2016年11月30日

歯医者くさい

歯医者さん大好き、毎日でも行きたい。なんて人はこの世に存在しないんじゃないでしょうか。
とは言い過ぎにしても、私も極度の歯科恐怖症。

昔の詰め物が外れたときは、やむを得ず、近所の歯科へ行きました。外れた金属を持参したら、お年寄の先生が、エアをシュッシュッして、再接着してくれました。

そのときは簡単に済んで良かったと安心したのです。
あとになって、蒼ざめたのでした。何十年前かの古い金属だから、その下では「二次う蝕」が進行していたはずなのです。確認もせずにつけ直すだけとは、なんたるヤブ医者。

その後加速度的に悪化しているのではとおびえつつ、どの歯だったのか、もはや覚えていません。
それくらいたくさんの虫歯治療跡があるのです。

新しい虫歯ができているのか、二次う蝕がどの程度はびこっているのか、自分では全く判断できないのですが、長年放置してきたのは、痛みがないから。
そういえばこれまでの人生で、歯が痛くて困った経験がないのです。

私の世代は「むし歯は早期発見早期治療」の洗礼を受けてきたので、最近なら経過観察で済ませるごく初期の変色であっても、小学校指定の歯医者に行かされ、ガリガリ削って詰め物をされました。

早めの処置が多かったせいか、歯医者でも痛い思いをした記憶はほとんどありません。

一方で、適切な歯磨き指導など全く行われず、結局虫歯だらけ。
詰め物は次第に大きいものに替えられ、いくつかは被せものに昇格し、抜髄も3本。それでも痛まずにやり過ごせたのは、じょうぶな歯茎と鈍感な神経のおかげかしら。
親知らずは4本とも抜いたけど、腫れも出血も軽微で、出された鎮痛剤も飲まず、すぐに快癒しました。

なのに、なぜ歯科恐怖?

そりゃあ、印象が悪い。

「印象」って言葉、このごろの歯医者では、あまり聞きませんね。患者にわかりにくいからでしょう。「型取り」などと説明しているようです。U字型のトレイに粘土みたいなものを入れ、歯列にかぱっとはめて、固まったらうにうに取り外すっての。

十代の終わりころ、矯正歯科に通って、何度か印象採型をされました。それがもう苦痛で苦痛で。すぐにオエッとなる体質なのです。
すぐに固まる材料ではあるけど、口を開けたまま吐き気をこらえていると、永遠の長さに感じられ、涙がボロボロ流れます。

あるとき、特に気分が悪くて、舌が勝手に動いてトレイを押しやろうとするのです。はめるのに何度も失敗した中年の男性歯科医がいらだち、「このくらい我慢しなきゃダメじゃないか。さあ、落ち着いて、鼻で大きく息を吸って」と言いながら、全身の力でトレイを押し込んだのでした。観念して鼻呼吸したとたん、うぎゃー!
医者の顔がすぐそばにあり、ものすごい口臭をまともに吸い込んでしまったのです。

オエッどころか、ゲロゲロ。

たいそう悲惨な結果になり、ずっとトラウマとして残ったようですが、具体的なことは思い出せません。脳の防御作用、かも。
当時マスクなんてしてる歯医者はいなかったなあ。あれほどの悪臭では、どうせ無駄だろうが。

結論:くさい歯医者は犯罪だっ。
投稿者:ルノ 15:43 | コメント(2) | トラバ(0) | 口内荒廃