2006年06月17日

がんじがらめのスタイル

別にボンデージファッションのことではありません。

このページ、これまで字が小さいとか大きいとか薄いとか感じつつも、スタイルシートがややこしくてわかりにくいので放置していました。
本文のフォントサイズは14ピクセルでした。ブラウザの文字サイズ設定「中」に比べると小さくて、「小」に慣れた人には大きすぎるという、なんだかハンパな大きさ。

基本的に私は文字サイズをピクセルやポイントで固定することが嫌いです。自分では時々やってますが、あくまでも補助的な部分のみ。本文は閲覧者の環境に極力合わせたいのです。老眼や近視、弱視気味の人もいれば、文字は小さければ小さいほどカッコイイと信じてる人だって・・・。
ただし相手任せだとレイアウトが崩れることがあります。

試みに「ユーザー補助」機能を使って、指定されたフォントスタイルを無視して表示させたら、多少崩れはするが、さしたる影響はないみたいなので、思い切ってスタイルシートをめった切りにしてみました。もし変になったらゴメンナサイ。

それにしてもお仕着せスタイルシートのぐちゃぐちゃ細かいことったら。ここまでしないとプロポーションを維持できないものなのか。
もともと太字が前提のHタグにわざわざボールドをかける愚かしさ。
1枚のページ内でリンク色がさまざまなのは悪趣味です。色の統一を図るためとはいえ、灰色の背景に薄い灰色文字だなんて。

修正後、見た目は野暮ったくなったけど・・・まあ、私のページはどれもこんなもんです。オシャレなコンテンツでもないし、質実剛健、なかなか似合っていると自画自賛。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:11 | コメント(0) | トラバ(0) | ブログ論
2006年04月16日

トラックバックスパム皮算用

おやおや、ブログ初心者の分際でもうスパムの心配?
トラックバックどころか、もっか当サイトへの訪問者はゼロ。試行錯誤の段階で、宣伝の余裕などないのですから。

トラックバックスパムについてはいろいろ定義がありますが、『無差別トラックバック』『迷惑なトラックバック』といった感じ。しかし・・・無差別には程度があり、迷惑かどうかは主観的なものだから、一概に悪いと決めつけられないのではありませんか。『言及リンクのないトラバ』という説には批判もあるようです。

とある英語関連サイトから相互リンク依頼が来ました。
管理人さんの意欲がむんむんする、こてこてアフィリエイトサイト。ブログのようだが一見ブログに見えない作りでした。
サイトのタイトルでぐぐると、当初2件しか検索結果に出なかったのです。それが翌週は数百件に増え、翌々週にはなんと数万件。な、なに、このネズミ算、いやさ、SARSみたいな繁殖力は!? ブキミ〜。
上位を占めるのはほとんどがブログのトップページらしきURL。
なるほどこれがトラックバックスパムか。と、しばらく後に気づいたのでありました。

わざわざ詳細を見に行ったわけではないので、以下はGoogleの検索ページからの推測です。
エジキとなったページの多くは同ジャンルか小遣い稼ぎ、一般的日記ブログなど、取り立ててTBを嫌がらないと思われる個人サイトのようです。トラックバックされて確認に行っても、ジャンルがかけ離れているわけでもなく、ほかの記事までじっくりチェックしないし、1件だけなら迷惑でもないと不問に付すのでしょう。個人ブログは全ページに『最近のトラックバック』を載せるケースが多いので、1件が数十〜数百に膨れ上がります。機械的にドバっと送るアダルトTBなら即削除の運命ですが、狙って1件ずつ手動でコツコツやると効率的なのですよ。

そういうサイトと相互リンクすると、あとあと巻き添えを食いそうでちょと怖い。皆様ご注意ください。

ところでシーサーのヘルプには出会い系トラックバックがわんさか放置されています。ブログ提供者がスパムを助長するような姿勢は糾弾されるべきです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:07 | コメント(0) | トラバ(0) | ブログ論
2006年04月15日

さくらのブログ・・・って

さくらのサーバを借りると20個までブログを持てます。システムはSeesaaブログの提供だそうで、Seesaaを使い慣れた人ならすいすいと・・・?

むろんブログはあくまで『おまけ』だから、作成・運営・宣伝面でのサポートはお寒い限り。重いし、ログインしにくいし、エラーは多発するし、再構築後の反映が遅いし、みっともないバナーはついてくるし、それに何よ、このダイエットつーのは・・・と、評判は芳しくありません。

用意されたテンプレートにはあまりセンスが感じられず、迷いました。
デザインはどこのブログも大同小異でしょうね。かわいくて斬新なデザインで気を引こうとしていて(結局女性向けっぽい?)、それぞれ良いのだけど、文句をつける人は必ずいるものです。
バナー表示だって、金払ってるのになぜだぁ、とか、ぶーぶー。
以前は自力でブログのプログラムを導入しなければいけなかったんだから、感謝しなきゃ。

最初に採用したドブネズミ色のデザイン、実は『さくらのブログバナー』に合わせたのです。消してもすぐに復活するらしいので、共存を図ったのだ(媚び媚び)。

ブログというものを初めて扱う私にはまだ理解できない部分が多いのですが、自由度は比較的高いようです。HTMLもcssも改変できます。
しかしソースの汚いことったら。他人がいじくるのを拒絶しているように思える。上級者なら使いこなせましょうが、私にできるのはせいぜい色やフォントサイズを変える程度。

ひとつ困ったのは、プロフィールという項目を追加したら、FOAF用の画像を強要されること。このFOAFがナニモノかわからないままアップしたら、foaf.rdfなるものができて、いささかやばい気分。画像やプロフィールを削除してもFOAFは残るし、HTMLソースからの強制撤去を試みたらエラーになるし、焦って右往左往。
プロフィールを付けたり外したりするうちに、どうにかFOAFから画像を消すことができました(たぶん)。
詳しい説明は省きますが、これ、さくらブログ独自の問題点のようです。FOAF(friend of a friend)自体はコミュニケーションを広げる手段であって、ちっともやばくありません。

当面私はこのブログを使う予定ですが、ほかのさくらユーザーのかたにはお薦めしません。特にブログ主体の運営を考える人々は、ちゃんとしたブログサイトに行きましょう。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 16:24 | コメント(0) | トラバ(0) | ブログ論