2008年01月31日

名前がブランドになるとき

良い意味でも有名になってくると、知らん人から姓名を呼び捨てにされても致し方ないようです。
その時点で名前はひとり歩きをしているというか、個人を指すよりも、名前が喚起するバリューやら副産物のほうが先にイメージされるからです。
業績もなく名前だけが知れ渡るのは、本人や家族にとって不名誉な事態であることが多いようです。

綾辻行人が好き」とか書いたが、別に恋愛感情ではないし、綾辻個人についての知識はさっぱり持ちません。

一般の人が作家や芸能人を「さん付け」で論評するのを見ると、なんだかムズムズすることがあります。名前はブランドだからモノとして扱うべきじゃないですか。
などと言う当人が別の場所では杉浦日向子さんなどと書いておる。杉浦日向子に対して失礼千万であります。まして名字を取っ払って「日向子さん」呼ばわりとは、馴れ馴れしさきわまれり。

私が「ますむらひろし」を呼び捨てにするのは、ゴッホに画伯をつけないのと同様です。ますむらとゴッホは同格か。別にゴッホの絵に感銘を受けたことはないけど。

「猫十字社」というペンネームの漫画家がいます。社名っぽいから呼び捨てられてもあまり気にならない、という理由で名づけたと、昔どこかで聞きました。「一条ゆかり」みたくキラキラなネーミングが流行っていたころの人と思えば、いいセンスですだ。

個人名がブランド化するのはいつなのか。
決まったルールはないので、その場その場で判断するしかありません。名前を聞けば大多数が「ああ、あの人」と思い浮かべるころが呼び捨てどきかな。
むろんジャンル・地域・歴史や習慣によって事情が異なるので、ルールの制定など無理な話。

数年前、某小国の独裁者が某大国(英語使用)の独裁者にミスター付けで呼ばれて気をよくしたという話がありました。それ以前は呼び捨てだったようです。
某小国が存在するアジアの人は英語のミスターやミセスが敬意を含むと単純に信じていますが、実態は違うとは、某ページで述べたとおりです。

日に1回くらいGoogle Newsの英語版を見ます。「読む」のではなく「見る」だけなので、1分で済みます。
プリンス・ウィリアムは称号つきで、そのガールフレンドは呼び捨てでした。有名だ(誰でもMissだと知っている)からでしょう。
欧米では名前につける称号の類は「識別」の意味合いが強いのです。

我が国では政治家を呼び捨てにせず肩書きをつける風習があります。
彼らは名前で仕事をしているわけではない。個人個人のパフォなどどうでもいい、個性だの独創性だの発揮せずともかまわぬ、そのポストが執り行うべき最低限の仕事だけでもしてくれー。国民の切実な願いをよそに、その最低限のことさえできないのが政治家という人種のようですな。

それら無能(無脳?)な連中が牛耳る国だから、国民の程度もリンクしてます。ほんの短期間椅子を温めただけの輩にいつまでも元○○大臣の呼称を奉ってしまうのです。
「元」がつくことは、「今」がそれよりも低いと知らしめているわけで、これはまるきり蔑称ではないですか。よって、元○○大臣の「元」の字には「おちぶれ」とルビを振るのが正しいマナーでありましょう。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:44 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
2007年12月20日

他山の品格

本にお金をかける余裕のない身に、図書館はありがたい存在です。
習慣として、調べたいことがあれば、インターネットよりも書物を優先します。情報の信頼性や新鮮さ等々はあまり問題ではなく、画面よりも紙のほうが目に優しいから。

本を買うことに及び腰なのは、経済的事情や収納場所の問題もさりながら、お金をかける値打ちのある本が少ないのも理由。
ほとんどの本は読後ゴミと化します。読んでる最中から腐臭を放つものだって少なくない。いやこれは、タダの本を漁ることで事前の吟味がおろそかになり、カスにぶち当たる確率が高いだけなのかもしれません。

もちろん身銭を切ることだってあります。

仕事(?)で必要なアニメ、コミック、ゲーム関連本は、公共図書館では品揃えが薄く、書店へ行くしかありません。こういう種類の本は使い終えたらほぼ無価値なので、古書店を中心に捜しますが、なかなか適当なものに巡り会いませんねえ。
まれですが、図書館で借りて読んだ本が気に入り、欲しくなることもあります。愛蔵目的で買うわけですから、古本ではダメです。

わが町の図書館では1年ほど前にICタグが導入されました。
さらにこのたび、借りたい本がインターネットで予約できるようになりました。
これまでも館まで出向いて予約票みたいな書類を提出すれば予約ができましたが、予約・借り入れ・返却と3度にわたって訪問しなければならず、面倒なものでした。少しは進歩した(便利になった)と受け止められていることでしょう。

私自身は予約してまで読みたい本などなく、図書館サイトを訪れたことはありません。
予約システムは人迷惑なものだと思っております。
1冊の本をひとりが占有する期間が大幅に延びてしまうのです。
しくみがこれまでと大差ないのなら、ある人が何かの本を予約すると、それを貸し出しできる状態になったら図書館から連絡が来ます。2週間以内に借りに行き、返却は2週間以内に行います。つまり確保から返却までに最大4週間、その本は書架から消えてしまうのです。
中には何か月も借りっ放しの不届き者も大勢います。

人気の本・話題の本・ベストセラーなどは予約がぎっしり詰まっていて、館内でお目にかかることはほとんどありません。
それではまずいと思うのか、図書館では貸し出し要望の多い本を何冊も購入します。結果、予算配分が偏り、もっと価値ある本に充てる費用が削られるのです。

本は現物を目にしたときのインスピレーションのようなものが重要だと感じます。なんの先入観も持たず、タイトルと著者名だけで未知の作家と出会い、豊作だったときの満足感は読書の醍醐味です。
たとえ結果的に豚の餌であっても、経験を積むことで本を見る目が徐々に養われると期待できます。

テレビや新聞やあまぞんでこれこれの本が売れてると聞きつけ、ならば乗り遅れないために目を通しとこう。そんな経緯で本を選んだところで、書物に対する感性が磨かれましょうか。

私はベストセラーなんてものには興味がありません。大勢の人が熱狂していること自体、わざわざ避けて通る理由になり得ます。
ただし「売れた=無価値」と決めつけるほどの偏屈でもない。数年後、顧みられなくなってボロッとしているものを借りて読んだらおもしろかった、てなことはけっこうあります。

新聞の書評も全然参考になりません。取り上げられる本が全般に高尚過ぎて、自分とは無関係な世界だなーって感じ。そんな低レベルでいながら「本への感性」を云々するんだからね、ヌケヌケと。

今年一番売れた本は『女性の品格』だそうです。
むろん読んだことはありません。手に取る気にもなれん。タイトルからして品格に欠ける。世の品格ブームに乗ってやろう=売ってやろう=儲けてやろう・・・と、さもしい根性が見え見え。思惑通りに飛びついた日本人(女性)の品格の程度も知れますわね。と、200万女性を敵に回すことを辞さないのであった。

せめてヨイショしてみますと、品格を得ようとして読んだ人々は、我が身の品格のなさを自覚しているわけですよね。それさえも気づかない人々よりはずっとエライ。その謙虚さをあらゆる局面で活かせば、きっと人生品格だらけになることでしょう。

ベストセラー本でなくとも、品格を身につける方法は転がっておりますぞ。
たとえばこの『貧盗恋歌』をじっくり読む。世の中には「他山の石」という言葉だってありますからね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:25 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
2007年07月18日

電話の向こうの世界

ケータイとネットの時代でも電話勧誘がいっこうに衰えないとは広告しかじかにも書いたとおりです。
電話代は安くなったとはいえ、社屋を確保してけっこう高い時給のオペレータを大勢雇い入れるのでしょう。それでも元が取れるわけですね。
一般加入電話を使っているのは、ちゃんとした家庭やお年寄りの家が多いので、案外昔よりも効率がいいのかもしれません。

典型的なのは「奥様ですか?」と問いかけるもの。商品は化粧品、健康食品、エステ、浄水器、掃除機などで、手当たりしだいかけているようです。
ピシっと断って即刻切るのがベストでしょう。
ちょっとでも躊躇すると、ベラベラとまくし立て始めます。受話器をそっと置いてほっとけば、しばらく経つと切れています。あるいは黙って聴き続け、相手が何を言っても答えずにいると、業を煮やしてぷつっと切れますが、人間性が垣間見える捨て台詞を残すこともあります。
向こうも生活がかかっているから必死なのでしょうが、いかがわしい企業にかかわると後々臍を噬む(ほぞをかむ)ことになりますよ。いや、ふてぶてしく将来のブログネタにする輩もいるが。

延々えんえん相手をし、質問や相槌を重ねていかにも買い気がありそうなフリしながら、数時間しゃべらせた後「うちは要りません」とハッキリ断るのを趣味としているヒマ人もいるとか。確信的営業妨害。でもね、貴重な自分の時間を費やして、得られるのは自己満足だけですよ。

このごろ増えてきたのが、「○○様ですか」とフルネームを指名した勧誘。
リストをもとにかけているので、おそらくは住所も把握しているはず。にべもない対応で逆恨みを買うと、カミソリの刃など送ってくるかもしれません(って、被害妄想?)。
どこから情報を得たのかと尋ねても、のらりくらりとかわすよう指示されているらしい。
「以前通信販売をご利用になったでしょう。その関係で」
「利用した覚えはありませんけど」
「なにぶん20年以上前の情報も混ざっていますので」
「御社から買ったことはありません」
「系列企業がたくさんありますので」
「系列から個人情報が漏れたということですか」
「いえ、そうではなくて親会社が・・・」
「お宅では個人情報を流出させてるんですか。情報管理はどうなってるんですか」
「私は入社したばかりで、そっちの担当ではありませんので」
「じゃあ、情報担当の責任者と代わってください」
ガチャ。

自治体はお年寄りの居場所を個人情報保護がどうのこうのという理由で明らかにせず、災害時の救出を遅らせたりするくせに、こんなリストを野放しにしているなんて大いに問題です。

以前はよくマンション買え買えと電話勧誘がありました。
市内局番を定めて番号順にかけているようなら、適当に断ります。
「お家賃高くてバカバカしいでしょう。どうせなら同じ金額で自分のマンションを」
「家賃は親が払ってるからいいんです」
「あ、学生さんですか。失礼しました」
次は「パパさんに払ってもらってるんだもん」と言おう。

でも、なぜか名前がばれてるケースもあります。
「○○様もそろそろご自分のお城をお持ちになったほうがよろしいですよ」
「でもぉ、赤字の自営業でもローン組めるんですかぁ?」
「え、自営業? ××大学はお辞めになったんですか」
なんと私は某国立大学の職員ということになっていました。いいかげんなリスト業者もいたもんだ。

このごろ使う手は「あら、その人宛てによくかかってくるんですけど、この電話の前の持ち主じゃないですか」っての。
たいていのオペレータは引き下がります。

それで思い出したことがひとつ。
ここに引っ越してきたとき、同区内であったにもかかわらず、NTTの管轄の違いで電話番号が変わりました。これでヘンな電話が減ると内心喜んでいました。

ところがその新しい番号に時々ヘンな電話がかかってくるのです。
目当ては前の持ち主のようでした。
昔読んだ吉行淳之介の短編に、前の持ち主にかかってくる謎めいた電話を題材にしたものがあったのをふと思い出しました。

NTTは別の人に番号を割り当てる際、一定期間のブランクを置くそうですが、それでも完全に振り捨てることはできません。

で、何度も応対しているうちに、その人の名が「ユリ子さん」だとわかりました。
私と声が似ているらしく、こっちがあいまいな応対をしていると、相手が気づかずにどんどん話しかけてくることも。

かけてくるのは男性が多くて、一度なんか、留守番電話に「やっと時間が取れてこっちに出てきた、ホテルニューオータニの○号室で待ってるから、必ず来てくれよ」なんてメッセージが入っていました。(どんなヤツか顔見に行ってやろうかと思ったよー。)
飲み屋のママさんらしい人から、よかったらまたお勤めしてくれないかしら、とか。
宝飾品の展示会へ特別ご招待とかいうのもありました。

どうやらユリちゃん(源氏名)はおミズの人で、かなりの美人。あちこちの男をたぶらかして貢がせていたようです。とは、私の揣摩臆測。
どんな事情で姿をくらましてしまったのでしょう。

それらの電話も、半年、1年と過ぎるうちに途絶えてしまいました。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:41 | コメント(2) | トラバ(0) | 世相=世間相場?