2006年12月03日

世にも美しいブログ

はてさて美しいブログとは?
あなたが今見ているこのブログがまさしく美しいといえましょう。エヘン。

ちょっとちょっと、この薄汚いページが? しょい過ぎというか、勘違いも甚だしいというか・・・。使用単語だってヤバいものが多いぜぇ。

別に色やデザインの話じゃございませんことよ。
まず広告がない。ランキングにも不参加。そしてコメントやトラックバックがごくわずかです。
すっきりと美しいではありませんか。

へ? 要は、見捨てられた三流ブログてことじゃないか。

オーナーのエスプリのみが凝縮されていると表現していただきとうございます。

とかなんとかうそぶきつつ、実は数日前からこのブログにも広告を貼っています。トップページから見えないだけです。試験運用だからいつ外すかわかりませんが、すでに美しさは損なわれました。玄関だけ掃除して部屋の中はガラクタだらけ。

ブログは広告と相性がいいそうですが、うちみたいに雑多で取り留めのない内容だと、向いていないのは確かです。テーマを絞り、訪問者を選んでこそ、広告の真価は発揮されます。
しかしおおかたの個人ブログ(日記系ブログ)は日々の出来事や雑感などが主体で、そうそう専門的にはなりません。そうした広範な雑記がブログの魅力なわけですし。

今日のテーマは、雑多な記事が詰まった一般個人ブログにあえて広告を載せる方法の考察。きっちりテーマを定めた個人ブログは対象外です。
検証ははるか先になりそうですが。

人より遅れて物事を始めても、何かと自分なりの(へ)理屈をつけて先輩方に披露し(教え)たがるのが私の悪い癖ですな。
ま、一般的個人ブログでアフィをやってて成果がはかばかしくない人は、真面目に読んでも損はないぞよ。損があっても責任は取らぬ。

その一。トップページに広告は不要。
通常のブログでは時系列で記事が並ぶので、トップページはゴミ箱、いや、これはあんまりか、寄せ鍋のようなものです。訪問者もさまざまで傾向が一定しません。
特別に生もの(最先端を行く話題・日が過ぎれば無意味になる品)を扱ったのでない限り、しょっぱなから広告を載せても効果が薄いのではないでしょうか。

うちはアクセス数がものすごく少ない。しかも記事をアップした直後はTBの餌食を探す人かロボットばかり。広告なんかあれば、同類項と誤解されてますますスパムに食い荒らされるだけです。せめてトップページは無垢を装いたい。

トップページが最も検索されたいと誰しも願っていますよね。
トップからの発リンクが多いと、Google流にいえば『ページランクの流出』を招きます。ランクはあまり関係ないとされるけど、役立たずの広告リンクは極力取っ払うべきです。Yahooでもアフィをベタベタ貼りまくったページは不利になる可能性がなきにしもあらず、らしい。検索エンジンに見放されたら広告もヘッタクレもありゃしません。

一般検索エンジンで新着記事がそれなりのキーワードで検索され始めるのはおそらくトップページから消えたころでしょう。そのころになってやっと真に読んでほしい人々が来始めるのです。その時点で広告を載せても遅くはありません。
また各記事がその後も読み続けられる値打ちがあるかどうか篩い分けができるのも、だいたいそのころです。2週間後には誰も来なくなる記事は見捨てるのが賢明です。

その二。テンプレートに広告を入れない。
コンテンツのHTMLに広告を挿入しておくと楽ですが、どのページにも同じ広告が出ると目障りであり、見慣れた人は無視します。ページ内容に即した広告を配信するシステム(アドセンスやライブリンクなど)もありますが、必ずしも適確とは限りません。
ターゲットを絞った広告を、厳選した少数の記事に手動で載せるほうが印象的です。

以上。
これさえ守れば、少ないアクセス、少ないビジター、少ないページビューでも、比較的ましな結果が得られるのでは・・・?
結果をお金だけに換算してはいけませんよ。ブログであれ、ホームページであれ、自分で作ったページは財産です。過重な広告がほかの自サイトに悪影響を与えるおそれもあります。

私はあまりブログサーフィンをしませんが、お気に入りに収録しているブログはけっこうあります。広告の量は無からドバドバまでさまざまです。むろん記事が良いゆえのブックマークですが、広告に関しても見習いたいようなセンスに満ちたブログも多いようです。


付記:
お恥ずかしいことに、その後トップページを初めとして、テンプレートにも広告をぶち込んでしまいました。よってこの記事は全く無意味。
言うこととすることが裏腹なのが、ワタクシのホコリです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:02 | コメント(0) | トラバ(0) | ブログ論
2006年07月31日

ブログはホームページよりも格が下

ブロガーから非難を浴びそうな主張を敢えてぶっ放すのが閑古鳥の余裕です。
自分がウェブページを作れるからと偉ぶってるわけじゃないんですよ。私だって、タグを手打ちしろと言われたらたちまち行き詰まります。

そしてまた、他人のブログには充実した内容で面白く有益なものが多数あることは重々承知しております。玉石混淆はホームページでもブログでも同じことです。
にもかかわらず、ブログとホームページの間には溝があり、やはりブログはホームページを抜けないと感じます(感じたい?)。

これをふたつの視点から考察してみます。
ひとつは私個人の事情。もうひとつはブログというシステムに潜む問題点。

従来サイトの手作りHTMLページもブログの動的生成ページもウェブページには違いありませんが、便宜上前者を「ウェブページ」、後者を「ブログページ」と表記することにします。

私個人にとってこのブログ『貧盗恋歌』は、以前から運営中のいくつかのサイトの下位に置かれた、いわば共同使い走りです。
カテゴリも概ね各サイトのテーマに即した分け方をしております。無関係な話題ものさばってきましたが、それもエッセイの醍醐味であります。ほんとはテーマ外のほうが書いてて楽しい。

これまではそれぞれのサイトにちょびこびとエッセイめいたウェブページをつけ、それを充実させたいと思っていました。ところがさっぱり筆が進まないのです。布人形1ページ(すでに削除)、柳腰亭2ページ、ぬいぐるみ1ページ、ABC縦横無尽は番外編にいくつか。
ネタなら100年分くらいあります。書きかけのウェブページもあまた。なのに仕上げてアップロードするに至らず長らく放置したものも・・・。

この心理的抵抗はどこから来ているのか。

自作ウェブページにはくだらないこと、いい加減なことはなるべく書きたくないんですよね。
えっ、まじ? じゃあ自分のウェブページはどれもくだらなくもなくていい加減でもないつもりか? ・・・と正面切って問い直されると汗顔の至りだけど、まあその「つもり」だったりします。

文章系ウェブページを作る(書く)には、画像(写真)系ウェブページとは違った面倒さがあります。主題に沿った内容、読みやすく平易な構成、起承転結などに配慮が要ります。何度か読み直し、誤字脱字や不適切な表現、修飾の係り具合を正すなど推敲を重ねます。あと重要なのが伐採作業。冗長部分やダブりをバッサバッサと切り落とし、仕上がるころには当初の半分くらいに量が減っているのが普通です。独立したページとなすにはそれなりのボリュームが必要だから、あまり短いとボツになったりします。
とてもそんな手間をかけているようには見えないと呆れられましょうが、浅学非才不器用無能なわたくしは努力してその程度でございます。

笑わば笑え、ウェブページは格調高くなければならないという思い込みが、気軽な更新を阻んでいるのです。

で、ブログを始めたら、ことんと脱力しちゃったんですよね。ブログだからテキトーでいいやって感じで。
見直し手直しはよほどひどい部分のみ。些細なことですが、言い換えが利くのに同一副詞や接続詞を多用するとか、必然性を欠く否定形、指示代名詞の氾濫、「〜かも。」「〜みたい。」などで終わるセンテンスが続くなど、以前はわりとこだわっていた無神経な表現も軒並み放置。『ヨダレが出るほどありがたい』『への字眉』など、無知だかわざとだか不明な描写も残しています。『目薬』は『注す』が正しいよな。

牛乳は子牛の飲み物』は牛乳否定派みたいなタイトルですが、文面は牛乳派とも思えてはっきりせず、唐突に終了。単なる思いつきでぱっぱと書いちゃったんです。
ほかにも顔がクサいだの、寝違えただの、ものもらいだのアホらしい身体問題をよくまあ恥ずかしげもなく・・・。
体操着の少女』はたった2行の文章と画像1個。本来(の良識ある私)なら、セーラー服こみで1ページにまとめていたはずです。分けたおかげでこのブログでは『体操着』が検索ワードの1位に躍り出ました(やばっ)。

テキトーに済ませられるところがブログの本領で、ブームの要因といえましょう。
結果、ウェブにはシロートがテキトーにものしたブログページがあふれ返り、その一端を私も担ぐこととなったのです。ウェブページに載せるには気が引ける雑多な駄文をぶち込める底なしゴミ箱・・・は言い過ぎかな。
書いているときは決してくだらないとまでは思っていないんです。でもアップしてしまうと、あ、またヘンなこと書いちゃったと後悔し、さりとてせっかく書いたのを削除するのは惜しい。その記事を下げるべく、追い立てられるように新記事を追加するのでありました。
世間への迷惑を最小限に抑えるため、宣伝やトラックバックを控えています。アクセスは少ないほうが、自由に大胆に書けますし。

次。ブログそのものの問題点です。

実はブログが台頭して、その恩恵をいち早く受けたのが私の英語サイトです。海外のさまざまな人気ブログからリンクされ、アクセスアップに役立ちました。ブログの悪口なんか言えた義理ですか。でも言う。

そういう紹介ブログの中には、1ページ内の正味文が単にリンク先のURLだけ(あるいはプラス簡単な説明)、なんてのがあるんです。それでも人が集まるのは、価値あるサイトを紹介してきたという過去の実績ゆえ。運営者たちの探索力と鑑識眼には敬服しつつも、人の褌で相撲を取って広告収入を稼いでるとの思いもぬぐえません。

さらに目障りなのが、雨後の竹の子のように湧いて出るアフィリエイトブログ。やむを得ない事情でいろんなブログを観察しましたが、中には不料簡なものも。自前の文がほとんどなく、広告で埋め尽くされた類です。『ブログでアフィリエイト収入を稼ごう』なんてキャッチコピーに乗せられて安易に手を染めたんでしょうね。
安易に手を染められるのがブログの特徴です。

どこで覚えたか、彼らの目標は可能な限りブログページを増殖させること。

オリジナルの記事を精力的に書き続け、まあまあ成功しているらしいアフィリエイトブログだって多数あります。が、ネタ切れになると、『今日は疲れたのでお休みします。』でお茶を濁す日も。それだけの一文を送信すれば、アフィリエイト広告がぎっしり詰まったブログページが一枚出来上がってしまうのです。しかもその短文の前後左右には『ランキング参加中。よかったらポチッと押してね。』が麗々しく並ぶ。押す人がいるのかって? もちろんお仲間の小遣い稼ぎ連です。相互リンクだけでは足りず、ランキングボタンも押し合いっこしてるんでしょうね。のみならず『お疲れ様。無理しないでね』などとコメントがついたり。コメントつける側もURLの露出を増したい思惑があるし。

こんなことがたやすくできるブログって、やっぱり格が下だと言われてもしかたないですよー。中身空っぽでも同じ1ページとしてひとしなみに検索されるとしたら、ウェブの前途は暗いもんです。それに比べたら、短くてつまらんネタでも、私のブログページのほうがずっとましじゃありませんか? (下を見て自己満足するなっ。)

言うまでもなくブログの弱点はコメントスパム、トラックバックスパムです。
特に海外からの無差別スパム攻撃はサーバの動作をも危うくするほどひどいらしい。各社とも対策に乗り出してはいるものの後手後手ですね。

情報発信と同時にコミュニケーションもできるからこそブログは拡大を続けているわけで、一般ブログでトラックバックやコメント機能を外すことにはためらいがありましょう。
スパム弊害はこれまでも掲示板で問題にされてきましたが、数において比較になりません。ブログは1サイトが数十〜数百の掲示板を抱えるようなもの。スパム業者にとっては入れ食いの楽園ですわ。

そして私の憂慮は、ブログのページ構成がウェブのスペースをいたずらに消費することです。

ブログは静的な通常サイトに比べると流動的に構築されています。
単位は「記事」ですが、ポピュラーな構成として、トップページにいくつかの新着記事が並び、「次ページ」として続き、ほかにカテゴリ別、月別、日別などに分類されます。ひとつ記事を書けば、それは最低5ページに収録されるわけです。
最近の検索エンジンはブログ優遇を見直したり、分別を始めたとも聞きますが、依然ブログはSEOに有利との説が蔓延しています。実際、検索ワードによってはブログばかり目につくことも稀ではありません。中身のダブったページがあふれ返ることの無駄を、ブログ考案者は、検索エンジンの設計者はなんと心得るのでしょう。戦中派・もったいない族・節約ママには歯がゆい限り。そうした節操なき増殖が、端然と1内容1ページを固持する従来のウェブページを数の力で凌駕し、検索されにくくさせているとしたら・・・ブログは格下どころではなく、もはや犯罪です。

そんなわけで、私は他にテーマを絞ったブログを持つ可能性がなきにしもあらずとしても、ブログをメインサイトにする意志はさらさらありません。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:09 | コメント(6) | トラバ(0) | ブログ論
2006年06月19日

盗泉の水を飲まず

『渇しても盗泉の水を飲まず』とのたまったのは孔子先生です。
「どんなに困窮しても不正はしない」と解されております。貧しさに負けてつい盗みをやらかす小人の弱さを引き合いに出した『貧盗恋歌』とは逆のパターンです。

が、私に言わせれば「変な名前をつけるな」ってことじゃないのかしらん。孔子は『盗』の字が気に食わなかっただけなのです。
どんなに清らかでおいしい水でも、名前が悪ければエライ人に忌み嫌われるのです。

『名は体を表す』と言います。
たとえば我が子に『悪魔』と命名するのは堕地獄の非行というわけです。個人的には、行政や他人が口出しするのはお節介だと思うんですが。
変な名をつけられた子供は苦難の道を歩むだろうが、だからって人の痛みを理解できる人間に成長するものでもないことは、姑にいびられた嫁が自分の息子の嫁をいびり、虐待された子は長じて自分の子を虐待するという事実が証明しています。
世をすねて親を恨み、引きこもったり家庭内暴力に及んだりして、結局は親が報いを受けるのです。

同様に、我が子も同然の存在であるウェブサイトのタイトルをぞんざいにつけると、苦労するのは命名者であるオーナーです。
私が「誰かこのブログをリンクして〜」と懇願したら、孔子ほどケッペキでなくても、自分のページに『貧盗』なんて言葉を置いて品格落とすのはやだーと渋る人もおりましょう。

なので私は、よほど気心が知れない限りトラックバックはいたしません。

以上は前置き。ここからが本題です。

トラックバックスパムかどうかを判断するのに、わざわざ先様まで出向くことは稀です。タイトルが気に入らなければ即時削除。コメントも名前がひどければアウトです。
私には私流の美学があります。『貧盗恋歌』のあるかなきかの品格をさらに傷つける語句を置きたくないのは当然でしょう。
『盗』よりも劣る言葉って・・・・・・おわかりですね?
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 20:23 | コメント(2) | トラバ(0) | ブログ論