが並んでいます。雑貨店へ行けば、いくぶん高価だけど機能性と耐久性に優れたステンレス製品も選べます。

でも、そういう問題じゃないんですよね。

このスカートハンガー、きれいでしっかりしていて、捨てるには惜しい代物だったんです。またスカートをはく日が来るかどうかはともかく、スカートハンガーが必要になることはたぶんないような気がします。
その不用品が再利用できたという点を評価したいのです。将来ボロボロになったら、心置きなく捨てられるでしょうし。

この機にほかの使い道も探し、別のスカートハンガーを帽子掛けならぬ帽子はさみとして役立てることにしました。
大掃除で出てきたガラクタなど、捨てる前によっく考えれば何かに利用できるかもしれませんよ。

付記:
実際に使ってみたら、吊り手が固定されていると干すときに不便なので、回転するように作り変えました。
見映えもいくぶんスッキリしたと思うんだけど・・・。

改良版
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:54 | コメント(2) | トラバ(0) | DIY・ソーイング
2006年07月23日

ユニットバスの掃除

私が住んでいる建物は築20年近くなります。
ユニットバスの浴槽と壁の隙間を見るたびに、あの奥はどうなってるんだろうと、いささか不気味な思いが胸をよぎるのでした。

いつもシャワーで済ませるので、あまりこまめに掃除をしないのですが、浴室に窓があることが幸いして、怠慢のわりにカビは少ないようです。
それでも放置するとタイルの目地が黒ずんだり、床にピンクのしみ(これもカビ?)ができるので、バス洗剤のほかカビ取り剤やパイプ洗浄剤を使います。

浴槽の外側の壁も湯がかかり、石けんかすが飛んで汚れやすい場所です。たたくとボコボコしてるので、中はがらんどうなのかと思っていたら、それは単なる蓋で、取り外しができることを知りました。
そしてその中はカビの宝庫とゆーか温床だとかで、いくら壁や床をピカピカに磨いても、そこからカビの胞子が漏れ出てすぐに広がるらしいのです。ぞぞっ。

そうと知ってからも、なかなか見る勇気がなくて手つかずだったのですが、ついに決心をつけて外してみました。
簡単な図で説明しますと、緑色の部分が蓋(エプロンというらしい)です。下部に2ヶ所手を入れる窪みがあって、持ち上げて手前に引くと取れます。

浴槽

おそるおそるのぞいたら、浴槽は意外に小さくて隙間が広いんです。外した蓋は確かに周囲が汚れていましたが、全面カビだらけというほどでもなく、内部の床も黒い汚れが広がっていたのは手前だけで、奥のほうには目立った汚れは見えません。やや拍子抜け。

とりあえずカビキラーをシュッシュしまくり、数分後にシャワーで流し、手の届く部分をブラシでこすると、なかなかきれいになりました。
見落としがちなのが、浴槽から出ている排水パイプの下と、浴槽の縁の内側で蓋が引っかかる部分。図のピンク部分が特に汚れやすい場所です。隙間から水が入りやすいんですね。
最後に熱湯をかけて乾燥させてから元のようにはめ込みました。

見えないところまできれいにすると、いい気分です。これでカビの発生頻度が減るといいんだけど。


付記:
2、3ヶ月したら元の木阿弥でした。やはり奥まで手が届かなかったのが問題かなあ・・・。
ユニットバスの掃除を本格的に徹底的にやりたいなら、業者に任せたほうがいいかもしれません。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:46 | コメント(0) | トラバ(0) | DIY・ソーイング