2016年09月18日

きのこ女子脱落

秋はきのこの季節。
いやあ、スーパーには1年中あります。山森や野山にも四季折々のきのこが発生します。野生のエノキタケは雪をかき分けて顔を出すそうです。

きのこ写真家・新井文彦の『きのこのき』には、実に美しい、かわいらしいきのこ写真が満載。
ようし、私もきのこ写真を撮ろう、と短慮発奮、デジカメ片手に墓場や公園に出かけました。

近所で木がたくさん生えている場所は、私有地でなければ公園くらいです。たくさんといってもたかが知れてるから、きのこの数や種類も期待できません。
いくつか見つけるには見つけたものの、いざカメラを構えると、気持ちがしぼんでしまうんですね。

だって、きのこがキタナイ。
落ち葉のかけらや泥やゴミにまみれ、虫に食われたり、傘が裂けたりえぐれたり。健やかなきのこ美を維持しているきのこって、ほとんどないんです。

汚れきのこ

きのこパン
道端の街路樹の根元の草むらにあった、メロンパンみたいな大きのこ。

虫食いきのこ
反対側に回ったら、穴の中に虫が落っこちて死んでた。まさか食虫きのこ?

大きのこ
これも巨大。直径20センチくらい。てっぺんに積もっているものはなんだろ。

穴あききのこ
クッキーみたい。毒キノコのテングタケかな。


余談ですが、撮影が難しいといえば、蝶。
飛ぶスピードは遅いけど、いっときもじっとしていない。ひらひらふわふわと飛び回るから、シャッターチャンスがつかみにくいのです。蝶にしてみれば捕食者から逃れる方策だろうけど。

運よく静止中のに出くわし、そーっと近づいたら、今度は角度の問題が。どうせ撮るなら、広げた翅が左右対称になる真後ろが一番。あるいは真横から端正に。斜めや歪んだ状態って、ぱっとしないでしょ。

キアゲハ
翅の広げ方が足りないような。

どうにか対称に撮れたと喜んでも、よく見たらそうでないことばかり。蝶自体が非対称なのです。翅のあちこちが破けたり欠けたりして。小さな蝶でも満身創痍で生きているんですね。

アゲハ蝶
お墓のそばで見かけたアゲハ。

蝶撮りの第一歩は、無傷の蝶を探すこと、なのです。きのこ同様。


『きのこのき』には、写真を見ばえよくするために、ピンセットや小さなブラシなどの「お化粧セット」を持ち歩くようにとのアドバイスがあります。これでゴミや土などを取り除くわけです。
私はそんなの無視して・・・まだ偵察程度の気持ちだったからね。

草むらにポツンと立つ、わりとかわいいきのこを発見。傘にへばりついた木の葉をつまんで持ち上げたら、傘が葉っぱにくっついて柄から外れ、台無しになってしまいました。

きのこって、もろいものなんです。
サルノコシカケなど、蹴っても壊れない硬いものもありますが。

桜きのこ
公園の桜の木にくっついていました。

なお、森の中に入るときは白っぽい服装を、というアドバイスも載っています。スズメバチや蚊は黒を好むのです。
私はそんなの無視して、全身黒ずくめ。あちこち蚊にたかられてしまいました。あとで数えたら、右手11か所、左手2か所、背中首筋ふくらはぎなど、被害点は数知れず。愚かな。

まあそういうわけで、わずか2回の遠征ならぬ近征で、きのこ撮影は挫折に至ったのでありました。

考えたら、挫折のもっと大きな理由は、私が九州人だから・・・だったりして。

きのこ探しに行くにあたり、『九州で見られるきのこ なば』という図鑑も用意したのですが、現実のきのこと照らし合わせても、さっぱり同定できません。同じきのこでも、色や形の変化が大きいし、別のきのこでもよく似たものがいろいろあるのです。
せっかく見つけたきのこの名前がわからないってのも、なんだかつまんないですよね。

白きのこ
柄がささくれているのが特徴か。

きのこ家族
幼いうちは丸っこいものが多く、だんだん開いてそり返ってきます。きのこの成長と消滅はものすごく早いらしい。

『きのこのき』という本で、一番気に食わないのは、ベニテングタケの写真が多すぎるってこと。
九州にいる限り、ベニテングタケとは出会えないんだあ。

そりゃあ九州には、北国にはない、珍しい、美しい、かわいい、面白いきのこがたくさんあるでしょう。
でも『九州で見られるきのこ なば』では、『九州では見られないきのこ』というおまけページまで設けて、ベニテングタケを紹介しています。それほどベニテングタケは魅力的なきのこなんです。

自分のきのこ写真コレクションにベニテングタケを加えることができないなんて。という俗物根性が、きのこ女子への道を妨げたのでした。

せめてぬいぐるみでも・・・。
きのこぬいぐるみ
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:11 | コメント(0) | トラバ(0) | るれろライフ
2016年06月29日

箱入り猫

「猫は不器用」なんて書いておりますが、実家にいたセイコは、わりと器用でした。

太刀魚の煮つけを作り、残った一切れを入れた鍋をコンロの上に置いて買い物に出かけたら、こっそり鍋のふたを押しのけ、骨まで平らげてしまいました。ふたを元に戻していれば、完全犯罪だったのにね。

セイコの特技はドア開け。引き戸はもちろん、蝶番のドアがきっちり閉まっていなければ、頭で押したり、すきまに爪をひっかけて引いたり。
むろん猫のことゆえ「あとぜき」はしません。教えればできるようになったのでしょうか。

猫が戸を開けるのは、人がそれを黙認したり、「まー、セイコちゃん、上手ねえ」などとおだてたりするからです。
だからセイコは勝手に出ていって、子種を仕入れてしまった・・・。

母子猫
発泡スチロールの箱でくつろぐセイコと仔猫たち。

知り合いの女性が猫を育てたときの話です。
彼女は古い田舎家に住んでいました。屋内の建具はほとんどが引き戸です。

彼女の猫はオス(ニューター)で、うっかり外に出しても、子種をもらったりばらまいたりするおそれはなかったのですが、なにぶん高価な純血猫なので、さらわれたり、野良猫に襲われて美貌を損ねたり、病気をもらったりしたらたいへん。

とりあえず彼女の方針は、猫に戸を開けさせないことでした。
それには最初が肝心。自分で戸を開けることができるという観念を植え付けてはならないのです。部屋に一匹で残すときは、外側からつっかい棒をかけ、部屋から出すときは、必ず人間が戸を開けてやるか、抱いて出るというふうに。

甘やかされて箱入り息子よろしく育てられたその猫は、ほとんど部屋から出ず、歩くときはお腹が床につくほどのデブ猫になってしまいました。おっとりとした性格のよい猫で、生まれて一度も自力で戸を開けることなく成長しました。もはやつっかい棒は不要。

とはいえ、やっぱり外へのあこがれは積もっていたのでしょう。
ある日のこと。忽然と彼は部屋を飛び出したのです。扉は閉ざされたまま。

その戸は障子でした。少しばかりモダンなタイプで、下のほうは板、その上にガラスがはまっていて、障子部分のマス目はかなり大きいのです。
その障子紙を突き破ったのでした。

障子猫
こんなイメージ。

それにしても・・・板やガラスなら無理だけど、あの紙なら破くことができそうだという判断力をいつの間に身につけたのか、はたまた、歩くのにも難儀する肥満ボディで、よくまああの高さまでジャンプできたもんだ。と、飼い主には二重の誤算でした。
猫の知力と体力を侮ってはなりませんぞ。

もっとも、障子の外のガラス戸を突破することはできず、廊下をうろうろするだけに終わったのですが。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:58 | コメント(0) | トラバ(0) | るれろライフ
2016年04月29日

行こうぜシェーンよ

ジャーマン・シェパード・ドッグが人気犬種トップ10に入らない先進国は日本だけ。
という記述を、とある犬の写真集で読みました。

巻末に付随する各国ケネルクラブの犬種別登録数ランキングによれば、ジャーマン・シェパードは、ドイツではもちろん、イタリアとスウェーデンで1位、イギリスで2位、アメリカ3位となっています。登録数がそのまま一般家庭で飼育されている数とは限らなくとも、重要な指標ではあるでしょう。
けっこう古い本で、2000年前後のデータです。
他国ではともかく、わが国の人気種はめまぐるしく変遷する傾向にあります。昨今はプードルがダックスやチワワを蹴落とし、トップに鎮座していますが、この時点では11位と低迷しています。

とはいえ、日本人がいかに移り気でも、ジャーマン・シェパード・ドッグが上位に食い込むことは、将来にわたってもあり得ないでしょう。
容貌や気質が日本人好みではないようでもあり、初心者には難しそうな印象。経済力だけでなく、訓練士をつけるような熱意と時間的精神的余裕も求められます。万能の使役犬というセールスポイントもかえって敬遠理由に加わりそう。

実は、知る人ぞ知る、ジャーマン・シェパードが人気を博した時代が、わが国にもあったのです。

なんと第二次大戦後の混乱期。当時は犬の種類も絶対数も極端に少なかったようです(食糧にされて減ったという説も)。
シェパードは同盟国で作出された優秀な軍用犬として繁殖が奨励され、敗戦で不要となり多数が民間に放出された・・・のかどうかはともかく、巷の犬は和犬系雑種のほかはシェパードくらいでした。

私がシェパードブームを身近に感じるのは、うちにもいたからです。ジョンという名のオスでした。私自身は幼かったからほとんど覚えていません。
戦後・・・幼かった? いや、その、ど田舎ゆえ、流行りものなんてのは中央より数十年遅れでやってくるんですよ。

それにしても、わが家はひどく貧乏でした。狭い敷地いっぱいに建てられた、庭もない、一間きりの借家。テレビも冷蔵庫もなく、こたつさえあったかどうか。ひとり娘は病弱で医療費がかさむ中、いくら大人気だからって、大飯喰らいの大型犬を養うとは無謀の極み。

帰省の折、両親にジョンのことを尋ねたら、魚屋でサバの頭をもらい、煮て食べさせていたなどと話してくれました。
罠にかかって、足を引きずりながら帰ってきたことがあったとか。山あいの小さな町だけど、猟師なんていたのかしら。誰が何を捕るために罠を仕掛けたのか、ジョンは放し飼いにされていたのか、そのへんはどうもあいまいでした。

余談ですが、病院通いばかりしていた娘は、小学校に上がってからは病欠もなく、クラス一ののっぽになりました。給食の脱脂粉乳のおかげ? 親がロクなもの食べさせなかったから病気がちだったのかも。ジョンのサバを分けてやってたら、丈夫で頭のいい子に育っただろうに。

試作品。7cm。ずさん。
シェパードぬいぐるみ

引っ越して、少しは山から遠い田舎町に住んでいたころ、いきさつは知らないが、親戚のシェパードを預かることになりました。私は10歳になっていなかったと思います。
名前はエル。すでに成犬でした。

初対面は強烈でした。
かよわい小さな女の子が、いきなり飛びかかってきた巨犬に押し倒され、地面を転がされて顔をべろべろなめられたのですよ。噛み殺されるという恐怖に、泣く余裕もなく・・・。

どうやらそれがエル流のあいさつで、いたく気に入られた私は、以後食事の世話などを引き受け、お手やお預けなども教えました。
押し倒してべろべろは、その後も油断しているとすぐやられてしまい、服も顔も汚れるし、閉口しました。

エルは血統は悪くなかったようだけど、しつけが全然なってなくて、だらしない犬でした。

おまけにシェパードらしからぬ臆病さ。私が「エル、だめっ」と怒鳴ると、身を縮めてピーピーと鳴くのです。大きな犬が小鳥みたいな声を出すのに最初はびっくりしました。

あるときいっしょに散歩に出かけました。今だったら、大型犬に綱もつけず散歩させるなんてとんでもないことですが。
踏切のそばまで行くと、轟音とともに汽車が近づいてきました。エルはギャンと飛び上がり、一目散に走り去ったのです。追って家に帰ると、犬小屋の隅で震えていました。

ブームというものは個体の質を落とすし、ときとして不幸にします。飼い主には資質と責任が必要なのです。シェパードブームなんて2度と来ないほうがシェパードのためです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 08:36 | コメント(0) | トラバ(0) | るれろライフ