貧盗恋歌

"霰粒腫を自力で治す"へのコメント

コメントを書く
[#]次へ>>

Ahaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
放置ブログではありますが、今でも一定数のアクセスをいただけるのはこの記事くらいなもので、それだけ現代人は霰粒腫に悩まされているということなのでしょうね。
実際の話、手術はそんなに怖いものではなく、麻酔がちゃんと効けば痛みもほとんどありません。ただ、手術をしてもかなりの確率で再発するらしいのが問題点です。なら、おっしゃる通り、切らずに再発のほうがましですよね。
アロエも試されたとのことですが、刺激が強すぎる場合もあるので、やはり地道に体調を整えることが大切なのかなと思います。体脂肪を落とせば、目のあたりに行く脂肪も減って、改善につながるかもしれません。
必ず良くなると信じて、がんばりましょう。
ペンルノ
時計06/21 07:50

2,3週間前に目を触っているとぼこっとした違和感があり、霰粒腫というものの存在を知りました。
これは治るのだろうかと必死で検索せど手術手術ばっかりで切るしかねえのか!?と思ってたところにこのブログに出会った次第です( ;∀;)
コメントまで読んでなくてとりあえず庭のアロエを入れたりぬったり乗せたりしまくって、たまに溶けた(?)かと思いきやまた再発を2度繰り返して以降もう大豆サイズになってしまい…。
そこでもう一度このブログをちゃんと読もうと再度来てみれば、コメント欄がどのサイトの情報より情報にあふれていて感動ですよ!!
正直10年近く前のもの、新しいコメントでも6年前の情報ですが、2018年になっても霰粒腫の自力治療方法は確立していないし、このブログがなかったら今頃目にメス突きつけられて死にそうな思いをしていたことでしょう…。
ちょうど寝不足続きだったのもよろしくなかったんだと思いますのでそこのあたりもしっかりやって、もうどうにもならないとなったら眼科行きと決めました!再発はもうこの際してもいい、切って再発と切らずに再発なら切らない方が断然いい、ということでちょっと粘ります。
2018年現時点、更新は昨年で止まっている様子ですがとにかく居てもたってもいられずコメントしています。
体験談をありがとうございます!
ペンAha
時計06/19 02:14

にぐるさん こんにちは。貴重な体験談をありがとうございます。
地道に努力を積み重ねた成果が現れ、たいへん喜ばしいことです。強い意志の力がないとできないと敬服します。私など、のどもと過ぎればなんとやらで、その後は甘いものばかり食べているありさまです。
また、健康的にダイエットができ、就職試験も通過されたとのこと、ほんとうに良かったですね。この勢いで成功の道に突き進んでいただきたいと思います。
ペンルノ
時計10/29 12:57

はじめまして。にぐると申します。
私は今年の8月頃に左目に違和感を感じ、一体何が起きているのか分からず不安を抱えながらネット検索をしてここへたどり着きました。

原因はおそらく長期間の生活の乱れと運動不足によるものです。
9月には重要な就職試験が控えており、スケジュールや金銭的な問題、また保険証を紛失してしまっていた事もあり手術を受けることは絶対に出来ない状態で、そしてどんどん大きくなるしこりに恐怖がつのり己の自己管理能力の無さに後悔し絶望していた中、管理人様の体験談を拝見しました。
これなら自分にも出来るかもしれないと小さな希望を見いだし、少しずつですが翌日から食事・生活習慣の見直しを行い、運動習慣を付けて毎日努力を続けました。
すると、今月に入ってからは左目のしこりが触っても分からない程度にまで治まり、運動習慣のおかげか太り気味だった体重が5キロも落ちました!もちろん健康状態も万全です。

試験も万全の状態で不安もなく臨むことができ、先日一次通過の知らせが届きましたので本日は報告も兼ねてお礼を伝えに参りました。
今後もこの経験を忘れずに規則正しい生活を心がけ、再発防止に努めてゆきたいと思います。
私に希望を与えてくださった管理人様には感謝の気持ちでいっぱいです。
拙い文章で長くなりましたが本当にありがとうございました!
ペンにぐる
時計10/28 14:07

えりさん、こんにちは。
全快おめでとうございます。
若い方は免疫力もありますから、治ると期待していると、自然に治ることがあるのかもしれませんね。ともあれ、良かった、よかった。
ペンルノ
時計06/22 17:06
[#]次へ>>

お名前: [必須]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須]

認証コード: [必須]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントは管理者に承認されてから表示されます
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

0このブログのトップ

Powered by
さくらのブログ