2006年11月26日

夏も小袖

クリスマスが近づいてきました。
プレゼントはなんにしようか・・・わくわくしたり、頭を悩ませたり。ウェブ上ではすでに「クリスマス」「プレゼント」等の検索語句が飛び交っています。

どんな品でももらえば嬉しいものですが、トラックバックスパムをやってる業者から買うことだけは断固やめましょうね。他人に迷惑をかけて平気な輩が、優良品を良心的な価格で出しているはずはないのですから。返品不可の粗悪品をつかまされるのがオチです。トラックバックスパムをしているかどうかは、サイト名やキャッチフレーズで検索すると、たくさんのブログに同じ宣伝文句で表示されてくることで判断できます。

今年こそは念願の手作りグッズを、と張り切る人もいらっしゃいましょう。
そのような手作り派を当て込んで、私も手芸サイト上にクリスマス人形の作り方などを載せています。

手作り品は世界にひとつという意味で値打ちものですが、喜ばれるかどうかは、シチュエーションと受け取る人の気質にかかっています。
「できばえ」にはさほど左右されません。わざわざ作ってくれたことを重要視する人は、それだけで感激します。あまりに完成度が高いと、市販品みたいで興醒めだったり。

「真心」という要素も(見えないだけに)関係ないでしょう。心がこもりすぎていると、案外重荷になるものです。
恋人から手編みのセーターをプレゼントされるのはまあ我慢できても、「恋人以前」の相手からだと「怨念」が立ちのぼって怖い(らしい)ですよー。

相手の好みに合わせるの(猫好きに猫グッズとか)は問題なさそうですが、そこにも落とし穴が。マニアというものはこだわりを持っているんですよね。好きなジャンルに関しては目が肥えているので、ダサいものをコレクションに加えることを躊躇するかも。

子猫 in ブーツ

私も手作りのプレゼントを贈ったことが何度もあります。なまじ作れるだけに始末が悪い。
その時点ではなかなかいい出来だと自画自賛しても、先様が迷惑に感じなかったかどうかは自信がありません。むしろ明らかに失敗だった(と思われる)ケースばかり記憶に残っています。
いただき物にケチをつけるなんて無礼な真似は、よほど気の置けない間柄でなければできませんよね。気に入らないときほど「キャー、嬉しい!」と大げさに躍り上がったりするものです。真に受けておバカなワタシ・・・。

そんなふうに自嘲・冷笑しつつ、実は今後も手作り品をプレゼントする計画を立てています。(いつになるかわかんないけど、待っててね〜)

ここで、親しさ中程度の友人にあえて手作りのプレゼントを贈りたい人へのアドバイスを少々。

大きいものよりも小さいもの。押入れに死蔵する際、場所を取られると困ります。
装飾品よりも実用品。飾っておくだけの人形や花より、クッションやポットカバーなど日常使えるものが便利。
耐久品より消耗品。手作り石鹸や手作り入浴剤みたいに消滅するものなら、毎年同じ品でも歓迎されます。
消えてなくなる点で、食品も迷惑度は低いのですが、アレルギーや食中毒にご注意。手作りニンニク油やら手作り柿の葉茶など健康食品を押しつけるのは厳禁ですだ。

でもねえ。
やたらと気を使うのもバッカバカしいんじゃないでしょうか。『貰う物は夏も小袖』が人間心理の真実だったりします。
自分があげたいものをあげる。この潔さがプレゼントの極意です。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:22 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
2006年11月12日

故障落日

夏ごろ、ミシンと冷蔵庫が故障しました。でも修理は延期してパソコン代に備えると書いたもので、悲しいかなその通りになってしまいました。
その後テレコ電話機も壊れ、さらに先日アイロンが謀叛を起こしました。

もううんざり。故障の話題ばかり取り上げる行為が、故障を呼び寄せているんでしょうか。

アイロンは接触不良みたいで、とりあえずコードに添え木をしてビニールテープでぐるぐる巻きにしてそうっと使っていますが、高温になるものだけに、ちょっと怖い。

で、発端のミシンと冷蔵庫がどうなってるのかといいますと・・・そのままです。

ミシンはショーバイ道具なので、実は予備があります。でも安物で機能も限られているから、あまり使ったことがありませんでした。特に縫い目のピッチが固定されているのが不便で、小さな人形の指先などに支障を来たします。で、このごろは等身大人形など大物ばかり手がけています。弘法は筆を選ばず、紙を選ぶのでした。小さくても大雑把なものだったら、どうにかなりますが。

冷蔵庫は氷もできなくなり、賞味期限内のおあげにカビが生えるに至り、それでも直る可能性があればと、メーカーに電話しました。
やってきた技術員は、5つあるドアのうち3つばかり開けてふんふんと匂いをかぎ、「あ、こりゃ、コンプレッサがいかれてますね。修理代9万円です」
どひー、新品の冷蔵庫が2台買えるじゃないの。
「じゃ、出張点検費2,800円いただきます」
と、1分足らずで2,800円もぎ取っていったのさ。ファンヒーターでの損失分を貧しい庶民から回収するつもりかえ。

次の冷蔵庫はもちろん別のメーカーから選ぶつもりなんだけど、身の回りが壊れ物だらけで、良さそうな会社が見当たりません。

こまめに買い物に行くよう心がけ、冷凍室を冷蔵室の代用にして凌いでいます。冷えないからコンプレッサが1日中うなり続け、電気代もかかるし、うるさくてしかたない。近日中にどうにかしなきゃ。

実は・・・冷蔵庫が壊れるって、そう悪いことじゃないんですよー。
どんなメリットがあるかって? そのうち『ダイエット成功宣言』なんてカテゴリを作って書こうかと思っています。むふふ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:40 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
2006年10月27日

クリスマスは異教徒の祭り

ショーウィンドーにクリスマスの飾り付けを見た人が『早いものだなあ、もう10月か』とつぶやくアメリカの一コマ漫画が、『進化した猿たち(星新一)』で紹介されたのはずいぶん昔のことです。
クリスマスシーズンはその後も伸び続けているのでしょうか。

うちの近所には『1年中クリスマス』というコンセプトの店がありましたが、いつのころか普通の雑貨屋に模様替えしました。やはり暑いと気分が出ないものです。

12月に入ると、クリスマスっぽく彩られたホームページが目につくようになります。

私も例年なんやかやとクリスマス更新をおこなってきました。ページデザインはそのままに、クリスマス専用ドールを作って写真を載せるだけですが、日本語版と英語版の2体が必要で、それぞれ違った趣向を目指すので、かなり手のかかる作業です。
さらに25日には大急ぎで片づけて振袖人形などへの差し替えを迫られます。

たかが異教徒の行事にこうまで振り回されるなんて・・・。

で、今年からは取りやめにしました。
というか、諸般の事情で新しい人形ができていない状況。クリスマスどころじゃありません。

さて、私は『異教徒』と書きました。
しかし異教だの邪宗だの外道だのという排他的表現を使う資格があるのは、確固たる信仰を持っている人のみです。無味無宗のわたくしにとってキリスト教は理解しがたい外国産文化の一形態、みたいなもの。

わが国で本物のキリスト教徒はわずかです。が、クリスマスがキリスト教の教祖であるイエス・キリストの誕生日(ということになっている)という知識は、ほぼすべての日本人が持っています。信者でもないのに。
お釈迦様の誕生日を知っている人はおそらくもっと少ないでしょう。ムハンマドとなると、「誰? それ」って反応。ショーコやリューホにいたっては関係者くらいしか・・・。

現実に教祖殿の誕生日を祝う人がいるかどうか疑問ですが、クリスマスは日本人にとって非常に重要なイベントです。
政教分離の原則を盾に総理大臣の某神社参りに反対する人々も、首相官邸でのクリスマスパーティは不問に付すでしょう。

クリスマスに限りません。教会で結婚式を挙げることは女性の憧れだし、バレンタインデーにはチョコレートが飛び交います。

大多数が無宗教である日本人が、キリスト教にこんなにも寛容もしくは親和的なのはなぜでしょう。

最大の理由はキリスト教のヴィジュアルで華やかな雰囲気じゃないかな。
とりわけクリスマスは五感に訴える素材が満載。ツリー、雪、カード、ケーキ、七面鳥、シャンペン、ひいらぎ、ジングルベル、トナカイ、サンタクロース、赤と金のストライプ、プレゼント・・・。商魂をかきたてられなきゃ商売人失格でいっ。

おまけにイエスさんご本人がこれまた絵になるヴィジュアル系です。

ジーザス・クライスト

諸外国でもクリスマスは年間最大の稼ぎ時です。クリスマスの演出が派手になったのはコマーシャリズムの賜物に違いありません。

このごろはクリスマスから宗教色を薄める傾向が出てきているようです。メーリングリストなどでも、Merry Christmas だった挨拶がHappy HolidaysやHappy New Yearに移ってきました。

キリスト教は信徒の多さゆえか傲慢で独善的でしたが、世界には違う宗教やいろんな立場を持つ人々がいることをようやく認め始めたのでしょうか。

いや、もっとあざとい魂胆がありそうですぞ。つまり宗教を離れたイメージを付与することで、より多くの人々を商戦に巻き込み、売り上げ増が期待できます。
宗教と完全に切り離して無邪気に騒ぐ日本の成功例に触発された・・・とはうがってますか?
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:28 | コメント(2) | トラバ(0) | 世相=世間相場?