2016年08月30日

和菓子の難

一般の日本人が「和菓子」というものに抱くイメージは、上品、繊細、ヘルシー、といったところでしょうか。

私も例外ではなかったのですが、『やさしく作れる本格和菓子』(清真知子/世界文化社)という本で、認識が一変しました。
本格和菓子というのは、茶席で供されるような、伝統的な和菓子です。確かに上品で繊細なできばえ。かわいらしいのもあります。

しかしながら、作る過程を見てしまうと、「なんだかなあ」って感じなんですよ。

まずは材料。高価な道明寺粉や上用粉、本葛粉、入手しにくい本わらび粉などを多用していますが、それらを装飾するのに不可欠なのが、食紅などの食用色素です。別に色素が毒と言いたいわけではないけど、色素そのものは見るからにどぎつく、毒々しい。

どぎつさへの不快感は、京都の末富という老舗菓子店の菓子を紹介した本『菓子ごよみ』(山口富蔵/淡交社)をめくって、頂点に達しました。うわー、こんなケバい菓子が高級なのか。

和菓子もさまざま。ようかん、大福や黒糖まんじゅうなど、素材の色を生かした、素朴で庶民的な和菓子のほうが、私たちはなじんでいます。

和菓子は高級になればなるほど、色素に頼らざるを得ないのです。
それは、坂木司いうところの「物語性」のためかもしれません。
伝統和菓子には、そのひとつひとつに由来があり、表現すべき対象があるのです。表現力を高める手っ取り早い手段が着色。舌よりも目で味わうわけ。

和菓子がヘルシーとされるゆえんは、バターやマーガリンなどの油脂類をほとんど使わないことでしょう。1g当たり9kcalの熱量を持つ脂肪に対して、糖質は4kcalと半分以下です。

油っぽくないということは、和菓子は砂糖のかたまりのようなものです。カロリー低くても、糖質が気になる人には向きません。
砂糖は甘みを付与するだけでなく、水分を含んで菓子をしっとりさせる働きも持ちます。甘さ控えめにすべく砂糖を減らすと、ぱさぱさの舌触りになってしまうのです。

そして、作り方。
高級和菓子は細工が凝っているから、手でこねくり回して仕上げるのが普通です。衛生管理をしっかりしておく必要があります。

茶巾絞りは濡れ布巾でくるんで形を整えますが、この布巾の扱いって難しいのではありませんか。洗剤で洗えばどんなにすすいでも洗剤分が残り、水洗いだけでは雑菌が増えそう・・・一般家庭では避けるのが賢明でしょう。
また、和菓子を作る道具には木製のものがけっこう多い。ヘタすれば雑菌の巣ですわ。

人気の洋菓子作家・なかしましほの『まいにち食べたいごはんのようなクッキーとビスケットの本』では、粉とオイルを素手でこね、指についた粉はこすり落として混ぜてしまうという豪快さ。使ったボウルも水洗いで済ませるそうです。
これまた「なんだかなあ」ですが、実際やってみると、指にもボウルにもほとんど材料が残らず、無駄がない。
それに焼き菓子なら、最後に高温で焼き上げるから、とりあえず心配無用なのですよ。

上述の本格和菓子の本で気になったのは、作っている人(たぶん著者)の手荒れがひどいこと。作る前にはしっかり手洗いをするでしょうし、ハンドクリームなんか塗るわけにはいきません。

人の皮膚を覆う無数の常在菌は、食中毒を起こす黄色ブドウ球菌などの繁殖を抑える役目を果たします。洗い過ぎて手が荒れると、善玉菌が減り、悪玉菌が増えるのです。しかも荒れた皮膚はなめらかでなく、はがれやすいうろこや瓦が張りついているような状態で、洗ったあともその瓦の下に菌が潜んだまま。

それらの菌が手の皮のかけらとともにお菓子に混ざってしまうようすがありありと浮かんでしまう私って、神経質すぎ?

おはぎ
手作りおはぎとぼたもち。

いろいろと和菓子に難癖つけてしまいましたが、現実には、和菓子で食中毒なんてニュースはあまり聞きません。

食中毒の本などでしばしば取り上げられる「大福餅事件」は戦前の話です。餡がネズミのフンで汚染されたのが原因らしい。現在とは衛生観念が違うでしょうが、都会ではネズミが増えているそうだし、同じような色だから混入しても区別つかんし・・・。

私たちは毎日毎日、大量の生きた菌や死んだ菌を食べています。それでどうってことないようにできているんです。
気にしすぎると、おいしいお菓子もまずくなりますぞ。

気になって和菓子はもう食べたくない。というかたには、頭で味わう和菓子を・・・。

和菓子をモティーフにした上質なミステリ『和菓子のアン』(坂木司/光文社)はいかがでしょう。

デパ地下の和菓子店で働き始めたアンちゃんという女の子のまわりで起きる、ちょっぴり謎めいたできごとを扱っています。
キャラクター設定も面白い(かなりヘンだ)し、和菓子の知識が豊富に得られ、デパ地下事情などにも詳しくなる「お仕事エンターテインメント」の要素も。人が死なず、血も流れないので、ミステリ苦手な人にもおすすめ。

バラバラ死体や大量殺人大好きな私には、ちょっと趣味に合わないんですけど。と、またまた難癖。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:06 | トラバ(0) | 世相=世間相場?
2016年03月28日

モスべた

珍しく、人形が売れました。
雪の舞い散る寒い日のこと。郵便局から送付しての帰り道、橋の上からふと川面を見ると、水が凍っていました。

石を投げれば沈みそうな、みぞれのような凍り方で、北国の人々にはせせら笑われそうですが、この町では何十年ぶりかの珍しい出来事ではなかったかしら。春には子連れのカモが泳ぐ、わりと広い川です。上流の狭い部分ではもっとしっかり凍りついていたはず。

こんな日は早く帰って鍋焼きうどんでも・・・なんてことは思いつきもせず、何か珍しいものでも食べたい気分。
すると、橋のそばのモスバーガーが目に留まりました。

で、入って、買い求めたのでありました。

モスバーガーが珍しいのかって?
私は食べたことがありませんでした。

若いころはマクドナルドによく行ったものだし、ロッテリアにも何度か・・・。だけどモスは高級そうなイメージで、敬遠していたのです。もっとオトナになったら、思う存分モスバーガーを、とかね。
もっとオトナとは、もっとオカネモチってことです。当時は年齢とともに給料が上がり、お金がたまっていくと信じていました。ああ、バブルがなつかしい。
現実には、年を取ればとるほどビンボになっちゃいまして、100円マックにさえ手を出したことがない。

ともあれ、モスを抱いて急いで帰宅しました。

買ったのはいっとうポピュラーそうなモスバーガー1個だけです。
提げポリ袋の中に、紙袋。それを開けると、紙に包まれたモスバーガーと、たたまれた白い紙。つるつるしてあまり水気を吸いそうにないけど、紙ナプキンってやつですね。それが5枚も。
なんだかちっともエコじゃないなあと思いつつ、冷めきらないうちにと食べ始めたのでした。

食べ終わるころ、5枚の紙ナプキンは使命を果たして全滅。
テイクアウトにしてよかった、と安堵しつつ、手と口のまわりを洗い、「モスバーガー 上手な食べ方」を検索したのでした。

こんなん、オトナ向けの食い物じゃ全然ねえやい。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 18:34 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
2013年12月26日

ピン札にご用心

インターネットバンキングの詐欺被害は膨大な額にのぼるそうです。
ウイルス対策やパスワード管理に無頓着な人々が、出かけなくて済むから、手数料が安くなるから、金利がちょっと高くなるからと、安易に利用した結果であって、銀行のシステム上の不備ではないようです。

しかし、窓口業務を減らそうとの企て程度でネット化を推進する銀行側も、やっぱり安易ではないでしょうか。

確かにネットで振り込めば、窓口よりもかなり、ATMよりもいくぶんか安くつくようです。
それって、情報弱者差別じゃないですか。ネットバンキングに無縁の、つまり機械が苦手なお年寄りとか、貧しくてIT機器を持たない人などは、時間と足と、あるいは交通費を使って窓口へ行き、高い手数料払わなければなりません。
わざわざ出向いてくれる人々をこそ、大切なお客様として優遇しなきゃあ。せっかく一等地の立派なビルで営業する意味が薄れちゃうよ。

ま、ネットバンキングも万能ではありません。
窓口では粗品やカレンダーくらいもらえるかもしれないけど、パソコンやスマホからは、ティッシュ1枚出てきません。

当然ながら、お金をおろすこともできない。手元の現金を自分の口座に入れることもできない。けっこう不便ですよ。

とぼやくと、キャッシュレスの現代、「現金」にこだわるのがそもそも古いんだと、バカにされそう。
でもね、私がよく行く、道端にテント張って野菜や干物を並べているお店で、クレジットカードやお財布ケータイが使える日が来るとは想像できません。

ある日、思いがけず現金収入があったもので、銀行のキャッシュサービスコーナーへ行き、ATMで入金することにしました。財布に大金を入れて持ち歩くのは不安ですから。

ところが・・・。
機械に通帳入れて、お金を入れて、確認ボタンを押して、通帳が出てくるのを待っていたら、ガタガタ、ギコギコと音がして、突如「取扱い中止」になってしまったのです。キャー、私の大金、どうなるのっ?

インターフォンで事情を説明すると、「すぐに対処します」とのこと。
やがて機械の裏側でガタンと扉が開く音などがして、現金投入口のふたが開いたり閉じたり。画面表示もいろいろ変化したのですが、それきり音沙汰なし。5分以上ガマンしたあと、再度連絡したら、「はい、ただいますぐに・・・」と言われて、さらに数分間。

こういう待ち時間って実際よりも長く感じるものでしょうが、客観的にも10分近く待たされたような気がします。
その間、不安が渦巻きます。入っていたお札が実際よりも少なかったら、あるいは現金なんか入ってなかったとか言われたらどうしよう、とか。

やっと行員さんがやってきました。そして非常に慎重な態度で、入れたお金の額と枚数を尋ねるのです。
私が正直に答えると、なんだかほっとしたように、捧げ持っていたトレイの覆いを取りました。そこには私の通帳と、ぐしゃぐしゃになって一部破けている万札の束が・・・。おい、3枚で束なのか。ま、私にとっては。

銀行側も用心するのですねえ。これに乗じて、絶対に30万円入れたはずだとかイチャモンつける客がいないとも限らないと。そこまで露骨でなくても、4万だったとほんとうに勘違いしている人ならいそうだし。

行員が説明(弁明?)するには、新札なのでくっついてしまって、計数装置をスムーズに通らずエラーになったらしいとのこと。
その破れ紙幣を再度入れるとまたトラブるので、いったん普通のお札に交換してお返ししますから、改めて入金してください、と。
なんか面倒だな。その交換とやらにもやたら時間がかかるんじゃないかしら。

「窓口で入金できないんですか」と尋ねたら、相手は初めて気がついたように、「あ、そういう方法もありましたね」

というわけで、入金票を記入し、破れ紙幣・通帳ともに窓口に提出しました。
行員さんは「入金処理を終えたのでどうぞご確認を」と、通帳を開き、*30,000増えて*61,438となった残高欄をわざわざ指さしてくれたのでした。
と、個人資産情報を公開してしまったが、少なくとも、私をネットバンキング詐欺の標的にするのは無駄なことですぞ。

機械は新札が苦手ということに全面的に納得はできないけど、人間でも新札が数えにくいのは事実です。

今回の件では別に金銭的損失をこうむったわけではありませんが、十代のころのいやな出来事を思い出すきっかけとなってしまいました。
スーパーで買い物をしたとき、新品の千円札を1枚のつもりで2枚渡してしまったのです。一瞬、あっ、2枚あったようなと思ったのですが、自信がなくてそのまま帰り、貯金箱も開けてじっくり数えたらやっぱり千円足りない。その場でちゃんと言えばよかったと、ほぞをかんだものです。せっかく忘れ去っていたのにぃぃ。

お正月を前にピン札を準備しているかたがたもいらっしゃいましょうが、数え間違ったり手を切ったりしないようご注意くださいまし。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:31 | コメント(2) | トラバ(0) | 世相=世間相場?