2017年02月27日

よけいな下世話

「下世話」ってことば、小説でもエッセイでもよく見かけますし、本のタイトルにした人もいるとか。
この意味や使い方を知っている日本人って、今どき存在するのでしょうか。

日本人?

怪しい日本語研究室』(イアン・アーシー著/2001年)の中に、こういう文がありました。

「コンセプト」(下世話に言う「考え方」というやつ)


さすがガイジンさん。正しい用法です。

と、日本語を書いて生計を立てているらしいプロを、日本語歴が長いとはいえ一素人である私がほめるのは失礼かも。
失礼ついでにイチャモンつけさせてもらいますと、「考え方」という複合語が「下世話」であるというのは、いささか疑問ですな。

そうそう、「考え方」って、別に下世話な言葉じゃないわ。下品でも下劣でもないし〜。とかつぶやいたアナタ、それ違います。

私の認識では、下世話というものは、もっと長い、ひとまとまりの形式を持っています。
その代表は、「いろはガルタ」です。「犬も歩けば棒に当たる」「論より証拠」「花より団子」など。
また、ことわざや格言なども下世話になり得ます。

つまり下世話は「話」の一種。形容詞ではなく名詞です。「下世話」に「な」がくっついた時点で、すでに誤用なのです。

そりゃあ昨今は、名詞や副詞、動詞のみならず、文節にまで「な」をつけて形容詞化してしまう傾向があります。たいていは冗談っぽい使い方とわかっているようです。私もしょっちゅうやってます。
わざとそうするのと、知らずにするのとでは大違いでしょ。

この「イチャモン」カテゴリでは、世に広まる乱れ日本語を糾弾するのではなく、なぜそうなったのかを私なりに推理するのが趣旨です。
誤用の理由として多いのは、「なんとなく字面から判断」「ほかに適切な言葉がない」「過去の文例にどっちとも受け取れるあいまいさがある」「そのほうがわかりやすい」などでしょうか。
「ら抜き」の背景には、可能専用(受け身との混同防止)という、わりと納得のいく理由があります。もっとも、「れる」「られる」には、ほかに尊敬、自発の意味だってあるんですけどね。「自発」がどういう感情なのか、理解できない若者は多いようです。

で、下世話がこうなっちゃったのは、おそらくここ2、30年のこと。
理由は「なんとなく字面から」「適切な言葉がない」が大きいみたいです。下品、下劣、低俗などは、相手の気分を損ねかねない、下世話ならぼかしたイメージだしぃ・・・ってことで、辞書も引かずに書いているうちにすっかり市民権を得てしまった。

もはや下世話という形容詞が新語として定着していると思われる状況なので、今さら私がわが家の古い辞書を振りかざして、ホントはこうこうなのよと説いたところで、「よけいなお世話」と一蹴されそう。

しかしながら、誤用がのさばる現状って、一部の人々には、やりにくさがあるのです。

文化庁国語課の勘違いしやすい日本語』によれば、過半数が勘違いしている言葉や言い回しに「姑息」「檄を飛ばす」「役不足」「割愛」「破天荒」「確信犯」「失笑」「憮然」などがあります。

これらを「正しく」使うと、誤解されたり、正反対の意味に取られたり、日本語に疎いと嘲笑されたりしかねない。良くても、言いたいことが正確に伝わらないおそれがあります。だからそういう言葉は使うこと自体極力避けなければ。つまり、言葉を知っているゆえに語彙が不足してしまうという事態になるのです。
そこまで迎合せずとも・・・とは思いますが、言葉を使うのはコミュニケーションのためですからね。

などと書くと、いかにも私が日本語の知識が豊富だと自慢しているように見えますね。
実のところ自信はあんまりない。このブログでもおかしな語法がたんまりありそう。一時的な勘違いや単なる変換ミスであれば、読み返せば気づくでしょうが、無知や思い違いによる記載ミスは、何度読んでも、絶対に気づきません。国語力堪能な人が見ればきっと失笑モノでしょう。(そういえば別のブログで「敷居が高い」を誤用したのを何年も放置しています。)

そのための保険(?)として、怪しげな言い回しを混ぜ込んだりするのです。前述の安易な形容詞化をはじめとして、名詞化(転んでもただ起きとか)、動詞化(勘違う?)、進行形?(突っ走りング)とか。
したらば、ほんとうに間違っている箇所でも、わざとしてるんだろうなと思ってくれるんじゃないかと・・・ちょっと甘いか。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 17:18 | コメント(0) | トラバ(0) | イチャモン日本語
2017年01月31日

金属アレルギー

前回、大学病院で歯周病の検査をしたことを書きました。

その病院は僻地にあって(失礼)すごーく遠いんです。地下鉄で片道300円の距離。駅からだいぶ離れています。
歯科医院なんて近所に何百軒もあるのに、簡単な歯周病検査でわざわざそんなところまで?

実は歯周病はついででありまして、主目的は、金属アレルギーの検査でした。

某歯科で金属アレルギー検査を頼んだら断られたのですが、下調べが甘く、どこでもおこなっているんだと勘違いしていたのです。
その後検査してくれるところを探したら、内科、皮膚科、歯科にかかわらず、アレルギー検査は自費が基本のようです。確かに「治療」ではないから。
歯科金属に限ると、とある歯科では10種の金属テストが3,000円と記載されています。ひどく高くはないけど。

で、歯科大の病院が保険診療でやってくれそうな印象でした。
サイトの説明では、補綴科で行うとあったようだが、行ってみたら、一般歯科での歯周病検査のあと、口腔外科に回されました。
担当医は若い女性で、常勤ではないらしく、その日はスケジュールの都合で検査を開始できないとのこと。
数日後に再訪するはめに。

検査方法は、歯の治療に使われる可能性のある16種の金属片を体に貼り、それぞれの横にサインペンで番号を記します。2日後にはがして、2時間ほど放置し、皮膚に現れた反応を見ます。1週間後に、変化が出ていないか再度チェック。
16種もあるなんて知らなかった。多数調べておくほうが安心だけど。

アレルギー検査
大公開、my背中。自分で撮ったからややピンボケ(幸いにも)。

金属を貼りつけている間は、汗や石けんなどは避けてくれってことで、ちょっと不自由します。シャワーの湯がかかったりもしたけど、特に影響はなかったようです。

2日後にはがしたあと、2か所ほど赤くなってかゆみも感じましたが、かかずにいられないというほどではなく、数日で色もかゆみも消えました。
はがして1週間経っても症状が消えなければ、アレルギーと判定されます。つまり、私の場合、陰性でした。

陽性だったら、現在詰めている金属をすべて撤去してセラミックなどに交換せざるを得ず、まあ、ほっとしたような、残念なような・・・。

気になる費用ですが、皮内反応検査160×16=2,560円で、その3割負担。ほかに再診料などがかかりますが、複数の科を同日にかけもちしても再診料は同じです。

もちろん交通費など勘案すれば、決して安上がりとはいえません。初診料高いし。

その前に行った歯科医院があまりにガツガツしていたので、大きな病院の淡泊さというか、ビジネスライクな処理の流れってのが、気楽だったんですよね。

ガツガツって表現は、酷でしょうか。
「コンビニより多い」は、歯科医院過剰を説明するのに必ず使われるフレーズです。多くの歯科医院は経営難に苦しみ、長時間診療や休日開院などの不毛な努力を重ねています。国の政策が間違っているせいだといわれますが、是正される気配はあまりありません。

セラミック希望の患者はありがたいお客さんなのですよ。
だからって、なにがなんでもセラミックに持っていこうって態度が見え透いている歯科医は危ない。そういう医院から淘汰されていくべきだと思っています。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:26 | コメント(0) | トラバ(0) | 口内荒廃
2017年01月30日

ポケットの闇

歯科大病院で、歯周病の検査を受けました。

個人歯科でも、最近では個室や半個室がトレンドのようですが、それまで私が知っていたのは、10畳程度の部屋に椅子がふたつみっつ並び、隣の患者が丸見えってところばかり。
だから大病院の広大な診療室には圧倒されました。一度に100人近い患者を収容できるようです。各診療ブースの間仕切りは申し訳程度の低いものですが、いちおう三辺が区切られています。

診察はおおむね予約制で、待合室でひしめいていた数十人の患者が、9時になると、次々に名前を呼ばれて診察室に流れていき、あっという間にがらんとしてしまいました。
私は飛び込み初診だったので20分ほど待たされました。

新患はいちおう教授クラスが診るとのことで、小柄な年配の男性が来て、問診をちょびっと。
うがいをしようとしたら、水が出ません。「あれ、おかしいなあ」と、機械をあれこれいじりまわしていたけど、よくわからないらしく、紙コップを持っていって、近所で水を汲んできてくれました。それじゃ解決になってないと思うんですけどー。

それから口内チェック。手袋の指先が2、3センチ余っている、小さな手が眼前に迫ってきたときは、ふきだしそうになりました。
ホントに「いちおう」って感じの診察が終わると、横に控えていた担当医(中堅若手?の男性ドクター)にさっさと引き継ぎ。

その担当医が歯周病検査を実施。
歯周病検査は、歯茎に細い棒のような定規を突っ込んで歯周ポケットの深さを測ったり、ポケット底の出血の有無、歯がぐらついていないか確認するのが主な作業です。普通は歯科衛生士が行うと思うけど。

測って「3、2、2、3・・・」とかつぶやきながら、ある程度たまったら、そばのパソコンにだだっと入力。なんとなくずさんな印象だけど、大丈夫かしらん。

で、ずんずんと奧歯まで来て、「3、2、2、うわっ」と、一瞬手が止まりました。えっ、なにごと?

検査が終わり、モニターを見せてもらうと、右上の一番奥(第二大臼歯/7番/「うわっ」と言われたとこ)のポケットが4ミリで、ほかは2〜3ミリ。1ミリ以下はなし。動揺歯はありませんでした。

その日は歯石取りをして、右奥を重点的にブラッシングするようにと言われました。

4ミリ以上だと歯周病とされます。やっぱり歯周病だったのね。
しょぼんとして診察室のドアに向かうと、「7、8、7、6・・・」との声が耳に入りました。ちらっと窺うと、私よりも若そうな男の人がポケット検査を受けているもよう。

なんだ、もっとひどい人がいるじゃない。4ミリで「うわっ」だなんて、失礼しちゃうわ。まだまだ未熟だよ、キミ。

そこへは何度か通って、クリーニングなどしてもらい、「3か月後にまた来てください」と言われました。

でも、行きませんでした。歯磨きはそれまでよりもていねいに行うようになりましたが。
6か月後も、1年後にも行きませんでした。
結局1年半後、よんどころない事情で近所の歯科に駆け込むまで、放置してしまいました。

その間に大変なことになっていたのです。ああ、後悔。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:22 | コメント(0) | トラバ(0) | 口内荒廃