2016年10月31日

ミミズ茎の跡

劣等感を英語で、inferiority complexといいますが、日本では上を取っ払って、コンプレックスだけで劣等感を意味します。

○○コンプレックスという複合語はけっこうありますが、それらを劣等感と結びつけることは通常ありませんね。
現代人は省略好きだから、マザコンのコンがコンプレックスの略だと知っている人は案外少ないかも。ちなみに、マザー・コンプレックスは和製語ですよー。

自分の劣等感について述べるにあたっては、「劣等」という字はよけい気を滅入らせるから、コンプレックスを使いたくなります。
カタカナ語はそういう点便利です。

劣等素材には事欠かないわたくし、字がヘタってのも長年の悩みです。

ミミズがぬたくったような字しか書けない人は、知性も教養もないように見え、人格下劣の烙印を押されたりして、ものすごーくソンなのです。
キレイな字をすらすら書けると、美人で頭が良く性格も優しいような印象を与えて、とってもお得。

これって不公平じゃありませんか。
字の上手下手も、絵の上手下手も、おおむね生まれつきで決まります。
絵が拙くても人生において困る事態はめったに発生しないのに、字がミミズだとどん底だなんて。

ま、世の中そんなもんです。

私は真面目なコドモだったから、お習字も硬筆も真面目に練習いたしました。でもいっこうに成果が上がらない。

あるとき真面目に考えたのです。12歳ころ、だったかな。
こんなに努力しているのに、どうしていつまでもヘタなんだろ。
きっと字を覚えたてのころ、手や指に変な癖がついて、それが固定されてしまって、修正のしようがないのだ。私は右利きだから、字を書いた経験がない左手を鍛えれば、一からやり直せるはず。

今振り返ると笑止ではありますが、さっそく新しいノートを用意して、ヴァージン・レフトハンドに鉛筆を握らせ、大真面目にあいうえおから取り組み始めたのです。

一週間後、辛苦の甲斐あってか、左手特有のがくがくゆらゆらも薄れ、漢字もまずまず形を成してきました。
が、線がなめらかになって、やっと気づきました。それらは右手のヘタ字を再現してきたに過ぎない、と。やだやだ、もうやめ。すぱっと放棄。

字を書くのは手ではなく、脳です。

なんらかの事情で両手の機能を失った人が、筆記具を足指にはさんだり口にくわえたりして字の練習をすると、代償作用も手伝ってめきめき上達します。それはかつて手で書いていたのと同じ筆跡になるんだとか。

オトナになってからも、ペン字の練習帳を買ったり、簡単に字がうまくなる本なんてのを読んだり、何度かトライはしましたが、結局ものにはならず。

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける

手先の練習でも、ある程度まではいけるでしょうが、限界があるのです。私が人並みの字を書けるようになるには、並大抵の研鑽では足りません。こんなコスパの悪いことの優先順位を上げるのはバカバカしい。余生は短く、ほかにいろいろ抱えているんだし。

ありがたいことに世はペーパーレスで、汚字をさらす機会が減りました。せいぜい問診票とか複写式の申込書や発送伝票程度。
ますます書かない→ますますヘタになるの悪循環だけどね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 09:36 | コメント(0) | トラバ(0) | おつむてんてん
2016年10月29日

グーチョキぱあ

使わなくなった型紙を処分すべく整理していたら、なぜか古いノートが紛れ込んでいて、なつかしくめくりました。

余白が多い中、目に留まったのが「おべんきょう会」と題されたメモ。

おぼろな記憶をたどるに、ランチェスター経営戦略とかいうものの講習会だったような。
当時は人形作りなんて考えたこともなく、無謀にも起業をもくろんでいたようです。どうせあっさり挫折したのでしょう。

その経営戦略の概要は・・・。

『誰でもできることはもうからない』
『人のしないことに頭を使え』
『世の中に必要で、人がやりたがらないことがもうかる』
つまり「何をするか」を選べば、その後が決まるってわけ。

しかし「どのようするか」には、慎重さが求められます。
その極意が『グーチョキパーの法則』・・・まずは『ひとつに集中』(グー)、軌道に乗ったら『ふたつに広げる』(チョキ)。ふたつというのは、地盤拡大なら「支店を出す」、多角化なら「関連する別のことにも手を出す」など。
『実力もないのに最初からパーを出すと負ける』から、慌てちゃダメなのよ。

経営方針にとどまりません。人生だって同じこと。
二兎を追う者は一兎をも得ずというでしょ。二兎さえ困難なのに、ぱあが欲張って五兎を狙えば、すべてパーになるに決まってっじゃん。

自腹で参加した貴重な勉強会であったろうに、全く身についていない。嘆く私は、実力もないのにパーを出し、総崩れになりかけの情けない状態。

りす

この貧盗恋歌は、私の最初のブログです。

それ以前、ウェブがいわゆるホームページ時代だったころには、サイトごとにテーマを絞るのが上策でした。そのほうが検索されやすく、訪問者も増えるとかで。
片やブログというものは、日記から発展し、雑多な内容が詰め込まれているのが普通でした。私自身、なんとなく始めたエッセイであるからには、「なんでもアリ」でないと、とうてい長続きしないだろうと慮り、ゴチャゴチャ好き勝手に書き始めました。

運営に慣れてくると、書きたいことは案外たくさんある、どころか、収拾がつかないほどにあり過ぎるような気がしてきました。

ホームページが、基本的に人に見せたいものであったのに対し、ブログはたとえ誰も読んでくれなくても、「書きたい気持ち」をとりあえず満足させてくれるものでありました。

だからって、自己満足で終わっちゃいけない。
たくさん書くならなるべくテーマをまとめようと、新たなブログを立ち上げることに。

具体的には、貧盗恋歌から「美容と健康」カテゴリを『ずっこけ美人道』に、「DIY・ソーイング」と「人形・ぬいぐるみ」を『ミシンと日傘』に。その他どーでもいーよーな些末事を『コチョコチョ』に。といった具合。
それだけでは飽き足らず、書評ブログと思い出ブログも作ったのですが、記事数が少ないまま飽きて、ほぼ非公開状態。ほかに、ドメインを設定し、文章や画像をある程度準備したものの、結局挫折したらしい、某まんがのファンブログも。

そういうふうに小分けしたい背景には、いろんなサイトからのリンクを増やすことが訪問者増加に寄与するという説が、当時は優勢だったからです。ひとさまがリンクしてくれないなら、自分で作ってリンクしちゃえ、みたいな。
あにはからんや、アクセスはどれもジリ貧。不確かな小細工に頼るより、地道なサイト充実のほうが重要なのですよ。

それでも最初は意欲満々でした。
その意欲がいつまでも持続するという思い込みが間違っていた。自分が老いて気力も体力も衰えるなんて、精神だけはじゅうぶん若かった私には、想定外だったのです。
つい長期休載したり、復帰してもすぐに投げ出したり。あげくの果て、辛抱強く見守ってくださっていたかもしれないわずかな読者サマにも見放され・・・。

こんなことなら、おおもとの貧盗恋歌をもっと大切に育てるんだった。悔やみつつも、充実には程遠く、記事いっこ仕上げるのも億劫。

それでも美容と健康関連は、まだ書きたいこといろいろだから、当ブログに投稿していくつもりです。

『美人道』は、時期は未定だけど、閉鎖を考えています。せっかく作ったブログだから、コンテンツがあるなら再開すればいいのでしょうが、どうもその気にならないんです。
個人的事情で、美人道とやらを論ずるにはお恥ずかしい立場になっちゃったし、『seesaaブログ』に嫌気が差したってのもあります。かつては使いやすいブログだと気に入っていたけど、スマホ大繁栄の現在、かなり時代遅れのシステムを温存しているようだし、広告掲載など、あこぎさを感じるし。

時代遅れといえば、ここ『さくらのブログ』もご同様ですけどね。
そして、どれが先進的ブログなのか、スマホを持たない私には、さっぱりわからないのでした。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 16:00 | コメント(2) | トラバ(0) | ブログ論
2016年09月29日

反エコ

素手でお茶わんを洗っていたのは数年前までで、今は真夏でも、手袋なしではどんな水仕事もできません。手荒れがひどいのです。
料理や掃除の際だけでなく、洗濯物を干すとき、歯磨きやトイレも、いちいち手袋をはめます。
手袋のはめ外しに費やす時間は、1日の数パーセントにのぼりそう。

ホント、年は取りたくないもんですね。またまた老いの繰り言。

初めは薄い木綿の白手袋の上に、やや厚手の塩ビ製炊事用手袋を重ねていました。丈夫だけど感覚は相当鈍ります。
現在は合成ゴムの使い捨て手袋を利用しています。蒸れるしすぐに破けるのが難点。

ごく小さな穴がひとつあいただけでも、もはや用をなさなくなり、捨てるしかありません。
針で突いたくらいの穴なら、コロスキンとやらを塗ると、運が良ければ、あと2、3回使えたりします。

そこまでケチらなくったって・・・。

むろん、そのためだけにコロスキンを買うのはばかげています。コロスキン一つと手袋100枚の値段は同じくらいだもの。

コロスキンはあかぎれに塗るつもりだったんです。でもしみて痛いし、手袋のおかげであかぎれは発生しなくなったし、危うく薬箱のゴミ。手袋の延命治療に役立ってよかったね。

補修は1か所にとどめておくべきです。あまり使うと、はがれて食べ物に混ざりこんだりしてやばいぞう。

破れ手袋はそのまま捨てていましたが、このごろ使い道を発見しました。
牛乳パックを畳んでもすぐに開いてしまうし、発泡スチロールのトレイを折ると、角がゴミ袋を傷つけたりします。卵のパックもなかなか危険。手袋に詰め込んで捨てるのです。

パック手袋

えっ、紙パックやトレイを捨てちゃうの? リサイクルしないの?

以前はね、まじめにスーパーの回収ボックスへ運んでいたんですよ。
紙パックを洗って切り開いて乾かして、切るのに使ったはさみはきれいに洗って、コンロの余熱で殺菌乾燥。トレイが油っぽければ洗剤まで使って洗うし。

あるときふと考えた。この水道代、私が払ってるのよね。パックの内側についていた牛乳や余分に使った洗剤などが流れて、1回1回は微量でも、総合すれば環境汚染を助長しているのよね。

しかも食中毒の本によれば、肉や魚のトレイを洗うと、付着していた多数の細菌が壁やシンクを汚染するらしい。
肉や魚にもともといる菌よりも、いっしょに買ってきたモヤシやゴボウなどから移る菌のほうがはるかに多く、レジ袋の中はバイキンの温床なのでありました。たびたび書いているように、人間、その程度では死にませんが。

こんだけ手間とお金と気力を費やして、なんのメリットがあるのだろ。リサイクルに協力したという自己満足に過ぎないのではないか。
回収ボックスに投げ込んだあとの流れは、私たちには見えません。肝心のリサイクルができていないとしたら、そのささやかな満足でさえ崩れ落ちてしまう。
そしてどうやら、リサイクルってのは、どの分野でも、まともにできてなんかいないようですね。

かっこよく「資源」などと呼ばれる回収物は、集まれば集まるほど自治体を圧迫し、手に負えなくなり、処理のために私たちの血税が投じられているのが現状。

ゴミ分別の異常な世界 リサイクル社会の幻想

偽善エコロジーが地球を破壊する

貧しい凡人のわたくしなどには、地球環境のことまで思い遣る余裕はありません。とりあえず身近なところから考えてみる程度。

身近といえば、レジ袋。あれを有料化したところで、どれだけゴミを減らせるというのでしょう。
贈答用の包装をいっこ簡略化すれば、レジ袋100枚に匹敵するほどの節約になると思うんですけどね。

バイキンだらけになっても、レジ袋は便利です。あれをただのゴミとして捨てる人はそう多くはないはず・・・つまり、レジ袋はリサイクルというか再利用率が高いのです。エコバッグ代わりに何度か使ったあと、最後はゴミ袋に、など再々々利用している人だって。

そのレジ袋、今やゴミ出しには使えません。
ゴミを出すには、有料の指定ごみ袋を買う必要があります。そのゴミ袋は、石油から作られた、ほぼ無菌の新品です。武田邦彦に言われるまでもなく、なんかヘンだなって気がしますよ。
袋の製造料金ではなく、自治体に払う回収料金なのだ。ってのはわかるけど、新しくゴミ袋を作るには設備もコストもかかるでしょう。よけい無駄じゃないの。

ゴミ袋の有料化は大量のレジ袋をただのゴミにしました。ゴミそのものの減量に貢献したとは思えません。
確かにゴミ出しの回数は減りましたよ。ゴミ袋いっぱいになるまでゴミをためるようになった家庭は多いと思います。
かつてはたまったゴミの量に応じた大きさのレジ袋に入れて、こまめに捨てていたけど、有料化後は最小のゴミ袋でも、2週間分くらい入ってしまうことがあります。

だからって、生ゴミを2週間も保管できますか? 特に夏場。
冷凍庫に入れる人もいるとか聞いたけど、冗談じゃないですわ。

しかたないから、スーパーに備えつけられているロール状のポリ袋を活用しています。
あれをぐるぐる巻きとって大量に失敬する恥知らずも目にしますが、私は食品いっこずつ入れて持ち帰ります。普通の人よりもたくさん使うのは事実ですが、わが家の冷蔵庫の汚染をなるべく少なくするためです。スーパーの食品棚って、菌だらけなのですよ。人間、その程度では死にませんが(しつこい)。

そのポリ袋に生ごみを入れて結び、それをさらにポリ袋に入れて・・・三重、四重に包んだあと、レジ袋に入れてベランダにつるしておきます。これだけ厳重に包装しても、3日も経つと臭気が漏れてくるんです。結局週に1回はゴミ出しが必要。袋には空間があってもったいないんだけど。

自治体によっては、レジ袋などに入れたゴミを指定ゴミ袋に入れるのを禁止するところもあるとか(中身がわかるように、むき出しで入れろってことのようです)。
ゴミ袋ってけっこう弱いんです。畳んだ段ボールなど、角が突き出たりするから、ガムテープで補修することも。
魚の骨なんか直接入れたらイチコロでしょ。あげくゴミ置き場にはものすごい悪臭が・・・。

ゴミ袋の有料化は、家の中や世の中を臭くするだけなのです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 16:11 | コメント(0) | 生活の浅知恵