2008年01月21日

情けは誰のため

「情けは人の為ならず」を正反対の意味に捉える人が増えたと報道されてからずいぶん年月が流れました。当時日本語もろくに知らないと嘲笑された若者たちも中高年となり、「情けは人のためならずって言うからね」と偉ぶって、部下をビシバシ鍛えているのでしょうか。

「人のためならず」という文自体は否定形なので、「人のためにならない」と素直に解釈した人々の気持ちは理解できます。

改めて辞書を見ましたら『情けをかけるとその人のためになるだけでなく、巡り巡って自分にもいいことがある』とか『人に情けをかけておけば、必ずそのよい報いが自分に返ってくるものだ』などとあります。
つまり「情けをかけることは人のためにするのではなく、むしろ自分のためにするのだ」であり、「自分のため」云々は省略されているのです。

ここからいろんなことが読み取れると思いませんか?

まず、情けをかける行為は、人があまりやりたがらないこと、やった人の損になると思われることである。
ちなみに「情け」とは、「あわれみ」「思いやり」「同情」「恵み」「慈愛」などと説明されています。
しかし将来的には情けをかけた本人に果報が回ってくると説いて奨励しているわけだから、個人個人にはちょっとした負担でも、世間全体としては情けが充満していたほうがいろんな局面でメリットが大きいのでしょう。
苦労が報われる点で「苦あれば楽あり」の別バージョンとも言えます。

「苦あれば楽あり」はストレートでわかりやすいのに、なぜ「情けは人の為ならず」では「楽あり」に相当する部分が隠されているのでしょう。以心伝心を旨とする日本人は、しばしばいろんなことを省略するものですが。
わかりますよ。「苦」はひとりでもできるけど、「情け」は他人とのかかわりです。「人のためじゃなくて自分のためにやる」では、打算が見え見えですもんね。

きっと現代の若者たちは、このフレーズに潜む偽善の匂いを、青春の潔癖さでもって察知したのでしょう。だから敢えて潔く「ヘタに甘やかすとかえって相手を堕落させる」てな新解釈を取り入れた、と。

ま、これはうがちすぎだと自分でも思います。だいたい、世相が裏付けてくれません。

昨今の日本人はやたらとせっかちです。何事も直ちに結果が出るよう要求します。
いつになるかわからないけど、そのうちいいことがあるだろ・・・そんな悠長なことには耐えられません。当てにならない「情け」なんてものにかかずらってるヒマはないのでしょう。

とはいえ、せっかちであることは思いやりがないことを意味しません。両者は別問題です。

昔の人は情味があった、今の若者は損得勘定ばかりさとくて自分勝手だ、見返りも求めず他人に親切にするようなことが少ない。などと言う大人がいますが、ほんとうにそうでしょうか。老若男女を問わず、自分に優しく他者に冷たいのが普通の人であり、それは昔からちっとも変わっていないのです。
だからこんな成句が生まれたんじゃありませんか。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:43 | コメント(0) | トラバ(0) | イチャモン日本語
2007年09月14日

清濁併せ呑む

「Tバックビキニの作り方」にリンクしているページにアクセス解析を入れてみると、「バックの作り方」や「布のバック」などで検索して訪れる人が毎日幾人もいました。
私に責任はないにしても、なんとなく申し訳ない気分。あなたが求めるバックは当サイトにはありませんよ。おきのどくさま。

少なからぬ人々がハンドバッグやショルダーバッグなどのバッグをバックと呼び、そう書くようです。
スーパーに「エコバック48円」というポップがあっても驚かないが、カバン屋さんで「この秋の新作バック」となると、いやはや。

同様にダブルベット、ビックイベントなどよく見かけます。ブルドックソースのマークは犬のブルドッグだそうで、人の名前さえデビットボウイと澄ましちゃうのを見ると、日本人は濁音を汚いものとして減らしたがっているのかと疑いたくなります。

むろんそうでないことは、アボガドやジャガード(Jacquard)やハンフリー・ボガードなどが示しているのであります。どっかでキャスチングボードというのを見たけど、これは単なる・・・。
言い易さを狙ってそうなったのでしょうか。いえいえ、アボガドはアボカドよりもっと舌をかみそう。

方言から推測すると、東北は濁りがちで九州は澄ませがちな傾向がありますが、外来語には影響しないようです。
まるきり法則がないわけではないでしょう。「聞こえるとおり」が基本、でしょうか。

英語でもkとg、dとt、sとzなどは同系列だし、発音も渾然としている点で、日本語と同様です。清濁の発音は行き来し、揺れることが多いのです。もちろん発音し易いように変化するのです。
ドレス丈が長いことを日本語でフルレングスとかいいますが、このlength、gだけどk音ぽくて、レンクスが正しい。レングスは言いにくいでしょ。もっとも、耳にした限りではgもkも聴き分ける余裕などないのでは? (レンスと聞こえる)

ジャンパースカートはまあ間違いですが、もともとが和製語だからイチャモンの対象ですらない。ドイツ語などではbをpと発音するケースもあるしね。

言葉は記号なのだから、外来語が本来の発音から離れた表記になっても、それでなじんでしまえば特に問題はありません。
記号であるがゆえに、本来の発音に近づけてレンクスと書いても通じないわけです。

バッグをバックと言ったり書いたりしても、これまで日常生活では問題なかったわけですが、インターネットが日常生活になってくると、コンピュータは言葉に厳密だからいくぶん支障が出てきます。「バックの作り方」で検索して出てきたページに、はたして「バッグ」に関する有益な情報が詰まっているでしょうか。

「アクセス解析顛末記」で、検索ワードは訪問者の要望を知る手がかりだと書きました。
その方針に沿って、今年やっと簡単なバッグの作り方ページをいくつかアップしたのですよ。でも仕上げに「バック」というワードをちりばめる気配りまでは不要だろうと軽んじていました。

が、本日実際に検索してみて、がぴょーん。
世の中には「バッグ」ではなく「バック」が正しいと思い込んでいる人のほうが多いらしいと気づきました。みんながそうだから、バッグ屋さんもバックでアピールせざるを得ないみたいです。

「バック」なんてどうせ少数派。というのは単なる思い込みだったんですねえ。またSEOの見直しを迫られそうです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:50 | コメント(6) | トラバ(0) | イチャモン日本語
2007年02月28日

敬語無用論

日本語の乱れでしばしば指摘されるのが、敬語がなってないってこと。若者ばかりにあらず。年配者だってひどいもんです。

私は敬語が嫌いで、さっさと消滅すべきだと考えているので、敬語の区分を細かくしようという動きには反対です。ただでさえごっちゃの現状なのに。残すなら丁寧語だけでじゅうぶん。

ごっちゃになってきた原因のひとつは、やけに敬語重視に進む世の動きであるようです。「長ければ長いほど丁寧」「重ねれば重ねるほど丁寧」という誤解が「させていただく」「おっしゃられる」「お乗りになられる」などのほとんど意味不明な多重敬語を生んでいるのです。
(そうやって丁寧化が進む反面、「やつ(奴)」という一種の罵倒語が一般代名詞化して上品げな人にも使われるという風潮はなんなんでしょうねえ。)

敬語重視の傾向は人間軽視と表裏一体に見えます。不祥事を口先で糊塗する企業屋や政治屋に食傷し麻痺したゆえの感想かもしれぬが。
敬語はそれを使うことで敬意がないことを隠す効果があると読んだことがあります。まこと至言です。

敬語がなくなれば、言いたいことをストレートに表現でき、ごまかしがきかなくなります。
ほとんどの外国語は敬語なしで通用します。しかし敬意を払うくらいできます。敬語は安易な手段なのです。

いくら私が要らんと叫んでも、たぶん敬語がなくなる日は来ないでしょう。ならば使うしかないか。

自分では丁寧語・尊敬語・謙譲語の区別くらいつくと思っていたのですが、突き詰めるとかなり怪しくなります。
用法そのものが揺れ動き、変遷し続けているのが現状です。

たとえば「申す」・・・。これは謙譲語との認識でした。
これを尊敬語と誤る例は数知れず。時代劇などでそのように使われているせいもあるのでしょう。
「荘重体」を兼ねているのです。荘重体って何よ? 重々しさを出す表現なのだとか。
最近ではわかりやすいように丁寧語と見なされています。「あなたが申したことにつきましては・・・」は敬意がないだけであって、失礼ではないということです。

「花に水をあげる」「犬に餌をあげる」「キャベツを冷やしてあげる」などにも抵抗はありますが、尊敬語の丁寧語化の一環で、やむを得ないのでしょう。
「花に水を差し上げる」はあんまりですが、それに類した表現は見過ごされています。
廃品回収の車が「ご家庭でご不要になられました家電製品を回収いたします」とアナウンスしているのは耳障りです。不要品を尊敬してどうすんだ。

人形をお買い上げいただいたお客様から「ご到着されました」というメールが届きました。到着したのは人形です。モノなんだから「ご到着された」はおかしいですね。
でも・・・感激しました。
人形の到着を喜ぶ気持ちがあふれていて、ついそういう表現になったのではないでしょうか。こんなかたに可愛がってもらえれば人形も幸せだと、ありがたく思いました。

それはそれとして、敬語が不要という意見は捨てません。
敬語がなければ日本人はもっと上手にコミュニケーションができるようになるはずだと考えます。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:57 | コメント(6) | トラバ(0) | イチャモン日本語